シートの保存および更新

左ツールバーの青い保存アイコン またはキーボード ショートカットの Ctrl キー + [S] (Mac ユーザーの場合は Cmd キー + [S]) を押して、シートへの変更を保存します。青いアイコンをクリックすると、灰色に変わります。アイコンが灰色のときは、シートへの変更はすべて保存され、次回 Smartsheet を開いた時に現在の状態で使用できることを表しています。

ヒント:アカウントの [個人用の設定] で自動保存オプションを設定できます。

ほかの人とシートを共有している場合、次回そのユーザーがシートを開いた際には、変更点がすべて表示されます。あなたが変更を保存した際にほかのユーザーがシートを閲覧中の場合、そのユーザーに対してシートを最新の情報に更新するように Smartsheet からのお知らせが表示されます。シートを最新の情報に更新するにはいくつか方法があります。
  • ページ上部のシートのタブを右クリックして [最新の情報に更新] を選択します。
  • 左のツールバーのシート アクション アイコン をクリックし、[最新の情報に更新] を選択します。
  • シート タブの青い [最新の情報に更新] アイコンをクリックします (このアイコンは別の共同作業者が変更を保存した際にのみ表示されます)。詳細は複数の共同作業者との作業をご覧ください。


作業内容が失われないよう、頻繁に変更を保存することをおすすめします。シートは Smartsheet 内に保存されます。そのため、Smartsheet にログインしてシートを開けば、保存した変更を確認することができます。シートのエクスポートを行い、自分のコンピューターに保存することも可能です。    
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ