ショートカット ウィジェットの使用

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

ショートカット ウィジェットを使用すると、特定の URL、ファイル、または Smartsheet アイテムへのリンクまたはリンクのリストを作成できます。 このウィジェットを選択し、[ショートカットの追加] をクリックします。 [ショートカット タイプの選択] にて以下のいずれかを選択します。

  • URL: 宛先リンクを指定し、テキストを表示します。 内部サイト、外部サイト、フォームなど、あらゆるタイプのリンクを使用できます。
  • ファイル: [添付] をクリックして、オンラインで保存されている添付したいファイルを選択します。
    注: サポートされているオンライン ストレージ ドライブ (Google ドライブ、OneDrive、Box、Dropbox、Evernote、Egnyte) でホストされているファイルのみを添付できます。
  • Smartsheet アイテム: リンク先となるシート、フォルダー、レポート、ワークスペース、またはダッシュボードを選択します。
    注: そのアイテムを共有されているユーザーのみ、ダッシュボードからそのアイテムにアクセスできます (詳細については、ダッシュボードの共有に関する記事をご覧ください)。

ショートカットを指定したら、以下の手順を実施してウィジェットの外観を整えます。

手順:

次の手順を実行します。

ウィジェットのショートカットの配置方法を変更する

配置ボタンをクリックして、ウィジェットに表示するデータを左揃えや中央揃えにします。

 

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。 [カスタム タイトルの編集] をクリックし、ウィジェットのタイトルを入力します。

ウィジェットの各リンクの書式を設定する

ウィジェットのフィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

変更を加え、[完了] をクリックしてウィンドウを閉じます。