iOS 用の Smartsheet を使いこなす

iPhone および iPad 用の Smartsheet アプリは、フル機能を備えたコンピューター ブラウザー版アプリケーションのコンパニオンとしてデザインされており、外出中の Smartsheet のデータへのアクセスや編集をサポートします。

iOS 用の Smartsheet アプリのご利用には、iOS 12 以降のバージョンが必要です。

Apple App Store

iOS アプリをインストールして起動すると、既存の Smartsheet アカウントへのログイン、または 30 日間の無料お試しを開始できます。

既存のアカウントにログイン

すでに Smartsheet のアカウントをお持ちの場合は、次のログイン オプションを選択できます。

  • Smartsheet — Smartsheet に登録しているメール アドレスを入力し、[ログイン] を選択します。 次の画面で、Smartsheet のパスワードを入力し、[続行] を選択します。
  • シングル サインオン (SSO) — このオプションは、通常、所属先によりあらかじめ設定されるものです。 メール アドレス (会社のメール アドレスの可能性が高い) を入力し、[ログイン] を選択します。 次の画面で、[組織/団体アカウント] を選択します。 所属先の SSO ログイン システムにより、Smartsheet と接続されログインします。
  • Google — [Google] を選択し、次の画面で Google の資格情報を入力します。
  • Office 365 for Business — [ワーク アカウント] を選択し、次の画面で Office 365 for Business の資格情報を入力します。

プランのアップグレード

Smartsheet のアクティブなサブスクリプションをお持ちでない場合、iOS アプリから個人プランをご購入いただけます。 個人プランは 1 回払いとなり、有効期限は 6 か月です。

注: 現在 iOS アプリからは、6 か月契約の個人プランのみご購入いただけます。 ほかのプランへのアップグレード、またはサブスクリプションの自動更新をご希望の場合は、コンピューター ブラウザーからフル バージョンの Smartsheet にサインインしてください。

iOS デバイスから個人プランを購入するには

  1. 画面左上のアカウント設定アイコン設定ギア をタップします (アイコンが表示されていない場合は、[ホーム] 画面に移動します)。
  2. [アカウントのアップグレード] > [購入] をタップします。

Apple ID の資格情報を入力するように求められます。入力すると、Apple ID に紐づけられた支払い方法宛てに請求処理が行われます。