Smartsheet Control Center: シートとフォルダーの制限とガイドライン

適用対象

Smartsheet Advance Package

この記事は、多くのプロジェクトを一括して管理する際の制限およびガイドラインの参照として、ご利用ください。

ブループリント ソース フォルダー

ベストな結果を得るためには、ブループリント ソース フォルダーに含めるアイテム (シート、レポート、ダッシュボード、サブフォルダー) を 75 個以内に収めることを推奨します。

シートの制限

データ収集シート

データ収集シートにて通常のシートの上限に達した場合、それ以上プロジェクトを作成することはできません。 その条件とは以下のとおりです。

  • 20,000 行
  • 400 列
  • 50 万セル (行と列の組み合わせに関係なく)

データ収集シートに新たにスペースを作るには:

  • 却下されたプロジェクトの行を削除します。却下されたプロジェクトの履歴を残したい場合は、[Copy to Another Sheet (別のシートにコピー)] コマンドを使用してデータ収集シートをもう 1 つ作成し、そこに却下されたプロジェクトの行をコピーします。 その後、元の却下されたプロジェクトの行を削除することで、新たなスペースを確保します。 詳しくは、「行を別のシートへコピー」をご覧ください。
  • プロジェクトのアーカイブを実行して、完了したプロジェクトをデータ収集シートから削除します。

ブループリント サマリー シート

ブループリント サマリー シートの上限に達しても、プロジェクトを作成することは可能です。しかしそれらのプロジェクトのプロファイル データはブループリント サマリー シートにリンクされません。

ブループリント サマリー シートに新たなスペースを作るには:

  • 不要なプロファイル データ列を削除します。
  • サマリー シートにある余分な列を削除します。
  • 複数のサマリー シートを使用します。
  • プロジェクトのアーカイブを実行して、完了したプロジェクトの行を削除します。

以下の上限は、作成およびリンクできるプロジェクトの数に影響を与えるものです。そのためブループリント サマリー シートを作成する際は、こうした上限を考慮する必要があります。 以下の各計算のなかの最小値で上限が決まります。

ヒント:  スペースを空ける必要がある場合は、プロジェクトのアーカイブを使用しましょう。

サマリー シート

100,000 インバウンド セル リンク: プロジェクトのプロファイル データにセル リンクされる、サマリー シートの列も、セル リンクの上限にカウントされます。 プロファイル データにリンクされる列の数で 50,000 を割った数が、プロジェクトの上限数になります。

たとえばプロジェクトのプロファイル データにリンクされているサマリー シート内の列の数が 43 であった場合、100,0000 / 43 = 2,325 で、プロジェクトの上限数は 2,325 個となります。

Smartsheet でのシート当たりのインバウンド セル リンクの上限は 20,000 です。 しかし Control Center では、この上限を 100,000 に引き上げることができます。 20,000 のセル リンク上限に達したとのメッセージを受け取った場合は、Smartsheet のカスタマー サクセス マネージャーまたは相談窓口にご相談ください。

シート当たり 500,000 セル: サマリー シートの列 (プロファイル データにリンクされるかどうかは問いません) の数で 500,000 を割った数が、そのシートに保存できるプロジェクトの上限数になります。

たとえばサマリー シートに 125 の列があった場合、プロジェクトの上限数は 4,000 となります 500,000 / 125 = 4,000

シート当たり 20,000 行:  Smartsheet では 1 シートにつき 20,000 行を上限としています。