条件付き書式設定ルールを使用して書式を自動的に適用する

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

条件付き書式ルールを作成または変更できるのは、そのシートの所有者か、そのシートに対して管理者レベルの共有アクセス権を持っているユーザーで、  ライセンスが必要です。

条件付き書式を使用すると、行またはセルの値に基づいて、その外観を変更できます。たとえば、期限が過ぎているタスクが赤色で表示されるように設定できます。

条件付き書式機能はセルの値には影響を与えません。条件に基づいてセルの値を自動的に変更するには、数式を使用します。数式に関する詳細は、「Smartsheet での数式の作成と編集」をご覧ください。

リンクされたセルの条件付き書式は、リンク先のシートでは保持されません。

条件付き書式は、以下の 3 ステップで適用できます。

  1. ルールの条件を設定する。
  2. 条件が一致した場合に適用する書式設定を定義する。
  3. 書式を適用する場所を設定する。

ルールの条件を設定する

  1. ツールバーで、[Conditional Formatting (条件付き書式)]条件付き書式アイコン を選択します。
  2. [Add New Rule (新しいルールを追加)] をクリックします。
  3. [set condition (条件を設定)] を選択します。
    書式設定ダイアログのスクリーンショット
    設定した条件により、書式設定のトリガーが決定します。たとえば、特定の人に割り当てられたすべての行に背景色を適用する場合、左パネルの「Assigned To (割り当て先)」列を選択し、右パネルで該当する割り当て先を選択します。

条件の設定に関する注意事項

  • 使用条件は列タイプにより異なります。
    • たとえば、「チェックボックス」列の場合は、ボックスがオンオフかが、使用条件になります。
    • 「日付」列の場合は、たとえば、過去今後 [x] 日以内かを条件として使用できます。
  • Smartsheet は、パーセントに書式設定された列 (例: % 完了列) の数値を 0 から 1 までの値として認識します。正しい比較をするためには、 整数ではなく、小数 (例: 25% なら 0.25、50% なら0.5) を使用してください。
  • ルールをさらにカスタマイズするには、条件の一番上にある [define custom criteria (カスタム条件を定義)] をクリックします。
  • 条件に一致しない行を書式設定するには、[Apply format when condition is NOT met (条件に一致しない場合に書式設定を適用する)] チェックボックスをオンにします。

書式設定を定義する

行が指定した条件を満たしたときに表示されるテキストの書式設定を設定します。設定は以下の手順で行います。

  1. [条件付き書式] ダイアログで、[この書式] を選択します。 
  2. ポップアップ ボックスで書式設定を行います。
    • フォント: フォントのスタイルを選択します。
    • フォント サイズ: テキストのサイズを設定します。 
    • タスク バー: ガント チャートの場合、行が指定した条件を満たしたときにタスク バーの色を自動的に変更するために使用します。
      ここで選択した色は、ガント バーとカレンダー バーに適用されます。 
    • その他の書式設定ボタン: 表示させるテキストの書式設定を設定します。 
      書式設定オプション

書式を適用する場所を設定する

  1. 既定では、書式設定は行全体に適用されます。これを変更するには、[entire row (行全体)] をクリックして、書式設定を適用する列を選択します。条件ルールの画像
    同じ条件と書式設定を持つルールが複数存在する場合は、 1 つのルールに統合されます。
  2. [OK] をクリックし、[条件付き書式] ダイアログを閉じます。