Smartsheet のアイテムを Microsoft Teams に公開

Microsoft Teams から離れることなく、Smartsheet のフォーム、シート、レポート、およびダッシュボードを操作しましょう。

Smartsheet アイテムを Teams チャネルに公開すると、そのチャネルを使用している全員がそのアイテムを利用できるようになります。 その際は、そのチャネルへのアクセス権を持つ人々が目にすべきではない情報が、公開するアイテムに含まれていないことをまずは確認するようにしましょう。

はじめる前に

Smartsheet のアイテムを Microsoft Teams に公開するには、両方のアプリケーションに対して以下の権限を取得している必要があります。

Smartsheet 共有権限要件

Microsoft Teams のチャネルにタブとして追加する Smartsheet アイテムに対する、所有者または管理者レベルの共有権限が必要です。 (詳しくは、「共有権限レベル」をご覧ください)

Smartsheet アイテムが (Smartsheet から直接、またはチャネルへの追加によって) すでに公開されている場合、その Smartsheet アイテムを共有されているユーザーはそのアイテムを他の Teams チャネルに追加することができます。 「読み取り専用」や「誰でも編集可能」など、さまざまな公開オプションについての詳細は、「シート、レポート、またはダッシュボードの公開」をご覧ください。

Microsoft Teams の要件

Smartsheet アイテムを Microsoft Teams のチャネルにタブとして追加するには、Microsoft Teams (Office 365 for Business のサービスのひとつ) を持ち、チーム内にチャネルを少なくともひとつ持っている必要があります。

Smartsheet for Teams は、ブラウザーおよびデスクトップ版の Microsoft Teams アプリケーションと互換性があります。


Smartsheet アイテムをチャネルに公開する

  1. Microsoft Teams の左パネルから、公開先となるチャネルを選択します。
  2. そのチャネル名の下にあるプラス プラス アイコンアイコンをクリックします。
  3. [Smartsheet for Teams] を選択し、[Accept (承諾)] をクリックして Smartsheet のライセンス契約に同意します。
  4. [Connect to Smartsheet (Smartsheet に接続)] に続いて [Alow (許可)] をクリックし、Smartsheet に Microsoft Teams と統合するアクセス権を与えます.

    指示がある場合は、Smartsheet アカウントにサインインします。
     
  5. 名前を検索するか、または [ホーム] のディレクトリの中から、タブにする Smartsheet アイテムを探し、アイテムを選んで [Save (保存)] をクリックします。
  6. 「読み取り専用」または「誰でも編集可能」など、チャネル内ユーザーの Smartsheet アイテムへの利用レベルを設定します。 (これらのオプションの詳細は後で説明します)
  7. 該当するアイテムが選択したオプションで Smartsheet から公開されていない場合、[Publish this sheet in the selected Published Version (選択した公開バージョンでこのシートを公開する)] のチェックボックスをオンにします。
  8. [保存] をクリックします。

これで完了です。 これで、チャネルに登録しているユーザーであれば誰でも、Smartsheet アイテムを利用できるようになります。 チャネル内のユーザーは Microsoft Teams から Smartsheet のデータを表示し、(編集権限を持っている場合) 編集することができます。

公開設定: 読み取り専用または誰でも編集可能

必要に応じて、タブの設定変更、名前の変更、削除ができます。

  • 読み取り専用 - フル バージョン - Teams のチャネルのユーザーであれば誰でも閲覧可能。しかしシート、レポート、またはダッシュボードはいずれも編集できない。
  • 誰でも編集可能 - Teams のチャネルのユーザーであれば誰でも、シートの閲覧と編集が可能。 (このオプションはレポートまたはダッシュボードでは利用できません)

Microsoft Teams チャネルに追加したシートにて、設定済みのユーザー フィルター条件を使用することはできません。 フィルターに関する詳細は、「フィルターを作成してシートのデータの表示/非表示を切り替える」をご覧ください。

その他の公開設定:

  • [Show in Full Tab View (フル タブ ビューで表示)] のチェックボックスをオンにすると、タブにより多くの Smartsheet アイテムを表示したり、カスタム ブランディングを非表示にしたりすることができます。 Smartsheet アイテムのカスタム ブランディングに関する詳細は、「色とロゴで Smartsheet をブランディング」をご覧ください。
  • 新しいタブについてメールをチャネルに送信されないようにするには、[Post to the channel about this tab (このタブについてチャネルに投稿する)] のチェックボックスをオフにします。

タブの設定変更、名前の変更、または削除

チャネル内のユーザーがタブの Smartsheet アイテムを使って作業する方法を変更したい場合、またはタブの名前を変更したり、タブを削除したりする必要がある場合、タブ名の右にある下向き矢印をクリックし、該当するアクションを選択します。

タブの変更、名称変更、または削除

タブ設定の変更

[Settings (設定)] を選択し、チャネル内のユーザーの Smartsheet での作業方法を、以下の公開オプションから選択して変更します。

  • 読み取り専用 - フル バージョン - Teams のチャネルのユーザーであれば誰でも閲覧可能。しかしシート、レポート、またはダッシュボードはいずれも編集できない。
  • 誰でも編集可能 - Teams のチャネルのユーザーであれば誰でも、シートまたはレポートすべての閲覧と編集が可能。(このオプションはレポートまたはダッシュボードでは利用できません)
  • [Show in Full Tab View (フル タブ ビューで表示)] のチェックボックスをオンにすると、Smartsheet のアイテムがさらにタブに表示されます。 これによりカスタム ブランディングが非表示になります。 Smartsheet アイテムのカスタム ブランディングに関する詳細は、「色とロゴで Smartsheet をブランディング」をご覧ください。
  • 新しいタブについてメールをチャネルに送信されないようにするには、[Post to the channel about this tab (このタブについてチャネルに投稿する)] のチェックボックスをオフにします。

タブの名前変更または削除

タブの名前を変更するには、[Rename (名前の変更)] を選択します。 (Smartsheet アイテム名そのものは変更されません)

タブをチャネルから完全に消去する場合は、[Remove (削除)] を選択します。 このアクションは元に戻すことができません。 (アイテムは Smartsheet からは削除されません)


チャネルに Smartsheet フォームを追加する

さまざまな方法でシート、レポート、またはダッシュボードをチャネルに追加し、Smartsheet フォームを Teams のチャネルに入れ込むと、ユーザーがチャネルから簡単にフォームを送信できるようになります。 たとえば、チャネルにフォームを追加すると、Smartsheet のシート上に新しい行が作成され、チャネルのユーザーはそこで作業リクエストを送信できるようになります。

Smartsheet フォームをチャネルに追加するには

  1. 新しいブラウザー画面で Smartsheet を開き、該当するシートを探して開きます。
  2. 右パネルのフォーム アイコンをクリックします。

    フォーム ウィンドウが表示されます。
     
  3. 該当するフォームの URL を選択し、コピーします。 フォームを使用した情報収集についての詳細は、関連ヘルプ トピックをご覧ください。
  4. Microsoft Teams を開き、フォームを追加するチャネルに移動します。
  5. チャネル名の下にあるプラス プラスアイコン アイコンをクリックします。
  6. [Add a Tab (タブの追加)] ウィンドウで [Website (Web サイト)] Web サイト ボタン を選択します。
  7. [Tab Name (タブ名)] フィールドに名前を入力します。 [URL] フィールドにフォームのリンクを貼り付け、[Save (保存)] をクリックします。

以上です。 これでチームのメンバーは、Microsoft Teams アプリケーションから移動することなく、Smartsheet のシートに新しく行として追加されたフォームを送信することができます。