メトリック ウィジェットの使用

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

メトリック ウィジェットでは、シートの1 つ以上のセルのデータを表示できます。

メトリック ウィジェットを使用してシートからデータを追加するには、そのシートに対して閲覧者以上の権限が必要です。

このウィジェット タイプを選択し、[データの追加] をクリックして、表示したいデータの入ったシートとセルを選択します。

データ ソースとしてグリッド データまたはシート サマリー データを選択するオプションがあります。

  • グリッド データを選択した場合、メトリック ウィジェットに表示したいセルを選択し、[OK] をクリックします。
  • シート サマリー データを選択した場合、表示したいシート サマリー フィールドのボックスにチェックを入れ、[OK] をクリックします。

データの選択

  • データをグリッド形式で表示したい場合は、最初にレポートを作成し、レポート ウィジェット タイプを使用する必要があります。
  • 元のシートに追加された新しいフィールドまたは元のシートから削除されたフィールドを表示したい場合は、メトリック ウィジェットでも手動でフィールドを追加または削除する必要があります。

表示するデータを選択したら、以下の手順を実施してウィジェットの外観を整えます。

手順

次の手順を実行します

ウィジェット内のデータの配置方法を変更する

ウィジェットのプロパティ パネルで、[上下に並べて表示] または [左右に並べて表示] をクリックします。

 

ウィジェットにタイトルを付ける

コンフィギュレーターの [タイトル] セクションで、[タイトルを表示] をオンに切り替えます。

ウィジェットの各フィールドの書式を設定する

ウィジェットのフィールドを直接クリックし、ツールバーで利用できる書式の一覧から書式を選択します。

元のシートの書式設定を有効にしてフィールドに表示する

フィールドをクリックし、[セルの書式設定の使用] をクリックします。

 

ウィジェットの動作 (ウィジェットをクリックしたときの動作) を編集する

ウィジェットの編集中に、コンフィギュレーターで [ウィジェットの動作] に移動し、オプションの「このウィジェットがクリックされた場合」リストからオプションを選択します。 これらのオプションには以下のものがあります。 :

  • 何もしない (アクションなし)
  • 元のシートを開く
  • URL 先に移動する
  • Smartsheet アイテムを開く