プロジェクトのクリティカル パスの追跡

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

シート所有者と管理者は、依存関係を有効にしてクリティカル パスを表示することができます。

編集者以上の権限でシートが共有されているユーザーは、クリティカル パスの表示/非表示を選択することができます。

クリティカル パスの表示するようにプロジェクトを設定することで、そのプロジェクトの主要タスクを追跡できます。タスクの日付や先行タスクとの関係を変更すると、そのプロジェクトのクリティカル パスに影響が及びます。 Smartsheet では、データを自動的に更新し、必ずその時点のクリティカル パスに通じるタスクが強調表示されるようにしています。

クリティカル パスとは?

クリティカル パスとは、プロジェクトの開始から終了までの最長経路のことで、すべてのタスクと期間が含まれており、プロジェクトの実際のスケジュールを明確に把握することができます。

ヒント: 以下の手順でクリティカル パスを設定すると、シートにフィルターを適用して、クリティカル パスのタスクのみを表示できるようになります。 プロジェクトのクリティカル パスのタスクをフィルターする方法については、「フィルターを作成してデータの表示/非表示を切り替える」をご覧ください。

シートを設定してクリティカル パスを表示する

クリティカル パスを使用するには、シートをガント ビューにする必要があります。 (上部のツールバーを使用すると、ガント ビューに切り替えられます)

  1. 任意の列ヘッダーを右クリックし、[プロジェクト設定の編集] を選択して、シートの依存関係を有効にします。
  2. シートにタスクを設定します。その際、タスクに必要な最小限の期間と日付を入力します。
  3. クリティカル パスを有効に活用できるかどうかは、先行タスク列を使用してタスク間の関係をどのように定義するか (クリティカル パスには「終了 - 開始」が最もうまく機能します) が大きな鍵となります。

    先行タスク列の使用方法については、「依存関係の有効化および先行タスクの使用」をご覧ください。
     
  4. シート右上のクリティカル パス アイコンをクリックします。

    critical-path-icon

ガント チャートでは、プロジェクトのクリティカル パスに通じるタスクおよびマイルストーンはすべて赤色で強調表示されます。

critical-gantt