Smartsheet から印刷

Smartsheet からの印刷方法は、印刷対象物により異なります。

印刷対象物印刷方法
シート
ガント チャート
レポート
Smartsheet 上部のツールバーの [印刷] [印刷] ボタン をクリックします。

注: 印刷するには、まず PDF ファイルを作成します。その後、PDF ビューアーを使って印刷や確認ができます。
ダッシュボードダッシュボードの [印刷] ボタンをクリックし、お使いのブラウザーの印刷設定を調整します。
カード ビューから、1 つの行またはカードの内容を印刷行の左端またはカードの上で右クリックをし、[印刷] をクリックします。

注: カードは垂直方向のフォームのレイアウトで印刷されます。

 


シートまたはレポートの印刷

印刷可能な PDF を作成するには

  1. Smartsheet 画面上部のツールバーの [印刷][印刷] ボタン をクリックして、[印刷セットアップ (PDF)] ウィンドウを開きます。

    [印刷セットアップ (PDF)] ウィンドウのオプションは、印刷の前に-ERR:REF-NOT-FOUND-選択したビューにより異なります。

    下の画像はガント ビュー用の [印刷セットアップ (PDF)] ウィンドウです。

    [印刷] ウィンドウ
  2. PDF ファイルに適用するオプションを選択し、[OK] をクリックします。

    ブラウザーの設定により、PDF ファイルがすぐに開くか、またはコンピューターに保存されます

    ファイルが「ダウンロード」フォルダーに保存されている場合、キーボード ショートカット (Windows の場合は Ctrl + J キー、Mac の場合は Command + Option + L キー) を使い、フォルダーを開いてファイルを探します。

    注: 選択した印刷設定は保存されるため、次回 PDF ファイルを作成する際に簡単に再利用できます。
     
  3. PDF ファイルが開いている状態で、[印刷] をクリックしてファイルを印刷します。

PDF 印刷オプションの設定

対象

[印刷] ボタンをクリックする前に行を選択した場合にのみ、[選択した行] のオプションが使用できます。[行全体] または [選択した行] のうちどちらかを選択します。

1 行を選択する場合は、行番号をクリックします。複数の行を選択する場合は、行番号を 1 つクリックして Ctrl キー (Mac ユーザーの場合は Command キー) を押しながら PDF に含めるほかの行番号をクリックします。

このオプションは-ERR:REF-NOT-FOUND-カレンダー ビューからは使用できません。

日付範囲

-ERR:REF-NOT-FOUND-ガント ビューまたはカレンダー ビューでは日付範囲オプションを使用できます。

ガント チャートにカスタム日付範囲を指定すると、入力した開始日と終了日の間を表示するように PDF のタイムラインが調整されます。

カレンダー ビューでは指定した範囲が印刷されますが、最小単位が 4 週間のためほかの日付も含まれる可能性があります。

注: カスタム日付範囲を指定する場合、実際の期間はプライマリ -ERR:REF-NOT-FOUND-タイムライン表示の選択にしたがいます。たとえば、プライマリ タイムライン表示が [年] に設定されていて、開始日を 3 月 1 日、終了日を 6 月 30 日にした場合、PDF はプライマリ タイムラインにしたがい、1 年分を表示します。プライマリ タイムライン表示を [年] から [四半期] または [週] に変更すると、印刷するタイムラインを狭めることができます。

ページ サイズ

プリンターに合ったページ サイズを選択します。

余白

1 ページの内容を多くしたい場合は、余白を小さくします。

印刷の向き

既定値はに設定されており、選択したページ サイズの長さに合わせてガント チャートを印刷できます。に設定すると、選択したページ サイズの幅に合わせて印刷されます。

倍率

倍率を使って印刷するページに合わせてシート データを調節します。

  • 倍率: 既定では、データは 100% のサイズで表示されます。必要に応じて数値を増やしてデータ サイズを拡大したり、減らして縮小したりできます。

  • 幅に合わせる: ページの幅に合わせて、選択したデータを自動的に拡大縮小します。次のページへ延長する場合があります。

注: 倍率の設定はカレンダー ビューでは使用できません。

オプション

[印刷セットアップ (PDF)] ウィンドウの [オプション] セクションでアイテムを選択し、PDF ファイルに表示する内容を定義します。以下は、オプションを使用する場合の注意事項です。

  • 含まれる列: このオプションは、ガント ビュー使用時のみ使用できます。既定では、ガント チャート印刷時はプライマリ列のみが含まれます。ほかの列を選択する場合は、下線付きの列名または [編集] ボタンをクリックして選択します。
  • コメントを含める: グリッド、カレンダー、またはガント ビューに続いて、別ページにコメントが印刷されます。
  • 行番号を含める: 印刷結果に行番号を含めます (このオプションはカレンダー ビューの印刷時には使用できません)。

ダッシュボードの印刷

ダッシュボードを印刷するには、ブラウザーの [印刷] ウィンドウを開き、印刷オプションを表示します。印刷機能および印刷の手順はブラウザーにより異なります。印刷時のダッシュボードの縦横比を保存する場合は、Google Chrome のご利用をおすすめします。

ダッシュボードを印刷するには

  1. 印刷するダッシュボードを開きます。
  2. ダッシュボード上部の [印刷] [印刷] ボタン をクリックします。

    ブラウザーの [印刷] ウィンドウが開き、ダッシュボードのプレビューと印刷設定を確認できます。

    印刷するときは以下に留意してください。
    • ページ サイズが正しいことと、ページの向き (横または縦) がダッシュボードのレイアウトと一致していることを確認します。
    • Chrome の [印刷] ウィンドウで、[詳細設定] をクリックし、[背景のグラフィック] の隣のチェックボックスをオンにし、ダッシュボードとウィジェットの背景色が印刷されるようにします。
       
  3. 必要なオプションの設定が完了したら、[印刷] をクリックします。

ヒント: ダッシュボードの読み取り専用の電子メールが必要な場合は、[PDF を開く] オプションを選択し、既定の PDF ビューアーでダッシュボードのコピーを開きます。PDF ファイルとして保存し、電子メールに添付することができます。


ヒントとトラブルシューティング

すべての列の印刷を避ける (グリッド ビュー)

グリッド ビューからシートを印刷する前に、-ERR:REF-NOT-FOUND-列の非表示をしてシートを保存します。印刷時は非表示の列は PDF に含まれません。

空白の行を含めて印刷する

[シート全体] を選択した場合、空白の行は印刷内容に含まれません。
空白の格子線を印刷するには、次の手順に従ってください。

  1. 印刷する空白の行の [プライマリ列] に値を入力します (これは一時的に入力するダミーの値です。シートを印刷する前に削除します)。
  2. シートを保存します。
  3. ダミーの値を削除してからシートを再度保存します。
  4. シートを印刷すると、空白の行も印刷されます。

ガント チャートが印刷される

ガント チャートを印刷から除外するには、文書を印刷するまえに-ERR:REF-NOT-FOUND-グリッド ビューに切り替えます。

100 ページを超えるファイル印刷時のエラー

Smartsheet の PDF で印刷できるページ数は 100 ページに制限されています。この制限を回避するには、印刷オプションを変更してファイルのページ数を減らします。以下にその方法をいくつかご紹介します。

  • 特定の行を選択して印刷する
  • -ERR:REF-NOT-FOUND-ドキュメントの大きさを変更してページ数を減らす
  • -ERR:REF-NOT-FOUND-タイムライン表示を変更して時間単位を大きくする
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ