Control Center レポートのグローバル更新

適用対象

Smartsheet Advance Package

Smartsheet Control Center のレポートのグローバル更新 では、レポート テンプレートを更新したり、更新後のテンプレートを既存の全プロジェクトに展開したりすることが可能です。

レポート テンプレートに対して以下の変更を行った際は、グローバル更新を使用します。

  • 新しい列の追加または削除
  • 列の順番や幅の変更
  • 列の表示/非表示設定の変更
  • レポート条件の変更
  • 列の並べ替え順序の変更
  • シートのレポートへの追加またはレポートからの削除

また、グローバル更新を使用して、列の名前やタイプを変更した際や、そのレポートで使用しているシートに新しい列を追加した際にも、レポートを更新することができます。


実施方法: レポートのグローバル更新

警告: グローバル更新では、更新を実行するたびにレポート全体を再構築します。 変更を元に戻すことはできないため、まずは 1 つのプロジェクトでのみ更新を実行し、その結果を確認してから、すべてのプロジェクトで実行するようにしてください。

レポート テンプレートの更新

Smartsheet にてブループリント ソース フォルダーを開き、レポート テンプレートを直接変更します。

ここでは以下のことが可能です。

  • 列の追加/削除
  • 列の表示/非表示
  • 列の順序変更
  • 条件の変更
  • 並べ替え順序の変更
  • レポートに含まれるシートの更新

Control Center でのグローバル更新の作成

SCC グローバル更新

  1. Control Center にて、操作したいプログラムを選択します。
  2. 画面上部で、[Manage Program (プログラムの管理)] > [Global Updates (グローバル更新)] の順にクリックします。
  3. [New Update (新規更新)] をクリックし、[Update Reports (レポートの更新)] を選択します。

     
  4. Update Reports (レポートの更新) ウィザードの指示に従います。レポートの更新ウィザード

    ヒント:

    • グローバル更新を作成したら、「予算列のサイズ変更」など、その更新に名前を付けます。
    • レポートに含まれるシートを変更していない限り、[Update report sources (レポート ソースの更新)] トグルはオフにしておきます。
       
  5. 画面下部の [Create & Run (作成して実行)] をクリックします。 (実行せずに更新を保存するには、[Close (閉じる)] をクリックします) 

グローバル更新の適用

更新を実行すると、Control Center が各プロジェクトをチェックして、ID または名前を基準に、変更したレポート テンプレートと一致するレポートを見つけます。 また、一致するレポートのないプロジェクトも表示します。これは、一致が見られなかったこと、またはそのプロジェクトが最初に作成されたときにはそのレポートが含まれていなかったことを意味します。 更新を実行する際に、今回編集したレポートをそうしたプロジェクトに追加することもできます。

  1. 選択したレポートを確認します。

    Control Center グローバル更新内のプロジェクト セクション

    更新のために選択されたプロジェクトは、以下のように区分されます。
    • Reports matched to current template ID (現在のテンプレート ID に一致するレポート): これらのプロジェクトには、ブループリント ソース フォルダーのレポート テンプレートから作成されたレポートが含まれています。
    • Reports matched to current template name (現在のテンプレート名に一致するレポート): これらのプロジェクトには、ブループリント ソース フォルダーのレポート テンプレートと同じ名前のレポートが含まれています。
    • No matching reports found (一致するレポートなし): 一致するレポートが見つかりませんでした。 「レポートの選択」リンクをクリックして、更新またはプロジェクトに追加するレポートを手動で選択します。
       
  2. 各レポートの Source Mapping (ソース マッピング) ステータスを確認します。

    [Update report sources (レポート ソースの更新)]トグルをオンにしている場合、[Source Mapping (ソース マッピング)] ステータスには、レポート テンプレートの更新対象範囲にあるシートのうちいくつが、プロジェクトに含まれるシートと一致するかが表示されます。 更新対象範囲は、レポート ビルダーで設定されています。
     
    • 灰: レポートに含まれるシートは変更されません。
    • 緑: 更新対象範囲にあるすべてのシートが一致しました。
    • 黄: 更新対象範囲のうち少なくとも 1 つのシートが一致しました。
    • 赤: 更新対象範囲のどのシートも一致しませんでした。

    ソース マッピングの詳細

    オプション:
    ステータス マーカーをクリックすると、レポートごとにソース マッピングの詳細を確認することができます。 完全一致しなかったアイテムにて [Remap sheets (シートの再マップ)] をクリックすると、レポートを正しいシートにマップできます。
     
  3. [Apply (適用)] をクリックし、すべてのプロジェクト レポートを更新します。

レポートに対するグローバル更新を最大限に活用する

変更を行う必要がある場合は、レポート テンプレートを直接変更します。 レポート名の変更であっても、レポートと一致するプロジェクトを探すには、この方法が最も信頼できます。 プロジェクト内のレポートは、ブループリント ソース フォルダーのレポート テンプレートの直接的な子レポートであるため、 Control Center では、そうした子レポートを簡単に特定し、変更することができます。

テンプレートとブループリント ソース フォルダーに関する詳細は、「Smartsheet Control Center: ブループリント ソース フォルダーの概要」をご覧ください。


レポートのグローバル更新: よく寄せられる質問

プロジェクト内のレポートを手動で変更した場合、それらの変更は失われますか?

はい。グローバル更新では、プロジェクトのレポートとレポート テンプレートを一致させるよう、そうした変更を上書きします。

プロジェクトのレポート名を変更しましたが、グローバル更新ではそのレポートを見つけて、更新することは可能ですか?

はい、可能です。

手動で追加したレポートをテンプレートと一致するよう名前を変更しましたが、グローバル更新ではこのレポートを認識しますか?

いいえ、認識しません。グローバル更新は、Control Center で作成されたレポートおよびシートのみを認識します。

レポートを削除しましたが、グローバル更新を実行すると、そのレポートが元に戻りますか?

そうしたプロジェクトは、[No matching reports found (一致するレポートなし)] セクションに表示されます。 グローバル更新でそのプロジェクトを選択し、[Choose Report (レポートの選択)] をクリックして、[Add new report (新しいレポートの追加)] を選択します。 更新を実行すると、レポートが作成されます。

自分のプロジェクトをすべて確認できますか?

はい。以前のグローバル更新とは異なり、ブループリントから作成されたプロジェクトはすべて確認することができます。

グローバル更新を再度実行することはできますか?

はい。更新は何度でも実行できます。

グローバル更新を「元に戻す」ことはできますか?

いいえ。 ただし、ブループリント ソース フォルダーでテンプレート レポートを調整し、グローバル更新を再度実行することは可能です。