Smartsheet と Microsoft Teams との統合

会話をアクションへと導く作業遂行プラットフォームである Smartsheet とのペアリングにより、会話の創造性と自発性をその先へとつなげましょう。

  • 重要な日付または作業項目の変更に関するアラートをチャネルに送信します
  • ダイレクト メッセージとして: Smartsheet の承認リクエストを確認および承認し、更新リクエストを完了します
  • Smartsheet アイテムを Teams のタブに公開します (「Smartsheet アイテムを Microsoft Teams に公開する」を参照してください)

Smartsheet for Teams は、ブラウザーおよびデスクトップ版の Microsoft Teams アプリケーションと互換性があります。

統合の要件

Teams のユーザーなら誰でも、Microsoft Store にて Smartsheet for Microsoft Teams 統合を検索できます。 ただし、Smartsheet アプリケーションをインストールできるのは Office 365 管理者のみです。

Office 365 管理者であれば、こちらをクリックすることで、Smartsheet for Teams 統合をインストールできます。 Office 365 管理者でない場合は、組織内の IT チームに支援を依頼してください。

Smartsheet アイテム(フォーム、シート、レポート、ダッシュボード)を Teams チャネルのタブとして公開する場合は、「Microsoft Teams に Smartsheet アイテムを公開する」をご覧ください。

Smartsheet for Teams のセットアップ

Smartsheet のアラートとリクエストをダイレクト メッセージとして、または Teams チャネルで受信するには、Teams で Smartsheet ボットを認証する必要があります。 手順は以下の通りです。

  1. Microsoft Teams の [チーム] ウィンドウの上部にある検索バーに「Smartsheet」と入力し、Smartsheet アプリを選択します。

    注: Smartsheet for Microsoft Teams 統合を使用できるようにするには、Office 365 管理者にリクエストして、この Microsoft ヘルプ記事の手順にてボットを有効にしてもらう必要があります。
     
  2. Smartsheet ボット ウィンドウが表示されます。
    Microsoft Teams をインストールする
  3. アラートとリクエストを受信する場所に応じて設定を有効にします。
    • 個人用のアラートとリクエスト - [アプリを自動で追加します] を [はい] に設定します。
    • Microsoft Teams チャネル - [チームに追加します] を [はい] に設定し、[検索] フィールドに目的のチームの名前を入力します。
  4. [インストール] をクリックしてセットアップを完了します。
  5. Teams の左側にある [チャット] タブに移動して、Smartsheet ボットの会話を表示します。
  6. ボットのグリーティングで [Allow Access (アクセスを許可)] を選択します。 Smartsheet のサインインと許可ページが表示されます。

    注: 会話に [Allow Access (アクセスを許可)] ボタンが表示されない場合は、何か言葉(「こんにちは」など)を入力すれば開始できます。
     
  7. Smartsheet アカウントにサインインして、[許可] をクリックします。

「正常に完了しました」ページが表示されたら、それ以上の対応は不要です。 これで、Microsoft Teams にて更新リクエストや承認リクエストに対してアクションを実行したり、シートの変更、リマインダー、@メンション通知を受け取ったりすることができます。

ボットへのダイレクト メッセージに「ヘルプ」と入力すると、Smartsheet for Microsoft Teams の機能を確認できます。

これで、Teams チャネルにアラートを送信できるようになりました (この手順で Smartsheet のシートに自動化されたワークフローを設定した後)。また、アラートとリクエストをダイレクト メッセージとして受信できるようにもなりました。