Smartsheet を Tableau (WDC) やその他のアプリと接続する (ODBC)

適用対象

Smartsheet
  • Business
  • Enterprise

Smartsheet for Tableau 統合

Smartsheet for Tableau 統合で貴重なインサイトを獲得することができます。 Smartsheet for Tableau により、Mac ユーザーも Windows ユーザーも豊富な機能を利用できるようになり、また使い勝手も向上します。 Smartsheet for Tableau は Tableau の Web データ コネクタ テクノロジー (WDC) 上に構築されているため、維持やインストールにその他のソフトウェアを必要としません。

統合に関する詳細については、Smartsheet for Tableau に関するヘルプ記事をご覧ください。

その他の ODBC 支援サービスを使って統合する

Smartsheet ライブ データ コネクタを使用すれば、業界標準の ODBC を使って Smartsheet とサードパーティーのツールを接続できます。 これにより、ビジネス ユーザーは、Tableau、QlikView / Qlik Sense、Microsoft Excel といったビジネス向けデータ分析・可視化ソフトウェアを使用して、Smartsheet 内に保存されているデータを操作したり可視化したりすることができます。

ここで説明する機能は、ビジネス プランまたはエンタープライズ プランのライセンス ユーザーのみ利用可能です。 プランと料金の詳細については、プランと価格ページをご覧ください。

ライブ データ コネクタでは、インターフェイスに Microsoft のオープン データベース コネクティビティ (ODBC) を使用しているため、データにアクセスする際の標準として SQL を使用してデータベース管理システム (DBMS) のデータにアクセスできます。

最新版 ODBC ドライバーのダウンロードはこちらから。

ライブ データ コネクタで外部のツールに接続してできることはさまざまありますが、以下にその例をご紹介します。

  • Smartsheet の 1 つまたは複数のシートに保存されているデータを使用して、Excel で表、グラフ、ピボット テーブルなどの可視化アイテムを作成する
  • Smartsheet の 1つまたは複数のシートに保存されているデータを使用して、Tableau でレポートを作成する

こちらをクリックして Smartsheet ライブ データ コネクタに関する資料をご覧ください。 この資料には、技術的要件、ドライバーのインストールやほかのサービスとの接続に関する説明、FAQ、トラブルシューティングのヒントが掲載されています。

統合に関する FAQ

Power BI を使用していますが、ODBC を構成できません。

Power BI は認証と承認に Internet Explorer 11 を使用するため、IE 11 のサポート終了により、一部の Power BI Desktop ユーザーは ODBC を構成できなくなる場合があります。 これに対処するには、Power BI のバージョンを更新してください。

  1. Power BI をアンインストールします。
  2. コンピューターを再起動します。
  3. Power BI をダウンロードして再インストールします。 2021 年 8 月以降のバージョンをインストールしたことを確認します
  4. Power BI のセキュリティ設定 ([ファイル] > [オプション] > [セキュリティ]) で、[既定の Web ブラウザーを使用する] を有効にします。