組織/団体内の既存の Smartsheet プランに参加する

すでに Smartsheet をお試しいただいており、Smartsheet の価値もご理解いただき、ライセンスも取得可能であるなら、Smartsheet のすべての機能を活用できるようにしましょう。そのための最も簡単な方法は、社内ですでにお持ちの Smartsheet アカウント用のライセンスをリクエストして、これを取得していただくことです。そのためには、そのアカウントのシステム管理者に直接連絡する必要があります。

システム管理者による Smartsheet の設定方法によっても異なりますが、このリクエストを Smartsheet アプリから実行できる場合もあります。

このページの内容

注: システム管理者は、管理下にある Smartsheet アカウントにてこの機能を有効にするかどうかを設定することができます。詳細については、このページの後半にあるシステム管理者向けの情報をご覧ください。

既存のアカウントへの参加をリクエスト

所属する組織/団体の Smartsheet のシステム管理者が「アカウントの検出」を有効にしていた場合、以下のいずれかの方法にて既存のアカウントに自分自身を追加することができます。

  • 「アカウントに参加」メッセージに返答—既存のアカウントへの参加を促すメッセージが届いている場合は、参加したいアカウント名を選択し、[参加を希望] をクリックします。
  • 既存の Smartsheet の [プランと請求先情報] から参加—Smartsheet にて [アカウント] (画面右上) を選択します。左パネルの [プランと請求先情報] を選択し、[アカウントに参加] をクリックします。

リクエス欄に必要な情報を入力し、[送信] をクリックします。

参加希望者が行うべき操作はここまでです。あとはシステム管理者が処理します。システム管理者があなたをアカウントに追加する意向である旨の電子メールが届いたら、処理がうまく進んでいると判断できます。

システム管理者向けの情報

「アカウントの検出」を使用すれば、アカウントへのユーザー追加もユーザー管理もこれまでよりずっと簡単になります。

組織/団体の中で無料の共同作業者として Smartsheet を使用しているユーザーも、Smartsheet を試用中のユーザーも、組織/団体内のどの Smartsheet アカウントに参加可能かを視覚的に把握することができるようになります。そのためこれらのユーザーは簡単にライセンスをリクエストでき、システム管理者も電子メールから直接承認や却下を行うことができるようになります。

組織/団体内のユーザーがアカウントを検出し、そのライセンスをリクエストできるようにするには、システム管理者およびアカウントは以下の条件を満たす必要があります。

  • そのアカウントの有料ライセンスを持つシステム管理者であること。
  • 組織/団体が所有する有効なドメイン アドレスを使用しているアカウントであること—@gmail.com のような一般的な ISP ドメインを使用したアドレスは有効とみなされません。
  • 管理下にあるどのプランで使用するドメインでも、自動ユーザー プロビジョニングを有効にしていないこと。詳細については、「自動ユーザー プロビジョニング (エンタープライズ プランのみ)」をご覧ください。

ユーザーのアップグレードとライセンスの許諾

「アカウントの検出」機能を有効にすると、組織/団体内のほかのユーザーから Smartsheet アカウントへの参加を要請するリクエストが届くことになります。参加リクエストは、次のような文章の電子メールにて届きます: アカウント名〇〇にライセンス ユーザーとしての登録を希望いたします。

このようなメッセージが届いた場合、ライセンスを許諾しそのアカウントを設定するには、[アカウントに追加] をクリックして [アカウント管理] フォームを開きます。

「アカウントの検出」の有効化/無効化

アカウントの検出を有効/無効にするには:

1. [アカウント]> [アカウント管理] > [アカウント設定] の順にクリックします ([アカウント] はSmartsheet 画面の右上にあります)。

2. [アカウントの検出] の横にある [編集] をクリックします。[有効化] にチェックが付いていることを確認し、[保存] をクリックします (この機能を無効にする場合はチェックを外します)。

ヒント: この機能を有効にする場合は、アカウントを所有する部門やグループが明確にわかるようなアカウント名になっているようにしてください。たとえば、MBF 社のマーケティング部で使用しているアカウントなら、「MBF マーケティング」というようなアカウント名にすると、社内の人は会計部など別の部門のアカウントと容易に区別できるでしょう。

アカウント名の変更方法については、「主な連絡先とアカウント名の変更 (チーム/エンタープライズ プランのみ)」をご覧ください。

「アカウントの検出」に関する管理上のトラブルシューティング

アカウントへのアクセス リクエストをするはずがないと思われる人からアカウントへの参加リクエストを受け取った場合は、Smartsheet のサポート チームまでご連絡ください