Dynamic View を使用してプロセスを大規模に管理する

基礎となるシートまたはレポートを Dynamic View プレミアム アプリと共有できない場合でも、共同作業を強化できます。 適切な人材が適切なタイミングで閲覧・編集できるように必要な情報のみを共有します。 たとえば、特定の行の情報のみを適切なベンターに共有し、ベンダーは自分たちに関係のあるデータのみを表示して編集できます。

Dynamic View は、ビジネス プラン以上を使用している Smartsheet のお客様が購入できるプレミアム サービスです。 Dynamic View の購入方法の詳細については、Smartsheet セールス担当者にお問い合わせください。

Dynamic View アプリの重要な機能

アクセス方法

次の URL から Dynamic View アプリにアクセスできます: https://dynamicview.smartsheet.com 

ブラウザーの互換性については、「Smartsheet を使用するためのシステム要件とガイドライン」を参照してください。

アプリを操作できるユーザー

ユーザーは、役割に応じてさまざまな方法で Dynamic View アプリを操作できます。

  • ビュー (条件付きロジックを含む) を設定する管理者 — ソース シートとレポートを共有されている必要があります
  • Dynamic View アプリで設定された権限に基づいてソース データを表示および編集する他のユーザー — これらのユーザーにはソース シートまたはレポートを共有する必要はありません

Dynamic View にはシートまたはレポートが必要です

Dynamic View アプリでビューを作成および構成する前に、データを保存するソース シートを Smartsheet アプリに作成する必要があります。

プロセスの必要性に応じて、単一のシートを作成するか、作業してビューを作成するレポート (1 つ以上のシートからデータを取得) を作成できます。

Smartsheet でのシートとレポートの作成に関する詳細については、以下を参照してください。

収集用のフォームを作成する

収集したチケットまたはプロジェクトが、Dynamic View に直接フィードできる標準化されたチャネルを通じて送信されるようにするには、Smartsheet フォームを作成します。 フォームの作成の詳細については、ヘルプ記事「フォームを使用して情報を収集する」をご覧ください。

Dynamic View: さらに詳しく

上記の情報を使用して Smartsheet でプロセスを構成したら、Dynamic View でビューを作成できます。次の記事では、各種ビューの操作、ビューの条件付きロジック、および同僚がビューを操作する方法について詳しく説明します。