Smartsheet カレンダーを Google カレンダーと併用する

Smartsheet カレンダーを Google カレンダーと統合する場合、2 つのオプションがあります。

  • Google カレンダーに公開 このオプションを使用すると、Google カレンダーに Smartsheet で作成された日付を表示できます。 ただし、Google から Smartsheet にカレンダー アイテムを追加することはできません。
  • Smartsheet での Google カレンダーのオーバーレイ Smartsheet のカレンダー ビューでは、Google カレンダーをオーバーレイして、2 つのカレンダー間でタスクを比較できます。

注: この機能はシートでのみ機能します (レポートがカレンダー ビューに表示されている場合でもレポートとは連携していません)。

はじめる前に

  • シートごとに最大 600 のタスク (行) を公開またはオーバーレイできます。 作業中のタスクが 600 より多い場合は、代わりにiCal に公開する機能を使用できます。 詳しくは、Smartsheet カレンダーを iCal に公開をご覧ください。
  • この機能を使用するには、編集者レベル以上の権限で Smartsheet アイテムを共有されている必要があります。

Google カレンダーに公開

  1. カレンダー ビューに切り替えます。

    ツールバーのカレンダー ビュー

  2. [カレンダーを公開する] [Google カレンダーに公開] をクリックして、Google カレンダー ウィンドウを開きます。
  3. スライダーを [オン] に切り替え、Google カレンダーの名前を入力します。

    [Google カレンダーに公開] ウィンドウ
  4. [OK] をクリックします。

Smartsheet からのタスクはすべて Google カレンダーの新しいカレンダーに表示されます。 Smartsheet で新しいタスクを追加したり、既存のタスクを変更したりすると、変更は Google カレンダーに自動的に表示されます。

注: Google で Smartsheet タスクをドラッグして日付を変更しても、変更は Smartsheet に同期されません。 ただし、イベントの詳細で提供されるリンクを使用して、行を直接変更できます。

Google カレンダーのオーバーレイ

  1. カレンダー ビューに切り替えます。

    ツールバーのカレンダー ビュー

  2. [カレンダー のオーバーレイ] ボタン [Google カレンダーのオーバーレイ] をクリックして、[Google カレンダーのオーバーレイ] ウィンドウを表示します。
  3. スライダーを [オン] に切り替え、オーバーレイする Google カレンダーを選択します。

    Google カレンダーのオーバーレイ
  4. [OK] をクリックします。

Google カレンダーへの変更は Smartsheet で反映されます。 Google カレンダーのアイテムは読み取り専用であるため、Smartsheet では編集できません。

注:

  • 現在のブラウザー セッションで Google アカウントにログイン済みの場合は、Smartsheet に対して Google 資格情報を使用する権限を付与するよう求められます。 Google にログインしていない場合は、まず Google アカウント情報を入力する必要があります。
  • Google カレンダーのオーバーレイは自分だけに表示されます。シートの他の共同作業者には、あなたの Google カレンダーのオーバーレイは表示されません。