フィルターの基本

フィルターを使用すると、シートにある情報を表示したり非表示にしたりすることができます。たとえば、ある特定の日付が期日となっているタスクや、現在自分に割り当てられている仕事、ワークフローの中で一定の段階にあるアイテムだけをすべて表示することも可能です。

Smartsheet の画面上部にあるフィルター メニューを使用すれば、誰でもフィルターをシートに適用できます。 

フィルターのハイライト

このページの内容:

 


フィルターを作成および使用できる権限

シートにアクセスできるユーザーなら誰でも、フィルターの作成や保存したフィルターの適用が可能です。

フィルターを使って以下の作業を行うには、特定の共有権限が必要になります。

  • フィルターに名前を付けて保存するには、そのシートに対し編集者以上の共有権限を持っている必要があります。
  • フィルターを共有して、シートにアクセスできるすべてのユーザーがそのフィルターを使用できるようにするには、そのシートの所有者であるか、管理者としてそのシートを共有されている必要があります (共有機能はビジネス プラン以上でのみご利用いただけます。詳細については、「プランと価格」のページをご覧ください)。

無題のフィルターと 有題のフィルター

Smartsheet では、無題のフィルターまたは有題のフィルターを使用してデータをフィルターします。どちらのフィルターを使用するかは、そのシートへの権限とフィルターを行う目的によって異なります。

  • 無題のフィルター: シートにアクセスできるユーザーなら誰でも無題のフィルターを使用できます。ユーザーがシートで作業をしている間、無題のフィルターには、ユーザーがシートに適用したフィルター条件が保持されます。また無題のフィルターの再利用や更新も可能ですが、無題のフィルターを一度に複数使用することはできません。
  • 有題のフィルター: シートに対し編集者以上の権限を持つユーザーなら誰でも、フィルターを保存して後で利用することができます。有題のフィルターは複数作成できます。シートの管理者および所有者は、そのシートにアクセスできるユーザーなら誰でもそのフィルターを使用できるよう、ほかのユーザーに有題のフィルターを共有することができます。

シートにフィルターが適用されているかどうかの見分け方

フィルターを適用すると、そのシートのすべてのビューにその影響が及びます。つまり、グリッド ビューでフィルターを使って行を非表示にすると、その行はカード ビュー、カレンダー ビュー、およびガント ビューでも非表示になります (Smartsheet のビューに関する詳細は「グリッド、ガント、カレンダー、およびカード ビュー」をご覧ください)。

シートにフィルターが適用されているかどうかは、フィルター メニューのフィルター名にて確認できます。

フィルターが適用された行数の確認

フィルターに含まれるアイテムの合計数を確認するには、Smartsheet ウィンドウの上部にあるフィルターボタンの上にカーソルを置きます。

フィルターにマウスオーバー

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ