Web コンテンツ ウィジェットを使用して、ダッシュボードにインタラクティブ コンテンツを追加する

Web コンテンツ ウィジェットを使用して、ダッシュボードをインタラクティブ ハブに変え、実用的なライブ コンテンツ (Tableau のグラフ、Smartsheet のフォーム、YouTube 動画など) をチームで利用できるようにしましょう。たとえば、Smartsheet のフォームを埋め込めば、共同作業者はダッシュボードから直接情報を送信できるようになります (詳細は、「フォームを使用して情報を収集する」をご覧ください)。

ウィジェット ピッカー

注: ダッシュボードはビジネス プラン以上でのみご利用いただけます。それぞれのプランにどんな機能が用意されているかについては、「プランと価格」のページをご覧ください。


ライブ Web コンテンツの追加

ウィジェットに URL を追加したり、コードを埋め込んだりするには、ダッシュボードへの管理者レベルの共有権限が必要です。Web コンテンツを追加すると、そのコンテンツは見慣れたウィジェット形式にてダッシュボードに表示されます (ダッシュボードの編集に関する詳細は、「Smartsheet のダッシュボードまたはポータルの作成と編集」をご覧ください)。

ウィジェットの外観を整える手順は以下の通りです。

動作必要なステップ
ウィジェットにタイトルを付ける[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。
ウィジェットに URL を追加、またはコードを埋め込む[URL の選択] をクリックし、URL を入力するか、表示したいコンテンツのコードを埋め込み、[OK] をクリックします。

 

注: システム管理者は、アカウントの全ユーザーに対しウィジェットを有効にするかどうかを管理できます (マルチユーザー アカウントにて変更できる機能についての詳細は、「グローバル アカウント設定」をご覧ください)。

この設定を管理するには、[アカウント アイコン](画面左上) > [アカウント管理] の順に選択し、[アカウント管理] ウィンドウの左パネルにある [アカウント設定] をクリックします。Web コンテンツ ウィジェットは [機能の有効化] の下に一覧表示されます。

Smartsheet フォームの埋め込み 

Web コンテンツ ウィジェットを使用すると、チーム メンバーは、ダッシュボードを離れることなく関連するフォームにてデータを送信できるようになります。

フォームを埋め込む手順は以下の通りです。

  1. ダッシュボードに埋め込みたいフォームが入っているシートを開きます。
  2. [フォーム] > [フォームの管理] の順にクリックします。 
  3. フォームへの URL リンクをコピーします。
  4. ダッシュボードに移動し、[編集] > [ウィジェットの追加] > [Web コンテンツ] の順に選択します。
  5. Web コンテンツ フィールドにリンクを貼り付けます。

ヒント: 同じフォームを使って複数のアイテムを送信できるよう、送信後フォームを再読み込みするように設定します。設定方法の詳細は、「フォームを使用して情報を収集する」の「フォームの表示と送信オプションの管理」をご覧ください。

有効な Web コンテンツの埋め込み

以下は、Web のコンテンツを埋め込むことが許可されているドメインの一覧です。

  • Bing Maps 
  • Google ドキュメント
  • Google マップ
  • Google スプレッドシート
  • Google スライド
  • Microsoft Excel Online (Office 365)
  • Microsoft PowerPoint Online (Office 365)
  • Microsoft Word Online (Office 365)
  • PowerBI
  • Smartsheet Calendar アプリ (Calendar アプリの詳細をご覧ください)
  • Smartsheet フォーム
  • Smartsheet 公開済みシート 
  • Tableau Online
  • Tableau Public
  • Vimeo
  • YouTube

注: ドメインの許可をリクエストされる場合は、こちらのフォームにて申請してください。 

Smartsheet モバイル アプリでの Web コンテンツの動作

Smartsheet のモバイル アプリでは、埋め込まれたコンテンツは表示されませんが、リンクからそのコンテンツにアクセスすることは可能です。モバイル アプリでは、Web コンテンツ ウィジェットは、YouTube や Vimeo、Smartsheet といったコンテンツ プロバイダーを認識できるアイコンまたはロゴで表示されます。認識されないコンテンツ プロバイダーの場合は、リンク アイコン (コンテンツの URL が下に含まれている) として表示されます。

注: コンテンツにアクセスするには、ウィジェットをタップします。すると外部ブラウザーまたはアプリ (インストールされている場合) にてリンク先のコンテンツが開きます。 


Web コンテンツ ウィジェットに埋め込むための具体的なソース URL

外部ソースの情報を正しく埋め込むには、リンクや埋め込みコードが正確である必要があります。さまざまなソースからこれらを正確に取得するための方法を以下に紹介します。

重要: 埋め込みコードを取得する際に、コンテンツをその Web へ公開することを要求するアプリケーションもあります。つまり、本来は非公開にしていた文書をそのリンクを所有する人物に開示することになる可能性があるということです。

したがって、そうしたファイルのセキュリティおよびプライバシーを検討してから、以下のステップを実施してください。そして、ほかのユーザーとダッシュボードを共有する前に、共有されたリンクを別のウィンドウで開き、そのウィンドウ内のダッシュボードで Web コンテンツ ウィジェットのプライバシー設定をテストしてください。
 

ビデオ メディア コンテンツ

Vimeo

  1. 埋め込みたい動画を表示します。
  2. 動画プレーヤーの右側にある [紙飛行機] アイコンをクリックします。
  3. 埋め込みコード、埋め込みリンク、または URL をコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。

YouTube

  1. 埋め込みたい動画を表示し、[共有] をクリックします。
  2. [埋め込む] をクリックし、iframe コードをコピーします。 
  3. Web コンテンツ ウィジェットのフィールドにコードを貼り付けます。

公開済み Smartsheet アイテム 

Web コンテンツ ウィジェットを使用して、公開済みの Smartsheet アイテムをダッシュボードに含めることができます。Smartsheet アイテムの公開についての詳細は、「シート、レポート、またはダッシュボードの公開」をご覧ください。

Web コンテンツ ウィジェットのフィールドにコードを埋め込み、公開済みアイテムをダッシュボードに表示します。

Google

    Google ドキュメント、スライド、およびスプレッドシート

    1. 埋め込みたい Google ドキュメント、プレゼンテーション、またはスプレッドシートを開きます。
    2. [ファイル] > [ウェブに公開] の順に選択します。

      コンテンツが未公開の場合は、[公開] をクリックします。
    3. Google コンテンツの公開を制限するには、該当のチェックボックスをオンにして、閲覧者にサインインを求めることができます。

      コンテンツを閲覧する権限を持たないユーザーには、空白のウィジェットが表示されます。
    4. 埋め込みコードをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。

    Google マップ 

    Google のヘルプ記事「他のユーザーとマップやルートを共有する」の「地図やルートを埋め込む」の手順をご利用ください。

    Google マイマップ

    1. 埋め込みたい Google マイマップを表示します。

    2. マップ タイトルの隣のメニュー アイコンをクリックします。

    3. [自分のサイトに埋め込む]
 をクリックします。
    4. 埋め込みコードをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます
。

    Microsoft

    重要: Office 365 のアプリケーションで、1 つのコンテンツを 1 つまたは複数のダッシュボード内の別々のウィジェットに、制限付きおよび公開の両方として埋め込むと、そのコンテンツは Microsoft の許可設定に従って、すべてのインスタンスで公開設定に戻ります

    コンテンツを非公開にしておくには、以下のいずれかの手順を行います。

    • コンテンツのすべてのインスタンスに [共有] > [埋め込み] セクションのコードを使用します。

      -または-
    • コンテンツのコピーを作成し、[共有] > [ユーザーと共有] をクリックして、個別の公開用リンクを抽出します。こうすることで、非公開バージョンと公開バージョンを別々に維持できます。

    多くのユーザーに共有する前に、コンテンツが適切なセキュリティ設定で守られていることを確認するには、ダッシュボードを公開してシークレット ブラウザ ウィンドウで表示するか、別の Smartsheet アカウントと共有して、ダッシュボードをテストします。

     

      Microsoft PowerPoint Online

      コンテンツへのアクセスを特定のアクセス権を持つ組織内のユーザーに限定するには:

      1. PowerPoint Online でプレゼンテーションを開きます。 
      2. [ファイル] タブにて、[共有] > [埋め込み] の順にクリックします。 
      3. 埋め込みコードをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。

       ダッシュボードを共有されているすべての閲覧者が表示できるように埋め込むには:

      1. PowerPoint Online でプレゼンテーションを開きます。
      2. [ファイル] タブにて、[共有] > [共有する] の順にクリックします。
      3. [リンクのコピー] をクリックします。
      4. Web コンテンツ ウィジェットのフィールドにリンクを貼り付けます。

      Microsoft Excel Online

      コンテンツへのアクセスを特定のアクセス権を持つ組織内のユーザーに限定するには: 

      1. 埋め込みたい Excel Online のファイルを開きます。
      2. [ファイル] タブにて、[共有] > [埋め込み] の順にクリックします。 
      3. 埋め込みコードをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。

      ダッシュボードを共有されているすべての閲覧者が表示できるように埋め込むには:

      1. Excel スプレッドシートを Excel Online で開きます。
      2. [ファイル] タブにて、[共有] > [ユーザーと共有] の順にクリックします。
      3. [リンクのコピー] をクリックします。
      4. Web コンテンツ ウィジェットのフィールドにリンクを貼り付けます。

      Microsoft Word Online

      コンテンツへのアクセスを特定のアクセス権を持つ組織内のユーザーに限定するには:

      1. [ファイル] > [共有] の順にクリックし、[埋め込み] をクリックします。
      2. [生成] をクリックします。
      3. [相互の関係] の隣にある矢印をクリックすると、文書の埋め込みビューを使用してできる操作内容を設定できます。
      4. 埋め込みコードをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。

      ダッシュボードを共有されているすべての閲覧者が表示できるように埋め込むには:

      1. [ファイル] タブにて、[共有] > [ユーザーと共有] の順にクリックします。
      2. [このリンクを知っていれば誰でも編集できます。] が表示されていることを確認します。別のオプションが表示されている場合はクリックして、[すべてのユーザー] -> [適用] を選択します。

        注: この操作によりユーザーによるダッシュボードの編集が可能になるわけではありません。ダッシュボードのすべての閲覧者が文書を見られるようになります。
      3. [リンクのコピー] をクリックします。
      4. Web コンテンツ ウィジェットのフィールドにリンクを貼り付けます。

      Bing マップ

      1. トップ バーにて、[詳細] > [共有] の順にクリックします。
      2. [埋め込む] をクリックします。
      3. 必要に応じてオプションを変更し、[コードの生成] をクリックします。
      4. 埋め込みコードをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。

      Microsoft Power BI

      1. ワークスペースを開き、埋め込みたい編集可能なレポートへ移動します。 
      2. [ファイル] > [Web に公開] の順にクリックします。
         
        注: BI の設定によっては、上記ではなく [埋め込みコードの作成] をクリックして、[発行] を選択する必要がある場合もあります。
         
      3. 提供された埋め込みコードまたはリンクをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。

      Tableau

      Tableau Online でサポートされているのは、クラウドの Tabeleau オンライン アプリからの埋め込みのみです (Tableau on-prem はサポートされていません)。

      1. 埋め込みたい Tableau のコンテンツを開き、[Share (共有)] をクリックします。
      2. 埋め込みコードではなくリンクを選択します。 

      注: ウェブ コンテンツ ウィジェットは iframe コードのみを受け付けます。埋め込みコードには

      ウィジェットのサイズを変更して、表示するグラフをカスタマイズできます。グラフが画面下部にある場合は、Tableau ダッシュボード自体を編集してグラフを一番上に移動し、特定のグラフのみを表示することができます。

      Tableau Public

      1. 公開する集計や分析内容などを表示します。 
      2. シート下部の [Share (共有)] タブをクリックします。
      3. 生成されたリンクをコピーし、Web コンテンツ ウィジェットのフィールドに貼り付けます。
        この記事はお役に立ちましたか?
        はいいいえ