データに最適な列タイプを使用する

列タイプを使って、その列で許可するデータを上手に管理することができます。特定のタイプを選んで入力するデータを統一することが可能です。 列の説明を追加して、列に関する詳細情報を入力することもできます。





Smartsheet のさまざまな列タイプの詳細については、「列タイプの参照」を参照してください。





この機能を使用できるユーザー





権限要件アイコン シートの所有者または管理者権限を持つライセンス ユーザーは、列の追加や編集ができます。





使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ。





列を編集してタイプを変更する





既存の列タイプを変更するには、[列プロパティ] ウィンドウを使用します。 列のヘッダーの下にあるドロップダウン矢印 をクリックし、[列プロパティの編集] を選択します。






[列のプロパティ] を編集し、[日付のみに制限] を選択





注:




  • 列のプロパティが設定されている場合でも、セルに自由に文字列を入力することができます (ただし、読み取り専用のシステム列を除きます)。
  • シートの所有者であるか、管理者レベルの権限でシートを共有されている場合、列のプロパティを編集するか新しい列を作成するときに [次に制限] チェックボックスをオンにすると、他の人がフリー テキストを追加できないようにすることができます。 詳細については、「データ入力を制御し、列に特定の値のみを許可する」を参照してください。
  • シートのプロジェクト設定で指定されている列の場合は、[日付/時刻][期間][先行タスク] と表示され、列タイプの編集はできません。




列の説明を含める





カスタム ヒントで、列に関する重要な情報を説明します。 列ヘッダーの下にある情報アイコンにカーソルを合わせると、ユーザーが情報にアクセスできます。 たとえば、列の説明を使用して、特定の列の使用方法と列に含めるデータのタイプを記載できます。





列の説明を表示





注:




  • 列の説明を追加または編集するには、シートの所有者であるか、管理者レベルの権限で共有されている必要があります。
  • 列の説明の文字数制限は、最大 250 文字です(この制限は、使用する言語または文字のタイプによって異なる場合があります)。
  • 列の説明はシートにのみ表示されます。レポートやダッシュボードでは表示できません。




列の説明を作成




  1. 列ヘッダーを右クリックして [列の説明を追加] を選択してください。

    
 [列の説明] ウィンドウが表示されます。
    列の説明を追加 
  2. フォームに列の説明を入力し、[OK] ボタンをクリックして説明を設定します。




列ヘッダーの下に情報アイコンが表示されます。





以上です。 シートを共有されている人は誰でも、情報アイコンにカーソルを合わせると列の説明を表示できます。





列の説明情報を編集する




  1. 列ヘッダーを右クリックして [列の説明を編集] を選択します。
  2. [列の説明] ウィンドウで必要な変更を行い、[OK] をクリックします。







この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ