個人用の設定の調整

[個人用の設定] ウィンドウを使って、以下の表示や管理ができます。

  • 個人プロファイルの詳細
  • 自動保存、お知らせ、タイム ゾーン、および言語 (日付と数字の書式形式を決定します) の設定
  • 通知設定 (本人がシートに行った変更についての通知を受信したいかどうかも含みます)
  • 接続されたモバイル デバイス、アプリ、および API 情報の設定

個人用の設定の表示と編集

Smartsheet 画面の右上にある [アカウント] (人の形のアイコン) をクリックし、[個人用の設定] を選択します。


オプションについての追加情報

プロファイル

ここから、個人プロファイルのカスタマイズ、表示方法と表示内容の管理、Smartsheet で使用するメール アドレスの管理、およびパスワードの変更を行います。

詳細は、「Smartsheet の個人プロファイルの管理」をご覧ください。

パスワードの変更

パスワードを変更するには、[パスワードの変更] をクリックします。 [パスワードの変更] ウィンドウに現在のパスワード、新しいパスワード、新しいパスワードの確認を入力し、[保存] をクリックします。

次回 Smartsheet にログインする際には、必ず新しいパスワードを使用してください。

ヒント: Smartsheet ログイン ページからもパスワードをリセットできます。

メール アドレスの管理

アカウントでは、ログイン、リソース管理の追跡、およびメール通知に使用されるプライマリ メール アドレスを 1 つ設定できます。また、シートの共有、更新リクエストの送信、およびグループへの参加に使用できる代替メール アドレスを複数保有できます。

メール アドレスの管理の詳細は、「Smartsheet アカウントに関連付けられたメール アドレスを変更する」をご覧ください。

設定

自動保存設定
  • 操作が 3 分行われなかった場合は自動保存する:このオプションを選択すると、Smartsheet ウィンドウで 3 分間にわたってクリックや入力が行われなかった場合、開いているアイテムの編集内容を自動的に保存します。
  • シートまたはレポートから移動する際に変更を自動保存する: このオプションを選択すると、シート、レポート、またはダッシュボードから移動した際に Smartsheet によってすべての編集内容が自動的に保存されます。

    注: 保存されたアクションを元に戻すことはできません。
お知らせ設定
  • Smartsheet 掲示版を表示する: Smartsheet の一番上のバナーで情報を受信します。  新機能、お住まいの地域で今後開催されるトレーニング、その他の商品関連情報をお届けします。  (メンテナンスのための定期ダウンタイムといった重要な情報の表示を除外することはできません)
  • 製品アップデート情報を受け取る: Smartsheet に新しい機能がリリースされた際にメール通知を受信したり、定期的なヒントや 30 日間無料お試し期間の情報などを受信したりします。
  • Smartsheet デイリー メールを受け取る: Smartsheet での最近のアクティビティのサマリーを毎日受信します。
タイム ゾーン

タイム スタンプ、スケジュールされた電子メール、その他の時間を基準にしたアクションは、選択したタイム ゾーンにしたがって実行されます。

言語 (国)

Smartsheet は現在、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、ロシア語、およびスペイン語に対応しています (今後、その他の言語にも対応していきます)。言語 (国) 設定により、日付形式の規定値 (例: mm/dd/yy あるいは yy/mm/dd) および桁区切り記号 (コンマあるいは小数点) が決まります。

通知

通知に関する情報の受信方法を設定します。

マイ モバイル デバイス

モバイル デバイスに iOS 用の Smartsheet または Android 用の Smartsheet アプリをインストールし、アカウントにログインすると、モバイル デバイスと Smartsheet アカウントを接続することができます。 

接続したモバイル デバイスを表示および管理するには、デスクトップまたはノートパソコンにて Smartsheet アカウントにアクセスし、[アカウント] (人の形のアイコン) > [個人用の設定] > [マイ モバイル デバイス] の順にクリックします。 

モバイル デバイスからのアクセスを無効にするには、[マイ モバイル デバイス] ウィンドウにてそのデバイス名を特定し、[取り消し] をクリックします。

アプリ

アプリ ギャラリーを探索し、お気に入りのアプリから Smartsheet に接続する方法を確認します。既存の接続がここに表示されます。

API アクセス

クリックして API アクセス トークンを生成します。また、既存のアクセス トークンの確認や取り消しを行います。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ