トラブルシューティング: Smartsheet のタイムゾーンの処理方法

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

Smartsheet アカウントを設定するときに、[アカウント] > [個人用の設定] > [設定] > [タイムゾーン] でタイムゾーンを変更できます。

ただし、アカウントが共有によって設定されている場合 (他のユーザーがあなたとオブジェクトを共有し、アカウントの作成を求める電子メールに返信した場合)、タイムゾーンはリクエストが発生した時点のタイムゾーンに設定されます。 共有リクエストを発信したユーザーと同じタイムゾーンにいない場合は、[個人用の設定] でタイムゾーンをリセットできます。

タイムゾーンとシート

Smartsheet は、別のタイムゾーンの誰かが共有シートに変更を加えた場合、共有シートのタイムゾーンを変更する場合があります。 シートは、そのシートに最後にアクセスした人のタイムゾーンを採用します。 シートを表示するだけでタイムゾーンが変更されます。

タイムゾーンとシステム列

システム列は常にバックエンドで UTC を使用しますが、表示値はシートに最後にアクセスした人のタイムゾーンになります。 つまり、表示値はシート閲覧者のタイムゾーンになりますが、システム列データを使用した数式やAPI 呼び出しでは、UTC タイムゾーンに基づいて返されることがあります。

太平洋時間のオーバーライド

自動化、セルリンク、またはクロスシート数式を介してシートに変更が加えられると、シート全体が太平洋時間に変換されます。これは、これらのサービスが太平洋時間設定のサービス ユーザーによってホストされているためです。 これは、TODAY() 数式や表示されるシステムの列の表示値は、お客様が異なるタイムゾーンにいる場合に更新される可能性があるということを意味します。