Smartsheet Control Center: ブループリントの概要

適用対象

Smartsheet Advance Package

Control Center でブループリントを作成すると、チームで、プロジェクト間に共通するタスクの遂行、メトリックの追跡、アイテムのレポートに一貫性を持たせることができます。

また、ブループリントには柔軟性もあるため、 ブループリントの作成時には、急ぎのプロジェクトのためのオプションや、時間に余裕のあるプロジェクトのためのオプションを含めることができます。 アジャイル型開発プロセスを踏むプロジェクトや、ウォーターフォール型プロセスを踏むプロジェクト用にブループリントを作成することもできます。また、プロジェクトのニーズの変遷に合わせてブループリントを変更することも可能です。

ブループリントは以下のアイテムで構成されています。

  • タスク リスト/シート、レポート、ダッシュボード: これらは Smartsheet で直接作成し、ブループリント ソース フォルダーに保存します。これらのシートには、プロジェクトの定義やステータス メトリックの計算用のプロファイル データを含めることができます。
  • データ収集シート (オプション): このシートはプロジェクトをリスト化し、プロジェクト作成時の管理を容易にします。 このシートは、ブループリント ソース フォルダーではなく、管理者のワークスペースに保存します。
  • ブループリント サマリー シート (オプション): このシートには、レポートで使用するデータを保存します。 このシートは、ブループリント ソース フォルダーではなく、管理者のワークスペースに保存します。

これらのアイテムを作成したら、ブループリント ビルダーを実行してブループリントを作成します。