組織/団体内の既存の Smartsheet プランに参加する

適用対象

Smartsheet
  • Business
  • Enterprise

Smartsheet をお試し後、気に入っていただけたら、Smartsheet が提供するすべての機能を利用できるよう、ライセンスを取得しましょう。 一番簡単な方法は何ですか? Smartsheet のライセンスを取得する簡単な方法の 1 つは、お客様の組織にすでに存在するアカウントにライセンスをリクエストすることです。 そのためには、アカウントのシステム管理者に直接連絡してください。

お客様の組織のシステム管理者が Smartsheet を構成している方法によっては、Smartsheet アプリケーションから直接このリクエストを行うことができる場合があります。

注: お客様がシステム管理者の場合、管理している Smartsheet アカウントでこの機能を利用できるかどうかを完全に制御できます。 詳細については、この記事で後述する「システム管理者向け情報」を参照してください。

既存のアカウントへの参加をリクエストする

お客様の組織の Smartsheet システム管理者がアカウントの検出を有効にしている場合は、次のいずれかの方法を使用して、既存のアカウントに自分を追加できます。

  • 「アカウントに参加」メッセージに返信する—既存のアカウントに参加するかどうかを尋ねるメッセージが表示された場合は、参加したいアカウントの名前を選択して、[参加のリクエスト] をクリックします。
     
  • ご自分の Smartsheet インスタンスのプランと請求先情報を介して参加するアカウントの検出ツールを開いて使用するには、こちらをクリックしてください。または、Smartsheet から参照してください。 [アカウント] (Smartsheet のウィンドウの左下) を選択して開始します。 左のペインから、[プランと請求先情報] を選択し、[アカウントに参加] をクリックします。

リクエストに情報を入力し、[送信] をクリックします。

以上です。 あなたの作業はこれで完了です。残りはシステム管理者が行います。 システム管理者があなたをアカウントに追加したいと記載された電子メール メッセージを受信したら、処理は問題なく完了しています。

システム管理者向け情報

アカウントの検出を使用すると、アカウントにユーザーを追加したり、組織内のユーザーを管理したりするのがはるかに簡単になります。

組織/団体で Smartsheet を無料アカウントの共同作業者として使用しているユーザーや Smartsheet を試用中のユーザーは、組織/団体のどの Smartsheet アカウントを利用できるかを視覚的に確認できます。 そうしたユーザーは簡単にシステム管理者にライセンスをリクエストすることができ、システム管理者は電子メールから直接ワンクリックでこれを承認することができます。

組織/団体のユーザーがあなたのアカウントを見つけてライセンスをリクエストできるようにするには、あなたとあなたのアカウントが次の基準を満たしている必要があります。

  • アカウントの有料ライセンスを持つシステム管理者である必要があります。
  • アカウントでは、組織が所有する有効なドメイン アドレスを使用する必要があります。@gmail.com などの一般的なインターネット サービス プロバイダー (ISP) ドメインを使用したアドレスは対象外となります。
  • 管理するプランで使用するドメインでは、自動ユーザー プロビジョニングを有効にしてはいけません。 詳細については、自動ユーザー プロビジョニングを使用してエンタープライズ アカウントにユーザーを自動的に追加する方法を説明した記事をご覧ください。

ユーザーをアップグレードしてライセンスを付与する

アカウントの検出機能を有効にすると、Smartsheet アカウントへの追加を求める組織内のユーザーからのリクエストが表示されるようになります。 以下のような文面の電子メールでリクエストを受けます。 アカウント名アカウントのライセンス ユーザーとしての追加をリクエストします。

3 通の電子メール メッセージが送信されることに注意してください。1 通はすぐに、1 通は 48 時間後に、1 通はリクエストの 10 日後に送信されます。

このようなメッセージを受け取ったら、[アカウントに追加] をクリックして [アカウント管理] フォームに移動します。そこから、ライセンスを付与してアカウントを設定できます。

アカウントの検出を有効化または無効化する

アカウントの検出を有効化または無効化するには:

  1. Smartsheet 画面左下の [アカウント] から [プランと請求先情報] > [アカウント設定] を選択します。
  2. [アカウントの検出] の横にある [編集] をクリックします。 [有効] がオンになっていることを確認し、[保存] をクリックします (この機能を無効化するには、チェックボックスをオフにします)。

ヒント: この機能を有効化する場合は、アカウント名がそれを所有する部門またはグループ名を明確に反映していることを確認してください。 たとえば、MBF Corp. のマーケティング部門で使用されているアカウントの Smartsheet システム管理者の場合、 MBF Marketing というアカウント名にすると、組織内の他のユーザーが、たとえば MBF Corp. の経理部門と区別しやすくなります。

Smartsheet アカウント名を更新する方法については、「アカウント名またはご利用プランに指定している主な連絡先を変更する」を参照してください。

アカウントの検出に関する管理者の問題のトラブルシューティング

アカウントへのアクセスをリクエストすべきではないと思われるユーザーからリクエストを受け取った場合は、サポート チームまでご連絡ください