Smartsheet アカウントへの参加招待を受け取った際の手順

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

Smartsheet のシステム管理者がユーザーにビジネス プランまたはエンタープライズ プランへの参加を招待すると、そのユーザーに電子メールで招待状が届きます。 または、Smartsheet アプリにてプロンプトで表示されることもあります。

注:

電子メールによる招待状を承諾する

  1. 次のメール アドレス:から届く招待状を見つけます: user@smartsheet.com
  2. 招待を承諾または却下するには、[続行] を選択します。

すでにログインしている場合は、アカウントに参加するよう求める通知が表示されることがあります。 招待を却下しても、アカウントおよび Smartsheet へのアクセス権は変わりません。

Smartsheet 有料プランの登録ユーザー

有料ユーザーがアカウントへの参加招待を承諾した場合

  • 以前のアカウントに対しては請求が発生しなくなります。 その後のお支払いは、招待状が送信されたアカウントによって処理されます。
  • 以前のアカウントは、招待状を送信したシステム管理者のアカウントに吸収されます。
    システム管理者によるユーザーおよび招待状の管理に関する詳細は、 「管理センター概要」をご覧ください。

アカウントに参加後

お客様のアカウントは新しいシステム管理者によって管理されます。 作成済みのシートには、そのシステム管理者が設定したグローバル アカウント設定が適用されます。 これにより、Smartsheet からの公開作業にも変化が生じ、カスタム ブランディング要素も変わることになります。

参加先のアカウントのシステム管理者は、以下のことが可能です。

ビジネス プランのシステム管理者

お客様がビジネス プラン (または、チームなどの旧プラン) のシステム管理者である場合、お客様自身とそのアカウント上のユーザーは以下のような影響を受けます。

  • アカウント上のすべてのアクティブ ユーザーは、招待状を送信したシステム管理者が所有するアカウントに移行されます。
    招待メールを送信するアカウントには、すべてのライセンス ユーザーを引き継げるだけの十分なユーザー ライセンスが必要です。
  • 自身のライセンス ユーザー、リソース管理者、グループ管理者、およびシステム管理者のアクセス権を保持するには、招待状を送信したユーザーに同じアクセス権を付与してもらう必要があります。
  • 統合されたアカウントのその他のライセンス ユーザー、リソース管理者、およびグループ マネージャーはすべて、そのままの既存のアクセス レベルを保持できます。
  • 統合されたアカウントのシステム管理者は、システム管理者のアクセス権を喪失します。
    参加先のアカウントのシステム管理者に、システム管理者のアクセス権を再付与してもらう必要があります。
  • 統合されたアカウントで設定されていたグループおよびリソース ビューはそのまま残ります。
  • 統合されたアカウントのグローバル設定はすべて、新しいアカウントの設定に上書きされます。