トリガー ブロック: ワークフローをいつ実行するかを定義

この ヘルプ記事 は以下の学習トラックで取り上げています

自動化されたワークフローを作成する際には、ワークフローをトリガーする条件を定義できます。 トリガーには以下が含まれます:

  • 行が追加または変更された場合
  • 行が変更された場合
  • 行が追加された場合 (これは、既存の行での変更に対してはトリガーされません)
  • 日付に達した場合

    トリガー ブロック

選択した列のフィールドにおける特定の変更のみがワークフローをトリガーするように、トリガー ブロックの [次の場合:] の横でワークフロー トリガーの条件を指定できます。 たとえば、アイテムのステータスが「完了」になった場合にのみトリガーされるワークフローを作成することが可能です。

トリガー プロックを設定する際には、以下を考慮します。

  • 何らかの値に変更された場合にワークフローがトリガーされるように設定すると、セルが空白になった場合も対象に含まれます。

  • 自動的にシートを変更するアクションは、インバウンド セル リンクまたはシート間の数式によってトリガーできません。 これには、承認のリクエスト行の移動行のコピー行のロック、および行ロックの解除が含まれます。 たとえば、行の「ステータス」セルに別のシートからの値が入力されるようにセル リンクが作成されている場合、このセル リンクを通じて行われたセル値の変更は、ステータスを「完了済み」に変更すると行をロックするというワークフローをトリガーしません。