Tableau 統合向け Smartsheet で貴重なインサイトを獲得

Smartsheet のデータを Tableau にインポートし、ビジネスに不可欠なその他のシステムのデータを統合して、ユーザー全員に貴重な分析データとインサイトを提供します。 IT チームによるその他のソフトウェアのインストールや維持を必要としない、Tableau の ウェブ データ コネクタ (WDC) テクノロジーを用いた統合機能です。

Tableau 統合向け Smartsheet は、ビジネス プランまたはエンタープライズ プランのお客様向けとなっています。 詳細は、Smartsheet の「Smartsheet のプラン」ページをご覧ください。

Tableau 統合向け Smartsheet で、ユーザーは以下を実行できます。

  • Smartsheet の複数のシートまたはレポートのデータを抽出データとして 1 つのTableau レポートに取り込む
  • 複数のシートやその他のソリューションで複雑なジョインを作成して Tableau ダッシュボードに取り込む
  • Smartsheet のデータを含む Tableau レポートを Tableau サーバーまたは Tableau Online でパブリッシュする

Tableau の抽出に関する詳細は、Tableau のヘルプ記事をご覧ください。

はじめに: 要件

Smartsheet のビジネス プランまたはエンタープライズ プラン ユーザーが統合機能を利用できます。 以下も必要です。

  • 有効な Tableau ライセンスを所持していること
  • Tableau Desktop (バージョン 10.4 以上) をインストール済みで、Tableau Online または Tableau サーバーでデータのホスティングが可能なこと
  • サポートされている Mac または Windows OS のいずれかの統合機能を使用すること (要件は 「Tableau の技術仕様」を参照)

Smartsheet と Tableau の接続

  1. Tableau Desktop を開きます。
  2. 左側の [Connect (接続)] パネルで、[Web Data Connector (ウェブ データ コネクタ)] を選択します。

    注: [Web Data Connector (ウェブ データ コネクタ)] が見つからない場合は、[To a Server (サーバーへ)] セクションに進み、[More (その他)] をクリックし、[Web Data Connector (ウェブ データ コネクタ)] を選択します。
    サーバーへ接続のその他ボタン
  3. Web Data Connector (ウェブ データ コネクタ) の URL として https://tableau.smartsheet.com/tableau と入力し、[Enter (確認)] をクリックします。
  4. Smartsheet の資格情報を入力してログインします。
  5. 「Allow Access (アクセス許可)」のメッセージが表示された場合は、[Allow (許可)] をクリックして、Tableau 統合向け Smartsheet の統合機能による Smartsheet アカウントのアイテムへのアクセスを許可します。
  6. Smartsheet アカウントから既存のシートまたレポートを選択します。

    Smartsheet アイテム ピッカー
     
  7. [Import Data (データのインポート)] 設定を選択して、Tableau 上での Smartsheet の文字列/数値列の表示方法を管理します。
    • 数値として - 列の値のすべてが数値の場合 (すべての値が数値の場合、それらは数値としてインポートされます。 テキストは 0 としてインポートされます。)
    • 数値として - ほぼすべての列の値が数値の場合 (列の値の半分以上が数値の場合、それらは数値としてインポートされます。 それ以外の場合は、テキストとしてインポートされます。)
    • テキストとして - すべての列はテキストとしてインポートされます。

      注: 列内の空白のセルはテキストとみなされ、列はテキストとしてインポートされます。 この場合、「if most of the column values are numbers (ほぼすべての列の値が数値の場合)」 のオプションの使用を検討してください。
       
  8. シートまたはレポートからメタデータをインポートするかどうかを選択します。 選択すると、メタデータには以下が含まれます。
     
    添付ファイル/リンク数 行 ID
    子 ID 行番号
    ディスカッション数* 親 ID
    ディスカッション テキスト* シート ID
    期間 (秒) シート名
    アウトライン レベル ワークスペース ID
    先行タスク ID ワークスペース名
    先行タスク ラベル  

    *これらのメタデータは、シート レベルおよび行レベルのコメントを参照しています。
     
  9. [OK] をクリックして設定を完了し、抽出としてデータを Tableau にインポートします。

Smartsheet のデータが Tableau に同期されると、Tableau で [Data Sources (データ ソース)] 画面が表示されます。 ここでは、その他のデータ ソースを追加したり、Tableau でワークシートを作成したりすることができます。

[Update Now (今すぐ更新)] をクリックして、データを読み込むと結果が表示されます。

最新の情報に更新されたデータ

Tableau Server または Tableau Online でデータをパブリッシュ

Tableau でダッシュボードやワークブックを設計すると、別の Tableau ユーザーが閲覧できるようにデータ ソースをパブリッシュできます。

(Tableau Serverのみ) [Web Data Connector (ウェブ データ コネクタ)] を [Safe List (セーフ リスト)] に追加する

Tableau Server で Smartsheet のデータをパブリッシュするには、Tableau Server の管理者が [Web Data Connector (ウェブ データ コネクタ)] を [Safe List (セーフ リスト)] に追加する必要があります。

  • これにより、https://tableau.smartsheet.com/tableau がチームの Tableau Server に接続されます。
  • ウェブ データ コネクタ (WDC) を Tableau Server のセーフリストに追加する場合、追加コマンドで tsm data-access web-data-connectors URL 部分にポート番号 443 を含めます。

Tableau Server のセーフリストにウェブ データ コネクタとポート番号を追加する方法については、Tableau のヘルプ記事をご覧ください。

パブリッシュ済みのワークブックに資格情報を埋め込む

  1. Tableau Desktop で、パブリッシュしたいワークブックを開きます。
  2. [Server (サーバー)] を選択して、[Publish Workbook (ワークブックのパブリッシュ)] をクリックします。
  3. 必要に応じてパブリッシュ設定を変更して、[Data Sources (データ ソース)] パネルで [Edit (編集)] をクリックします。
  4. [Authentication (認証)] のドロップダウン リストから [Embedded (埋め込み済み)]を選択します。

    注: これにより、この接続の埋め込み済みの資格情報を使って更新できます。
     
  5. [Publish (パブリッシュ)] ボタンをクリックします。

    tableau publish workbook

Tableau の Smartsheet のデータを更新

Smartsheet をデータ ソースとして接続すると、手動で更新したり、シートまたはレポートの新しい変更をスケジュールに従って抽出したりすることができます。

Tableau Desktop の手動更新

上部のツールバーで、 [Run Update (更新の実行)] アイコンをクリックしてすべてのデータを最新の情報に更新し、Smartsheet からすべての新しい変更を抽出します。

注: [Run Update (更新の実行)] アイコンが使用できない場合 (以下の画像のようにグレー化されている場合) は、[Data (データ)] > [Refresh All Extracts (すべての抽出の更新)] の順に選択して、データ ソースを一度に更新します。

グレー化された Tableau の更新

Tableau Server の更新スケジュールの設定

Tableau Extracts 向け Smartsheet に接続されているワークブックをパブリッシュした場合は、カスタム更新スケジュールも作成できます。 スケジュールの作成方法については、Tableau のヘルプ記事をご覧ください。

注: パブリッシュ済みのワークブックが 14 日間にわたって更新されていない場合は、もう一度パブリッシュする必要があります。

Tableau のリソース

Tableau で外部リソースを使用する方法は以下のとおりです。

  • Tableau Desktop を始める前に」- 8 つのステップで基本的な機能やTableau Desktop について学べる学習チュートリアルです。
  • Tableau の学習動画 - Tableau が提供する無料動画は、ワークブックの作成や他のユーザーとワークを共有する方法について説明します。

    注: Tableau の使用方法に関しては、Tableau サポートまでお問い合わせください。