Control Center プロファイル データ

適用対象

Smartsheet Advance Package

プロジェクト プロファイル データ (またはメタデータ) は、ポートフォリオ内のプロジェクトの包括的な情報として機能します。 プロジェクト プロファイル データを使用すると、以下のことが可能になります。

  • プロジェクト名、説明、所有者、予算、期日などの値を使ってプロジェクトを定義する
  • % 完了、予想完了日、プロジェクトの状態などの値を使って、ステータスを追跡するメトリック、つまり KPI を作成する

固定値を指定したり、特定のメトリックを追跡する数式を定義したりすることができます。 たとえば、[At Risk (リスクあり)] チェックボックスがオンになっているセルをすべて数える数式を指定し、プロジェクト内でリスクのあるタスクを追跡するプロファイル データを作成するということも可能です。

テンプレートや既存のプロジェクトに新しいプロファイル データを追加するには、新しいプロファイル データを追加するタイプのグローバル更新を使用します。

Control Center ポートフォリオに新しいプロファイル データを追加するには:

  1. [Control Center] > [Manage Program (プログラムの管理)] > [Global Updates (グローバル更新)] の順に進み、更新のタイプとして [Add Profile Data (プロファイル データの追加)] を選択します。
  2. 更新に名前を付け、使用するブループリントとテンプレートを選択します。
  3. フィールド内のプロファイル データに名前を付け、目的のを追加し、更新するテンプレートを選択します。
    • [Test Formula (数式のテスト)] を選択し、テスト シートにて数式の変更をテストしてから、更新を実行します。
    • [フィールドの追加] を選択して、複数のプロファイル データ フィールドを一度に作成します。 なお、作成したフィールドは、更新時に選択したテンプレートに適用されます。
  4. グローバル更新を完了し、変更をテストして、適用します。 詳細は、「変更のテストと検証」に関する記事をご覧ください。

グローバル更新の実行後、新しいプロファイル データ フィールドが、プロジェクト シートやテンプレートのサマリー階層に表示されます。

注: プロファイル データ フィールドで検索/置換による更新を実施するには、[Add Condition in Advanced Options (詳細オプションに条件を追加する)] を選択し、選択テストで [Row (行)] を選択して、条件を [is Profile Data (プロファイル データ)] に設定します。

Find/Replace (検索/置換) の制限

列タイプのなかには、SCC の Find/Replace (検索/置換) に使用できない、または使用できても制限のある列タイプもあります。 そうした列タイプを以下の表に示します。

列またはセルのデータ タイプ

Find/Replace (検索/置換) の対象にならない

制限付きで利用可能

備考

システム

はい

いいえ

-

プロジェクト設定にて指定された次の列:
 

  • 「開始日」列
  • 「終了日」列
  • 「先行タスク」列

はい

いいえ

-

連絡先リスト

いいえ

はい

「連絡先リスト」列のデータに関する制限をご覧ください

日付

いいえ

はい

「日付」列のデータに関する制限をご覧ください

期間

いいえ

はい

「期間」列のデータは、文字列として一致する必要があります。

 

期間を換算して Find/Replace (検索/置換) が実行されることはありません。

 

たとえば、「期間」列に入っている文字列が「2d」であった場合、値に「2d」を含むセルのみが一致と見なされ、「16h」 という期間は一致とは見なされません。

コメント

はい

いいえ

 

インバウンド セル リンクを含むセル

はい

いいえ

アウトバウンド セル リンクが変更される可能性があります。

ハイパーリンクを含むセル

はい

いいえ

-

画像を含むセル

はい

いいえ

-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「連絡先リスト」列のデータに関する制限

[Find (検索)] ボックスの値は、シートに表示されるフル ネームのユーザー名、またはその連絡先に関連付けられたメール アドレスである必要があります。 つまり、Joe Smith または joe.smith@mbfcorp.com のいずれかを指定できるということになります。

「連絡先リスト」列の値は完全一致でしか検索できません。 つまり [Find (検索)] の値では、[Restrict to (条件)] ボックスにて以下のいずれかの値を使用する必要があります。

  • =次の値:
  • ≠次の値:
  • =空白
  • ≠空白

[Replace (置換)]の値では、[Advanced Options (詳細オプション)][Restrict to (条件)] ボックスに [replace the entire cell (セル全体を置換)] を設定する必要があります。 [Restrict to (条件)] に他の値が入力されている場合、「連絡先リスト」列はスキップされます (他の列タイプはスキップされません)。

「連絡先リスト」列で Find/Replace (検索/置換) を実行する際は、連絡先名ではなくメール アドレスを使用します。

「日付」列のデータに関する制限

「日付」列のセルは、以下のいずれかの条件が設定されている場合のみ、検索の値と一致します。

  • =次の値:
  • ≠次の値:
  • =空白
  • ≠空白

他の条件が設定されている場合、「日付」列はスキップされます。 同様に、[Replace (置換)] でも、条件を [replace the entire cell (セル全体を置換)] に設定しておく必要があり、そうでない場合は「日付」列はスキップされます。

たとえば、[Restrict to (条件] が [contains (=次を含む値:)] で設定され、[Find (検索)]の値に「01/30」を、[Replace (置換)] の値に「02/01」を使用している場合、[contains (=次を含む値:)] 条件が使用されているため、「日付」列の「01/30/2017」というセルは一致しません。 これらの値が更新に含まれている場合、この操作は「文字列/数値」の列タイプに対して実行されます。

[[Find (検索)] または [Replace (置換)]ボックスに日付を入力する際に「日付」 (または日付/時間) 列が選択されていると、日付がどのように解釈されるか (例: February 15, 2018) を示す警告が表示されます。 この場合、日付の値をユニバーサル形式 (YYYY-MM-DD) に変換することもできます。 ユニバーサル形式への変換は、「日付」列を検索対象とする場合のベスト プラクティスであり、 異なる日付表示形式 (mm/dd/yy や dd/mm/yy など) に起因する混乱の回避に役立ちます。

Smartsheet の日付は、各ユーザーの個人用の設定に基づいて表示されます。 つまり、日付の表示は、[個人用の設定] にてユーザー レベルで制御されています。 日付の形式に関する詳細は、「地域設定で既定の日付形式と数値形式を指定する」をご覧ください。