行またはタスクの挿入と削除

  「行と階層」の解説ビデオへ移動する:

シートに新しい情報を追加するには、新しい行を挿入します。また、情報がシート内で不要になった場合は、その情報が含まれている行を削除することもできます。行に背景色を追加するなど、書式の適用に関する詳細については、「書式設定オプション」をご覧ください。シート 1ページにつき、行は 5,000 行まで、列は 200 列まで、セルは 20 万まで追加できます (ただし、いずれかが上限に達した時点でそれ以上の追加はできなくなります)。
 


 

新しい行の挿入


行は、1 つだけ挿入したり、一度に複数挿入したりすることができます。

1 行を挿入するには:

  • 任意の行番号を右クリックし、[上に 1 行を挿入] または [下に 1 行を挿入] を選択します。選択した行の上または下に、新しい空白行が挿入されます。
    ヒント:キーボード ショートカットを使用して新しい行を挿入することも可能です。 Windows ユーザーの場合、その行のセルを選択してキーボードの Insert キーを押します (Mac ユーザーの場合は Control + i)。


複数行を挿入するには:

  1. 挿入したい行数分だけ、既存の行を選択します。複数行を選択するには、まず最初の行番号をクリックし、続いて Shift キーを押しながら最後の行番号をクリックします。すると、その間の行がすべて選択されます。

  2. 選択されているいずれかの行番号の右側にあるドロップダウン矢印をクリックし、[上に X 行を挿入] または [下に X 行を挿入] を選択します。選択した行の上または下に、選択した行の数だけ新しい空白行が挿入されます。

    ヒント: 挿入したい行数分だけ行を選択した上で、Insert キー (Windows) または Control + I (Mac) を押すと、それらの行の上にその行数分だけ新しい空白行が自動挿入されます。

注:

  • 既定では、新しく作成されたシートでは 50 行のみを表示するようになっていますが、より大きなデータセットをシートへインポートまたは貼り付けすると、新しい行が自動的に追加されます。最後の行にデータを入力すると、自動的に行が追加されます。

  • 行の高さは調節できませんが、テキストを折り返すことで各セルにより多くの情報を表示させることは可能です。

  • Smartsheet のオートフィル機能により、新しい行には書式と数式が自動的に継承されます。新しい行を挿入した直後に左ツールバーの元に戻すアイコンをクリックすると、書式設定の自動適用が削除されます。

  • 左ツールバーのインデントインデント解除のアイコンを使って行の階層を作成します。たとえば、この階層を使用して、「プロジェクト」、「場所」、「カテゴリー」別に行をグループ分けすることができます。こちらのヘルプ記事をご覧ください: 階層: 行のインデントおよびインデント解除


ヒント:Shift + スペース キーを押すと、アクティブ セルまたは選択しているセルの行全体を選択できます。この方法は行全体をまとめて削除したりコピーしたりする際に便利です。

任意のセルをクリックし、データを入力し始めます。特定の行におけるすべてのセルに対して情報の追加や編集を簡単に実行するには、任意の行番号の右側にあるドロップダウン矢印をクリックして [行の編集] を選択します。

  トップに戻る


 

行の削除


1 行を削除するには、任意の行番号の右側にあるドロップダウン矢印をクリックし、[行の削除] を選択します。

連続している複数の行を削除するには、一番上にある該当行の行番号をクリックした後、シートを下にスクロールして、一番下にある該当行の行番号を Shift キーを押しながらクリックしてすべて選択します。選択されているいずれかの行の行番号の右側にあるドロップダウン矢印をクリックし、[行の削除] を選択すると、選択行がすべて削除されます。

連続していない複数の行を削除するには、該当行の行番号を Ctrl キー (Windows) または Cmd キー (Mac) を押しながらクリックしてすべて選択します。次に、選択されているいずれかの行の行番号の右側にあるドロップダウン矢印をクリックし、[行の削除] を選択すると、選択行がすべて削除されます。シートにフィルターが適用されている場合は、この方式を使用して複数の行を削除してください。

行は削除せず、行内のデータをクリアする場合は、1 つまたは複数の行の行番号を選択し、Backspace キーまたは Delete キーを押します。

:元に戻すコマンドを使用すると、それまでにシートが保存されていない限り、削除された行やクリアされた行を復元できます。
 
行に関するデモについては、下の解説ビデオをご覧ください。

YouTube にアクセスできない場合は、こちらをクリックしてビデオを視聴することもできます。

トップに戻る  

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ