レポートでのカード ビューの使用

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

ユーザーがカード ビューでできることは、そのユーザーがそのシートに対して持っている共有権限によって決まります。カード ビューで実行できる個々のアクションの詳細については、以下の表を参照してください。

カード ビューを使用すると、タスクをカードとして可視化してレーン間でドラッグ アンド ドロップできるため、すべてのプロジェクトの作業状況を、アクション別にすばやく把握できます。

カード ビューをレポートで使用すると、プロジェクト シートを 1 つのレポートにまとめて、それをカード ビューで見ることができるため、以下のような問い合わせにすぐに回答できます。

  • すべてのプロジェクトで優先度の高いタスクはどれですか?
  • 実装段階にはいくつの問題がありますか?
  • リクエストを最も多く抱えているデザイナーは誰ですか?

シートでカード ビューをお使いなら、情報をカードで表示することについてはよくご存じでしょう。レポートでも同様にカード ビューが使えます。

カード ビューについて詳しくはこちらをご覧ください。

レポートでカード ビューを使用する際は、以下の点に注意してください。

  • 2,500 行を超えるレポートは、カード ビューには表示されません。
  • カード ビューが使用できるのは行レポートのみです。シート サマリー レポートには使用できません。
  • 親と子 (サブタスク) の階層関係は、カード ビューでは視覚的に表示されません。
  • 以下の場所でレポートを表示する場合、カード ビューは使用できません。
    • ダッシュボード レポート ウィジェット
    • Dynamic View
    • WorkApps
    • モバイル アプリ

カードの移動

規定では、カード ビューで最初にレポートを開いたとき、カードはグリッド ビューと同じ順序で表示されます。

  • レーン間でカードを移動するには、あるレーンから別のレーンにカードをドラッグします。

レーン間でカードを移動すると、フィールド値も移動先レーンの値を反映するように変更されます。たとえば、カードを Client Summary という名前のレーンから Pending Sale という名前のレーンに移動すると、State のフィールド値が Client Summary から Pending Sale に変更されます。編集のためにカードを開いたり、グリッド ビューに切り替えたりすると、State 列が Pending Sale に変更されたことがわかります。

  • レーン内でカードを移動するには、レーン内でカードを上下にドラッグします。

レーン内でカードを移動すると、カードのランキングが変わります。たとえば、カードをレーンの上のほうに移動すると、そのカードの優先順位が高くなります。カードの優先順位を下げるには、下向きにドラッグします。

レーン内でカードを上下に移動しても、カードの内容に影響はありません。カードの移動によって変わるのは、カード ビューでのカードのランキング (または順序) だけです。カードを移動してもレポートのグリッド ビューやソース シートの行の順序に影響はありません。

カードは各レーン内で別々にランク付けできます。たとえば、[View by Status (ステータス別に表示)] でランク付けしてから [View by Assignee (被任命者別に表示)] に切り替えて別の方法でランク付けできます。ランクは各 [View By (表示方法)] ブレイクアウトに格納され、すべてのレポート閲覧者に表示されます。

カードの編集

  1. 更新するカードをダブルクリックします。
  2. 更新を行い、[保存] をクリックします。レポートを最新の情報に更新すると変更内容が表示されます。
  • 変更内容を保存せずにカードを閉じるには、[Cancel (キャンセル)] をクリックします。

注意:

  • レポートでカードに変更を加えると、基盤となるシートも更新されます。
  • カードのタスク カラーはシートから継承されます。レポートで色を変更することはできません。