Smartsheet アカウントに関連付けられたメール アドレスを変更する

Smartsheet アカウントに関連付けられているプライマリ メール アドレスは以下の用途で使用します。
  • ログイン認証として
  • 通知およびリマインダーの送信先として
  • リソース管理 の際のアカウントの動きを追跡するため

別のプライマリ メール アドレスを使用したい場合は、[個人用の設定] ウィンドウ ([アカウント] > [個人用の設定] の順でクリック) にて変更できます。

注:複数のアカウントで同じメール アドレスを使用しようとすると、エラー メッセージが届きます。その場合の対処方法については、「問題: メール アドレスが追加できない」を参照してください。
 
 

アカウントに関連付けられたメール アドレスの管理

 
  1. [アカウント] > [個人用の設定] > [プロファイル] の順でクリックします。
  2. [メール アドレスの管理]
    をクリックします。


    [メール アドレスの管理] では以下のことが可能です。

    • アカウントに新たなメール アドレスを関連付ける: メール アドレスを入力し、[メール アドレスの追加]
      をクリックします。
      注: 代替メール アドレスの追加を完了するには、そのアドレス宛てに送信された確認用電子メールに含まれるアクティブ化用リンクをクリックします。

    • 別のメール アドレスをプライマリ メール アドレスにする: [プライマリにする] をクリックします。

 
 

問題:メール アドレスが追加できない


すでに Smartsheet で使用しているメール アドレスを追加しようとすると、そのメール アドレスを追加できない旨のエラー メッセージが届きます。必要なメール アドレスをアカウントに関連付けるには、以下のいずれかを実行してください。

方法 1: 第 3 のメール アドレスを使って変更する

他のユーザーとシートを共有しており、その共有を保持したい場合は、この方法を選択します。この方法を実施するには、第 3 のメール アドレス (Smartsheet に使用していないアドレス) を使用する必要があります。
  1. メール アドレスを「追加できない」旨のエラー メッセージを受け取ったら、アカウントに関連付けようとしたメール アドレスで Smartsheet にログ インします。
     
  2. 上述のステップに従って、そのアカウントのプライマリ メール アドレスを第 3 のメール アドレスに変更します。
     
  3. 変更後、もう一方のアカウント (メール アドレスを「追加できない」旨のエラー メッセージを受け取ったときのアカウント) に使用したいメール アドレスを削除します。これを行うには、そのメール アドレスの右にある [x] をクリックします。
     
  4. ログアウトし、そのメール アドレスを使用したいアカウント (エラー メッセージを受け取ったときのアカウント) にログインし直します。上述のステップに従い、必要なメール アドレスを追加します。

方法 2: 有料サブスクリプションを移行する

現在の (有料) サブスクリプションに関連付けられているメール アドレスに、共有されているシートがない場合、この方法を選択します。有料サブスクリプションを移行するには、「有料サブスクリプションの移行」に従ってメール アドレスを変更します。

これらの方法について不明な点がある場合や、どのように実施してよいかわからない場合は、Smartsheet までご連絡ください。サポート チームが喜んでお手伝いいたします。