Control Center ダッシュボードのグローバル更新

適用対象

Smartsheet Advance Package

ダッシュボードの グローバル更新では、ダッシュボード テンプレートを更新したり、更新後のテンプレートを既存の全プロジェクトへ展開したりすることが可能になります。

ダッシュボード テンプレートに対して以下の変更を行った際は、グローバル更新を使用します。

  • ダッシュボードの色やブランディング
  • ダッシュボード ウィジェットのバージョン
  • ウィジェットのレイアウト
  • ウィジェットの新規作成または削除

実施方法: ダッシュボードのグローバル更新

警告: グローバル更新では、更新を実行するたびにダッシュボード全体を再構築し、レポートやシートにウィジェットを再リンクさせることができます。 変更を元に戻すことはできないため、まずは 1 つのプロジェクトでのみ更新を実行し、その結果を確認してから、すべてのプロジェクトで実行するようにしてください。

ダッシュボード テンプレートの更新

Smartsheet にてブループリント ソース フォルダーを開き、ダッシュボード テンプレートを直接変更します。

ここでは以下のことが可能です。

  • 既存のウィジェットの変更
  • 新しいウィジェットの追加
  • 既存のウィジェットの削除
  • ウィジェットのレイアウトの更新

Control Center でのグローバル更新の作成

ダッシュボードのグローバル更新

  1. Control Center にて、操作したいプログラムを選択します。
  2. 画面上部で、[Manage Program (プログラムの管理)] > [Global Updates (グローバル更新)] の順にクリックします。
  3. [New Update (新規更新)] をクリックし、[Update Dashboards (ダッシュボードの更新)] を選択します。
  4. Update Dashboards (ダッシュボードの更新) ウィザードのステップに従って、作成していきます。

    ヒント: グローバル更新を作成したら、「予算ウィジェットの移動」など、その更新に名前を付けます。
  5. 画面下部の [Create & Run (作成して実行)] をクリックします。 (実行せずに更新を保存するには、[Close (閉じる)] をクリックします) 

グローバル更新の適用

更新を実行すると、Control Center が各プロジェクトを検索して、ID または名前を基準に、変更したダッシュボード テンプレートと一致するダッシュボードを見つけます。 また、一致するダッシュボードのないプロジェクトも表示します。これは、一致が見られなかったこと、またはそのプロジェクトが最初に作成されたときにはそのダッシュボードが含まれていなかったことを意味します。 更新を実行する際に、今回編集したダッシュボードをそうしたプロジェクトに追加することもできます。

  1. 選択したダッシュボードを確認します。

    更新のために選択されたプロジェクトは、以下のように区分されます。
    • Dashboards matched to current template ID (現在のテンプレート ID に一致するダッシュボード): これらのプロジェクトには、ブループリント ソース フォルダーのダッシュボード テンプレートから作成されたダッシュボードが含まれています。
    • Dashboards matched to current template name (現在のテンプレート名に一致するダッシュボード): これらのプロジェクトには、ブループリント ソース フォルダーのダッシュボード テンプレートと同じ名前のダッシュボードが含まれています。
    • No matching dashboards found (一致するダッシュボードなし): [Choose Dashboard (ダッシュボードの選択)] をクリックして、更新またはプロジェクトに追加するダッシュボードを選択します。
       
  2. [Apply (適用)] をクリックし、すべてのプロジェクト ダッシュボードを更新します。

    注: Control Center では、ダッシュボードが上書きされることになりますが、更新実行の前に、元のダッシュボードのバックアップが作成されます。 このバックアップは、元のダッシュボードと同じ場所に保存されるため、変更を戻したいときに参照することができます。
  3. 結果を確認します。 警告インジケーターには、ダッシュボード名に加え、更新で発生した問題が表示されます。 警告アイコンをマウス オーバーすると、その詳細が表示されます。

    Control Center グローバル更新の結果

 

ダッシュボードに対するグローバル更新を最大限に活用する

ダッシュボード テンプレートを直接変更しましょう。 たとえダッシュボード名の変更であっても、ダッシュボードと一致するプロジェクトを探すには、この方法が最も信頼できます。 プロジェクト内のダッシュボードは、ブループリント ソース フォルダーのダッシュボード テンプレートの直接的な子ダッシュボードだからです。 Control Center では、そうした子レポートを簡単に特定し、変更することができます。


よく寄せられる質問

ダッシュボードをカスタマイズしているプロジェクトもありますが、 そうしたカスタマイズは失われますか?

はい。プロジェクト内のダッシュボードを更新すると、まずすべてのウィジェットが削除され、その後、テンプレート ダッシュボードと一致するように再作成されます。

プロジェクトのダッシュボード名を変更しましたが、グローバル更新ではそのダッシュボードを見つけて、更新することができますか?

はい、可能です。

手動で追加したダッシュボードをテンプレートと一致するよう名称変更しましたが、グローバル更新ではこのレポートを認識しますか?

いいえ。 グローバル更新は、Control Center で作成されたダッシュボード、レポート、およびシートのみを認識します。

ダッシュボードを削除しましたが、グローバル更新を実行すると、そのダッシュボードが元に戻りますか?

そうしたプロジェクトは、[No matching reports found (一致するレポートなし)] セクションに表示されます。 グローバル更新でそのプロジェクトを選択し、[Choose Dashboard (ダッシュボードの選択)] をクリックして、[Add new dashboard (新しいダッシュボードの追加)] を選択します。 更新を実行すると、ダッシュボードが作成されます。

自分のプロジェクトをすべて確認できますか?

はい。 以前のグローバル更新とは異なり、ブループリントから作成されたプロジェクトはすべて確認することができます。

グローバル更新を再度実行することはできますか?

はい。 更新は何度でも実行できます。

グローバル更新を「元に戻す」ことはできますか?

いいえ。 ただし、ブループリント ソース フォルダーでテンプレート レポートを調整し、グローバル更新を再度実行することは可能です。


ダッシュボード ウィジェットへの更新に関するトラブルシューティング

ウィジェットはシートやレポートからデータを抽出します。 この場合にトラブルを回避するベストな方法は、ウィジェットの抽出元データが一貫性を失わず、かつ最新のデータであるようにすることです。 更新後にプロジェクト ダッシュボードのウィジェットが正しく動作しなくなった場合は、以下を確認してください。

  • すべての抽出元がプロジェクトに存在しているか?

    レポートまたはシートがプロジェクトから削除されていると、ウィジェットは必要なデータを見つけられなくなります。 後でプロジェクトに追加されたレポートまたはシートをウィジェットが参照している場合や、任意選択のためにアイテムが作成されていない場合にも、同様のエラーが発生することがあります。
  • シートにてデータが適切に構造化されているか?

    メトリックまたはグラフ ウィジェットでは、シートのセルにあるデータを表示します。 更新では、プライマリ列の列名および値とシート テンプレートとの一致により、そうしたセルを特定します。 もし一致が見られない場合、ウィジェットには「データがありません」と表示されます。 グローバル更新を正しく機能させるには、プライマリ列のデータを参照しないようにします。 プライマリ列にはメトリックの「名前」を含めるようにし、データは他の列に入れるようにします。
  • プログラム リードに、基盤となるプロジェクトやレポートへのアクセス権があるか?

    データが表示されるようにするには、アクセス権の変更が必要な場合もあります。

 


ダッシュボードのグローバル更新の ベスト プラクティス

Control Center で使用するダッシュボード テンプレートを構築する際は、グローバル更新時に発生する可能性のある問題を回避できるようにソース データを構造化することが重要です。

プライマリ列では重複した値や空白の値を避ける

プライマリ列がデータ範囲の一部として含まれていない場合でも、プライマリ列のデータは、グラフやメトリック ウィジェットに示される範囲の最初と最後の行の特定に使用されます。 ウィジェットのデータ範囲に含まれるプライマリ列は使用しないようにしましょう。

重複した値や空白の値が見つかると、グローバル更新を実行した際にウィジェットは壊れます。

ソース データを構造化する際は、以下のいずれかの方法を使用します。
 

  1. 重複した値を避けるには、行の命名規則を使用します。 たとえば、「プライマリ列」の行を 1、2、3、...のような形の数字にすると、 「プライマリ列」の値の重複を避けることができます。
  2. 階層を追加して重複した値を管理します。 この方法は、プライマリ列をウィジェットのデータ範囲に使用しなければならない場合に有効です。 以下の例をご覧ください。

 

この例では、プライマリ列に重複した値 (「Very High (非常に高い)」、「High (高い)」など) が含まれています。 しかし階層を使用すれば、グローバル更新の実行時に、重複した値に起因する問題を回避することができます。 これは、プライマリ列の参照が親行と子行に戻るためです。

注: この方法を使用すると、同じ名前の親行が複数あり、それらの親行の下に同じ名前の子行が複数ある場合も、重複した値を設定できます。

テンプレートに使用されるレポートにサンプル データが含まれていることを確認する

レポートがダッシュボード テンプレートのグラフ ウィジェットに使用されているにもかかわらず、グラフが作成されない場合は、プロジェクトをプロビジョニングする際に正しくマップされません。 レポート テンプレートにデータ ポイントが少なくとも 1 つ含まれていることを確認してください。

詳細は、「ダッシュボードのグラフ」をご覧ください。

テンプレート シートで参照されるセルにデータが含まれていることを確認する

データの欠落に関連するエラーは、テンプレート シートから参照されるセルに、データが何も含まれていない場合に発生する可能性があります。 これを避けるには、セルを右クリックして [セルの履歴を表示] を選択し、テンプレート シートにセルの履歴があることを確認します。