列および行のロックとロック解除

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

シートが共有されている他のユーザーによって重要なデータが変更されたり、削除されたりすることのないようにするには、列や行をロックします。 これにより、ロックされた行や列にあるセルのデータは編集できなくなります。 同様に、行を新しく挿入した場合も、ロックされた列のセルを編集することはできません。

データを保護するもう一つの方法は、シートを共有する際に正しい共有権限を使用することです (たとえば、ユーザーによってシートを変更されたくない場合は、編集者権限ではなく閲覧者権限を持つユーザーにシートを共有します)。

指定の条件に一致した場合に行が自動的にロックされるようにするルールを作成することもできます。 詳細は、「自動化されたワークフローで時間の節約と作業の高速化を実現」をご覧ください。

列や行をロックする際には、以下の点に注意してください。

  • 列や行をロック/ロック解除するには、そのシートの所有者または管理者権限が必要です。
  • 所有者または管理者権限を持つその他のユーザーは、ロックされた列や行の編集および削除が可能です。
  • 編集者はロックされた列や行を閲覧できますが、そこに含まれるデータの削除や編集はできません。 更新リクエストまたは公開済みシートを通じて作業するユーザーにも、このルールが適用されます
  • ロックはすべての列または行に適応可能ですが、例外として、添付ファイル/リンクおよびコメント列はロックできません。

列または行をロックする

  • 列をロックするには、列へッダーを右クリックし、[列のロック] をクリックします。
    [列のロック] メニュー
  • 行をロックするには、行番号を右クリックし、[ロック] をクリックします。

鍵アイコンが列ヘッダーまたは行ヘッダーに表示され、その列または行がロックされたことが示されます。

重要: 列をロックしても、編集者共有権限を持つユーザーは行の削除や移動はできます。 しかし、当該列に含まれるデータの編集や削除はできません。


列または行のロックを解除する

行をロック解除するには:

  1. 行番号を右クリックして [ロック解除] を選択します。(または、行番号の右側に表示されている鍵アイコンをクリックします)
  2. ロック解除を確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

列をロック解除するには:

  1. 列ヘッダーを右クリックして [列のロック解除] を選択します (または、列ヘッダーの下の鍵アイコンをクリックします)。
  2. ロック解除を確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。