キーボード ショートカット

Smartsheet では以下のキーボード ショートカットを使用して時間の節約ができます。

注: Mac ユーザーの場合は Ctrl キーの代わりに Command ⌘ キーを使用してください。


切り取り、コピー、貼り付け、およびよく使用されるその他のショートカット

Windows のショートカットMac のショートカット説明
Ctrl + XCommand + X切り取り
Ctrl + CCommand + Cコピー

Smartsheet の 1 枚のシート内または複数のシート間でデータをコピーします。 行、セル、数式、ハイパーリンク、および階層をコピーできます。

注: 行をコピーしても、関連する添付ファイル/リンクやコメントはコピーされません。
Ctrl + VCommand + V 貼り付け

ヒント: Excel またはその他のプログラムで複数の行にわたるセルをコピーする場合、貼り付け前に Smartsheet のセルをダブルクリックすると、行が下のセルにはみ出すのを防ぐことができます。
Ctrl + SCommand + S 保存していないすべての情報を保存する
F2Fn + F2選択したセルを編集モードにする
Ctrl + ZCommand + Z前回の保存後に行われた操作を元に戻す
Ctrl + YCommand + Y前回の保存後に行われた操作をやり直す
Ctrl + DCommand + Dオートフィル

列に、その列のすべてのセルで使用する数式が含まれている場合に便利です。

ヒント: この機能は、選択したセルの右下をクリックしてドラッグしても利用できます。

シートを開く、情報を検索する、シート内を移動する

Windows のショートカットMac のショートカット説明
Ctrl + / Command + / シートを開く
Ctrl + FCommand + Fシート内の情報を検索する
Ctrl + GCommand + G[行に移動] ウィンドウを表示し、シートの特定の行に移動する
HomeHome現在の行の最初のセルに移動する
End End 現在の行の最後のセルに移動する
Ctrl + HomeCommand + Homeシートの一番左上のセルに移動する
Ctrl + EndCommand + Endシートの一番右下のセルに移動する
PgUpPage Upシート内で上に移動する
PgDnPage Downシート内で下に移動する

階層を使って作業する

Windows のショートカットMac のショートカット説明
Ctrl + ] (右角かっこ)Command + ] (右角かっこ)行をインデントする (インデント レベルはプライマリ列のみに表示されます)
Ctrl + [ (左角かっこ)Command + [ (左角かっこ)行のインデントを解除する (インデント レベルはプライマリ列のみに表示されます)

書式設定

Windows のショートカットMac のショートカット説明
Ctrl + EnterCommand + Enter文字列/数値セルに改行を挿入する

注: シートで改行を見るには、左のツールバーの [折り返し] ボタンをクリックしてセルに折り返し書式設定を適用します。
Ctrl + ICommand + I斜体にする
Ctrl + UCommand + U下線を引く
Ctrl + BCommand + B太字にする
Alt + 0149Option + 8セルに行頭文字を挿入する

行または列を挿入または選択する

Windows のショートカットMac のショートカット説明
InsertCtrl + I選択した行の上に行を挿入する 

注: 一度に複数の行を挿入するには、Shift キーを押しながら複数の行ヘッダーを選択してから Insert キーをクリックします。
 
Ctrl + スペース キー

 

Ctrl + スペース キーアクティブ セルまたは選択したセルの列全体を選択する
Shift + スペース キーShift + スペース キーアクティブ セルまたは選択したセルの行全体を選択する
スペース キースペース キー選択したセルのチェックボックス、星、フラグを表示または削除する

チェックボックス、星、およびフラグ列に関する詳細は、「データに合った列タイプを使用する」をご覧ください。

日付を使って作業する

次のショートカットは、列タイプが [日付] のセルで機能します。列タイプに関する詳細は、「データに合った列タイプを使用する」をご覧ください。

現在のところこれらの省略形は、英語の用語に対してのみ使用可能です。

ショートカット (Windows および Mac)説明
t今日の日付を挿入する
+n (プラス記号と数字)今日から n 日後の日付を挿入する。

たとえば、今日の日付が 2017/12/11 の場合、+3 と押すと 2017/12/14 と入力される。
-n (マイナス記号と数字)今日から n 日前の日付を挿入する。

たとえば、今日の日付が 2017/12/11 の場合、-3 と押すと 2017/12/8 と入力される。
sun
mon
tue
wed
thurs
fri
sat
現在の週の中でその曜日に対応する日付を挿入する。

たとえば、本日の日付が 2017/12/11 の場合、「sun」と入力すると 2017/12/10 と入力される。
yes昨日の日付を挿入する
tom明日の日付を挿入する
last week今日から 7 日前の日付を挿入する
next week今日から 7 日後の日付を挿入する
mmmdd: mmm は月を表す文字、dd は日付を表す数字入力した文字列の日付を挿入する。たとえば、2018 年に Dec 15 入力すると、12/15/18 と挿入される。

数式

ショートカット (Windows および Mac)説明
Ctrl + L数式内の列名にカーソルを置くと、絶対参照 (セル参照ロック) を作成する。

列名の前に「$」を挿入する (水平方向のセル参照をロック)

=COUNT($[注文番号]4:[注文番号]6)
Ctrl + L + L列名の後に「$」を挿入する (垂直方向のセル参照をロック)

=COUNT([注文番号]$4:[注文番号]6)
Ctrl + L + L + L 列名の前後に「$」を挿入する (セル参照を完全にロック)

=COUNT($[注文番号]$4:[注文番号]6)

カード ビューでの移動

カード ビューの詳細は、「カードを使ったプロジェクトの可視化」をご覧ください。

ショートカット (Windows および Mac)説明
方向キーカードを選択する
スペース キーカードを展開または折りたたむ
Enter キー[行の編集] ウィンドウを開く
Shift + Enter キーカードを追加する (タイトルを入力し、もう一度 Enter キーを押します)
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ