ソースがレポートにある場合のウィジェット コンテンツの制御

ダッシュボードにレポート ウィジェットを含める (またはレポートをデータ ソースとして使用するグラフ ウィジェットを作成する) 場合、データの表示方法を設定できます。 コンテンツの表示方法は、次の 2 つの視点から選択できます。

  • ウィジェット編集者の視点 — ウィジェットを最後に編集した人の視点で表示します。 表示される内容は、コンテンツを表示するユーザーの権限に基づいています。

    -or-
  • ダッシュボード閲覧者 (ダッシュボードを閲覧している人) の視点 — 表示されるデータは、その人自身の共有権限に基づいています。

この機能を使用できるユーザー

権限要件アイコン所有者または管理者権限を持つライセンス ユーザーは、ダッシュボード ウィジェットの追加や編集ができます。 また、ソースとして使用するレポートの所有者または管理者の権限も必要です。 ダッシュボードの閲覧者権限を持つユーザーであれば誰でも、最終編集時に付与されたデータと設定に従ってウィジェットを表示できます。
使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ。
 


レポート ウィジェットを設定して情報を表示する

注: これらの同じ手順を使用して、レポート データに基づくグラフ ウィジェットを設定できます。

ウィジェットを設定するには:

  1. 設定するウィジェットを選択し、Enter キーを押して編集します。
  2. [ウィジェットの編集] ウィンドウの上部にある [詳細オプション] をクリックして、[詳細オプション] ウィンドウを表示します。

    ダッシュボードの編集の詳細オプション
  3. [このウィジェットのデータをどのように表示しますか?] で、次のオプションのいずれかを選択します。
    • ウィジェット編集者: (あなたがウィジェット編集者です。) ウィジェット内のデータを自分が見ているのと同じように他の人にも表示させたい場合、および誰がダッシュボードを表示しているかにかかわらず、すべての閲覧者に対して同様に表示させたい場合に、このオプションを使用します。

      注: レポートに「現在のユーザー」フィルターが含まれている場合、レポート ウィジェットをダッシュボードに追加したユーザーは、ダッシュボードを表示している他のすべてのユーザーに対する現在のユーザーとして扱われます。 (たとえば、あなたに割り当てられたタスクはすべての閲覧者に表示されます)。現在のユーザーのレポート条件の詳細については、「レポートの作成」を参照してください。

      重要: このオプションを使用すると、ユーザーは他の方法ではアクセスできない情報を表示できます。 つまり、元になるシートで共有されていない場合でも、ユーザーはレポート ウィジェットに表示される情報にアクセスできます。
    • ダッシュボード閲覧者: ダッシュボードを閲覧している人がアクセスできるデータのみをレポートに表示する場合は、このオプションを使用します。 データを閲覧する人は、レポートの作成元のシートを共有されている必要があります。 元のレポートに「現在のユーザー」フィルターが適用されている場合、閲覧者には連絡先列に名前のある行のみが表示されます。 現在のユーザーのレポート条件の詳細については、「レポートの作成」を参照してください。
  4. 選択したら [OK] をクリックし、次に [終了] をクリックします。

以上です。 ウィジェットに指定した情報が表示されます。