Smartsheet for Outlook アドオン

この ヘルプ記事 は以下の学習トラックで取り上げています

Smartsheet for Outlook アドオン (旧称: Smartsheet App for Outlook) によって、Outlook 受信トレイを離れることなく、Smartsheet タスクの作成と編集、および、Smartsheet を使用したリアルタイムでの共同作業が可能になります。 また、電子メールのメッセージや添付ファイル/リンクをシートの行やディスカッションに追加すると、すべての共同作業者による閲覧や処理の実行が可能になります。

この機能を使用できるユーザー

権限要件アイコン 所有者、管理者、または、編集者の権限を持つユーザーは、Outlook アドオンを使用して Smartsheet アイテムにコメントを追加できます。.

使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ。

はじめに

Smartsheet for Outlook アドオンは、サポートされている Microsoft アカウントと併せて使用すると Outlook と連動します。

サポートされている Outlook のバージョン:

  • Windows 版 Outlook 2013 以降
  • Mac 版 Outlook 2016
  • iOS 版 Outlook
  • Android 版 Outlook
  • Web 版 Outlook

サポートされているアカウント タイプ:

  • Outlook.com アカウント
  • Office 365 Business 
  • Office 365 Business Platinum
  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5 

注: (ローカルにホストされている) Microsoft Exchange オンプレミス版システムはサポートされていません。

 

アドオンをインストールして Outlook を Smartsheet に接続する

このアドオンを使用するには、まず Microsoft Office Store (https://store.office.com) からインストールし、次に Smartsheet アカウントに接続します。 (ユーザー本人または Microsoft アカウント上の管理者によって) アドオンがインストールされたら、Outlook アカウントを Smartsheet アカウントに接続してください。

注: 1 台のデバイスからインストールするだけで準備が完了します。 一度インストールすれば、サイインしているその他のデバイスでも使用できるようになります。

コンピューターからアドオンをインストールする

コンピューターから Smartsheet for Outlook アドオンをインストールするには、

  1. Office Store で、[Smartsheet for Outlook アドオン] に移動し、[追加] ボタンをクリックします。
  2. メッセージが表示されたら、サポートされている Microsoft アカウントでサイインします。 (当該アカウントは Outlook に使用して「いるメール アドレスです。)」

iOS または Android からインストールする

iOS または Android デバイスから Smartsheet for Outlook アドオンをインストールするには、

  1. iOS 版 Outlook または Android 版 Outlook アプリで、[設定] > [アドオン] の順に選択します。
  2. Smartsheet のプラス アイコンをタップします。

アドオンのインストール手順は、 「モバイル デバイス版 Outlook」の Microsoft サポート ページにも記載されています。

Outlook アカウントと Smartsheet アカウントを接続する

Outlook アカウントと Smartsheet アカウントを接続するには、

  1. Web 版 Outlook (https://outlook.office365.com/) に移動し、サポートされている Microsoft メール アドレスに送信された電子メールを開きます。
  2. Smartsheet ロゴをクリック 電子メール本文の右上にある Smartsheet ロゴをクリックして Smartsheet アドオン パネルを開きます。

    Web 版 Outlook

    注: 電子メールの右上に Smartsheet ロゴが表示されない場合は、サポートされている Microsoft メール アドレスに送信された電子メールを開いてください。

    Smartsheet for Outlook のインストール権限を求めるアドオン パネルが Outlook ウィンドウの右側に表示されます。
     
  3. アドオン パネルで、[インストール] を選択し、Smartsheet アカウントに接続する権限を与えます。

    Outlook をインストールする
     
  4. Outlook ウィンドウの右側にあるアドオン パネルで、[Smartsheet に接続] を選択します。
  5. 表示されたウィンドウで、Smartsheet アカウントにログインして [許可] をクリックします。

これで完了です。 インストールおよび接続が完了すると、Smartsheet for Outlook アドオンが Smartsheet アカウントからホーム ディレクトリを表示します。 アドオンは、サポートされている Microsoft アカウントでサインインしている互換性のあるその他のバージョンの Outlook でもすぐに使用できるようになります。

Smartsheet for Outlook アドオンを使用する

作業を追跡する際、受信トレイを離れることなく、電子メール メッセージをシート内の新しい行または既存の行に追加します。 Outlook からシートを開くと、即座に Smartsheet のシート データが表示されます。

複数のバージョンの Outlook から Smartsheet for Outlook にアクセスする

アドオンをインストールすると、サポートされている Microsoft 電子メール アカウントで使用している全バージョンの Outlook から利用できるようになります。 Smartsheet for Outlook アドオンを使って電子メール メッセージをシートに追加する方法は、ご利用の Outlook バージョンによって異なります。

Web 版 Smartsheet for Outlook

Web 版 Smartsheet for Outlook にアクセスするには、

  1. サポートされている Microsoft メール アドレスに送信された電子メール メッセージを開きます。
  2. Outlook に Smartsheet パネルを表示するには、電子メールの右上にある Smartsheet ロゴ Smartsheet ロゴを選択します。
    Web 版 Outlook
    アドオン保有数によっては、電子メールの他のアドオンの横にある [アドオン キャレット] を選択してから Smartsheet を選択する必要があります。

    アドオン キャレット

注: Smartsheet for Outlook アドオンが表示されない場合は、インストールする必要があります。

Smartsheet for Outlook 2013 以降のバージョン (Mac 版 Outlook 2016)

Outlook デスクトップ版からアドオンにアクセスするには、

  1. サポートされている Microsoft メール アドレスに送信された電子メールを開きます。
  2. Outlook ウィンドウの右上にある [Smartsheet に追加] を選択します。
    Outlook デスクトップ版
    注: Smartsheet for Outlook アドオンが表示されない場合は、インストールする必要があります。

iOS および Android 版 Smartsheet for Outlook

iOS および Android 版の Outlook アプリケーションからアドオンにアクセスするには、

  1. サポートされている Microsoft メール アドレスに送信された電子メールをタップして開きます。
  2. アドオン アイコン アドオンモバイルSmartsheet ロゴの順にタップして Smartsheet に追加します。
  3. Smartsheet for Outlook アドオンが表示されない場合は、インストールする必要があります。

電子メールおよび添付ファイル/リンクを行に追加する

電子メールおよび添付ファイル/リンクを Smartsheet の新しい行または既存の行に追加します。

規定では、新しいコメント (電子メールのメッセージ本文をコメントとして使用) が行に追加されます。

ヒント: アドオン パネル上部にあるシート名をクリックするとシートが開き、Smartsheet 内で作業ができます。 シートは新しいブラウザー タブで開きます。

Smartsheet 内のシートに電子メール情報を追加するには、

  1. サポートされている Microsoft メール アドレスに送信された電子メールを開きます。
  2. Outlook ウィンドウの Smartsheet アイコンを選択します。 この操作はご利用の Outlook バージョンによって異なります。
  3. Outlook で電子メールの内容を追加したいシートを見つけて選択するには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • アドオン パネル上部にある検索フィールドにシート名を入力します。
    • アドオン パネルの検索フィールドの下にある Smartsheet ホーム ディレクトリから探します。
  4. 電子メールの内容をシートに追加するには、次のオプションがあります。
    • 新しい行として追加する: 電子メールを新しい行としてシート下部に追加するには、アドオン パネル下部にある [行を追加] を選択します。
    • 既存の行に追加する: 電子メールをシート内の既存の行に追加するには、アドオン パネル内で該当する行を選択します。

      アプリが更新を実行し、その行のプライマリ列の既存データをすべて表示します。 新しい行を追加する場合は、プライマリ列が電子メールの件名に表示されます。
  5. 完了したら、右下の [保存] をクリックします。 変更はすぐに Smartsheet 内のシートに適用されます。

電子メール情報をシートに追加する際には、以下の点に留意してください。

  • [詳細を表示] を選択すると、シートの他の列の確認や、必要に応じてその編集ができます。
  • 規定では、新しいコメント (電子メールのメッセージ本文をコメントとして使用) が行に追加されます。 必要に応じてコメントを変更できます。
  • コメントではなく電子メールを列に表示させたい場合は、コメント フィールドからコピーして適切なフィールドにペーストし、その後コメントから情報を消去します。
  • 電子メールの添付ファイル/リンクもすべて規定で行にアップロードされます。 添付ファイル/リンクをアップロードしたくない場合は、添付ファイル/リンク名の横にあるチェックボックスをオフにします。
  • アドオン パネル上部にあるシート名をクリックするとシートが開き、Smartsheet 内で作業ができます。 シートは新しいブラウザー ウィンドウで開きます。

Outlook から既存のシートを開く

Outlook から Smartsheet アカウントにアクセスできるシートを検索して、新しいブラウザー ウィンドウで開くことができます。

Outlook からシートを開くには、

  1. Smartsheet for Outlook が接続された、サポートされている Microsoft アカウントに送信された電子メールを開きます。
  2. Outlook ウィンドウの Smartsheet アイコンを選択します。 この操作はご利用の Outlook バージョンによって異なります。
  3. Outlook で開きたいシートを見つけて選択するには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • アドオン パネル上部にある検索フィールドにシート名を入力します。
    • アドオン パネルの検索フィールドの下にある Smartsheet ホーム ディレクトリから探します。
       
    対象のシートを選択すると、そのシートのプライマリ列データが表示されます。
     
  4. アドオン パネル上部にあるシート名を選択します。 新しいブラウザー ウィンドウでシートが開きます。

 


Outlook から編集できない Smartsheet データ

以下の値は Outlook アドオンのシートでは更新が実行できないため、ユーザーのシートで直接編集する必要があります。

  • 数式を含むセル。
  • 依存関係が有効化されているシート上の終了日または期間の値。 ただし、開始日と期間の値を変更して終了日を変えることができます。 (依存関係機能の詳細については、「依存関係の有効化および先行タスクの使用」をご覧ください。)
  • セルごとに複数の連絡先が入力されている連絡先リスト列。 (詳細はこちらをご覧ください。)

Smartsheet for Outlook アドオンのトラブルシューティング

アドオンをインストールしましたが、メッセージに Smartsheet アイコンが表示されません。

  • Smartsheet アイコン Smartsheet ロゴサポートされている Microsoft メール アドレスに送信された電子メールにしか表示されません。
  • Web 版 Outlook の場合、アドオン保有数によっては、電子メールの他のアドオンの横にある [アドオン キャレット] を選択してから Smartsheet を選択する必要があります。

自分の Microsoft アカウントがサポートされているかどうかを知るには、どうすればよいですか?

どの Microsoft アカウントがサポートされているかは、こちらで確認できます。

自分の Outlook バージョンを確認するには、どうすればよいですか?

ご利用の Outlook バージョンは、こちらの「Microsoft サポート」記事で確認できます。