プロジェクトのクリティカル パスの追跡

クリティカル パス プロジェクト管理 (CPM) とは、主要タスクにフォーカスすることでプロジェクトを予定通りに完了させるための手法です。この手法では、先行タスクを使用して各タスクをつなげることで、プロジェクトにパス (経路) を作ります。どのようなプロジェクトであれ、相互に関係し合ったタスクをすべてつなぐ 1 本のパスが存在し、これがプロジェクト全体の期間を左右します。これをクリティカル パスと呼びます。クリティカル パスを形成する各タスクの遂行に注力すると、プロジェクトを予定通りに完了できる可能性を最大限に高めることができるのです。

Smartsheet では、プロジェクトのクリティカル パスを自動的に特定し、ガント チャートにて可視化することで、ユーザーの CPM を支援します。これらの主要タスクに遅れが生じるとプロジェクト全体が遅れてしまうため、主要タスクには十分に気を配る必要があります。クリティカル パスに通じていないタスクの場合、少々の問題や遅れはプロジェクト全体の期間に影響しません。

プロジェクトのクリティカル パスを表示するには:
  1. シートの所有者または管理者アクセス権限を持つ共同作業者に、[プロジェクト設定] からシートの依存関係を有効にしてもらいます。.[プロジェクト設定] ウィンドウを表示するには、任意の列ヘッダーで右クリックし、[プロジェクト設定の編集] を選択するか、ガント チャートの左上の ギア アイコン をクリックします。


  2. シートにタスクを設定します。その際、タスクに必要な最小限の期間と日付を入力します。

  3. クリティカル パスを有効に活用できるかどうかは、先行タスクの列を使用してタスク間の関係をどのように定義するか (開始 - 終了、終了 - 開始、開始 - 開始、終了 - 終了) が大きな鍵となります。先行タスクの列の使用方法については、「依存関係の有効化および先行タスクの使用」をご覧ください。

  4. 左ツールバーのアイコン をクリックして、シートをガント ビューに切り替えます。

  5. ガント チャートの左上の クリティカル パス アイコン をクリックします。

    ヒント:シートを共有されている共同作業者 (アクセス権限が閲覧者のユーザーを除く) は、自身のガント チャートにクリティカル パスを表示するかどうかを選択できます。

  6. ガント チャートでは、クリティカル パスに通じるタスクおよびマイル ストーンはすべて赤色で強調表示されます。

:タスクの日付や先行タスクとの関係を変更すると、クリティカル パスに影響が及びます。Smartsheet では、データを自動的に更新し、必ずその時点のクリティカル パスに通じるタスクが強調表示されるようにしています。

トップに戻る    
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ