共有と共同作業

シート、レポート、およびダッシュボードの共有

Smartsheet のアイテム (シート、レポート、またはダッシュボード) を共有したり、チーム メンバーからの共有リクエストを許可したりすることで、ほかのメンバーとの共同作業が可能になります。 適切な共有方法は、共有するアイテムの数や共有する人数によって異なります。...

インフォグラフィック: ユーザー タイプと共有権限の説明

Smartsheet の利点のひとつは、さまざまな方法で情報を共有できることです。Smartsheet の使い方に慣れてきたら、共有権限レベルと Smartsheet アカウントのユーザー タイプの違いを理解すると、より効率的に仕事ができます。 ユーザー タイプの違いの概要は以下の通りです。...

共有権限レベル

ほかのユーザーにシートを共有する際には、そのユーザーの共有権限レベルを、「閲覧者」、「編集者 」、または「管理者」から指定します。共有アイテム (シート、レポート、またはワークスペースなど) 上で共同作業者が使用できる機能は、権限レベルにより決まります。...

新しい共同作業者への情報

Smartsheet シートを共有されたのは初めてですか? Smartsheet では、無料で簡単かつ安全にほかのユーザーと共同作業ができます。受信した共有通知のリンクをクリックして Smartsheet のパスワードを作成します。すると、すぐにシートへ移動します。...

シート、レポート、またはダッシュボードの所有権の変更

ユーザー間でのシート、レポート、またはダッシュボードの所有権の移行は、アイテムごとに移行することも、一括移行 (チーム/ビジネス/エンタープライズ プランのシステム管理者のみ) することも可能です。 シートやレポートの所有権は、ライセンス ユーザーに対してのみ移行できます。...

電子メールの添付ファイルとしてレポートを共有

レポートに集約した情報を Smartsheet で共有する方法のひとつとして、添付ファイルとして電子メールで送信できます。一度だけ送るほか、定期的にレポートを自動配信するように設定することも可能です。送信前にはレポートが実行され、常に最新情報が反映されます。...

複数の共同作業者との作業

複数のユーザーが同じシートで作業している場合は、通知されます。Smartsheet 上では以下のように表示され、作業中のユーザーやそのユーザーが行った変更について把握することができます。 アクティブ ユーザーのアイコン ([共有] ボタンの横)。...

更新リクエストの手動送信

シートを共有されていないユーザーに行を更新してもらう必要がある場合、または誰かにシートを開かずにいくつかの行を更新してもらう必要がある場合は、それらのユーザーに更新リクエストを送信します。 注: ここでは、一回限りの更新リクエストを手動で送信する方法について説明しています。...

シートの情報を電子メールで共有

シートやレポートの情報を電子メールで送信する方法はいくつかあります。 目的 方法 読み取り専用データを送信する。 注: Smartsheet アカウントを持っていない受信者に、シートの行の編集権限を与えたい場合は、更新リクエストを使用してください。...

ワークスペースにブランディング (色やロゴ) を適用する

ワークスペースを作ると、使用中のアカウントの色設定やロゴが受け継がれます (詳細は色とロゴに関する記事をご覧ください)。 ワークスペースの所有者であるか、管理者レベルの共有権限を持つユーザーであれば、色やロゴを変更し、ワークスペース内のアイテムをブランディングすることができます。...

添付ファイルを電子メールで送信

シートまたはワークスペースにアクセスできるユーザーは、関連するファイルを電子メールでほかのユーザーに添付ファイルとして送信できます。電子メールを送信すると、メールを受信したユーザーはメールのリンクから添付ファイルのコピーをダウンロードできます。...

更新リクエスト: 最新の情報の入力を自動で促す

更新リクエストを使用すると、ほかのユーザーに最新の情報の入力を自動でリクエストすることができます。 たとえば、割り当てられたタスクの期限が過ぎてしまっているメンバーに、情報を更新するよう Smartsheet から自動的にリクエストすることができます。...

フォームを使用して情報を収集する

フォームを作成して共有することで、あらゆる種類の情報 (例: アンケートの回答、購入の問い合わせ、製品注文) を収集して、シート内に整理して保存することができます。フォームを作成すると、ほかのユーザーと共有できます。...

データ入力を制御し、列に特定の値のみを許可する

Smartsheet は、データの入力に関しては柔軟性を発揮します。 ほかのユーザーがシートまたは Web フォームに入力できる値を制御する場合は、[列の挿入] または [列のプロパティ] ウィンドウの下にある [次に制限…] チェックボックスを使用します。...

シート、レポート、またはダッシュボードの公開

シート、レポート、またはダッシュボードを公開すると、Smartsheet にログインしなくても誰でもアクセスできる独自の URL と、Web サイトのソース コードに埋め込んでシートやレポートを表示できる iFrame コードが生成されます。...

Smartsheet カレンダーを iCal に公開

Smartsheet では統合システムを提供しているため、Zimbra、Outlook (Windows 向け)、iCal 形式など多くのカレンダー プログラムでタスクを表示することができます。Google カレンダーのユーザーは、カレンダー ビューと相互にデータの直接同期を行うことが可能です。...

[マイ Smartsheet 連絡先] リストの連絡先の管理

Smartsheet の連絡先を使用してすばやく共同作業ができます。たとえば、Smartsheet での電子メールの送信やシートの共有、タスクの割り当てなどに連絡先を使用します。 [マイ Smartsheet 連絡先] リストを使って、連絡先の管理ができます。...

ワークスペースの概要

ワークスペースは、グループ内で多数のアイテムを共有する必要がある場合に便利です。たとえば、クライアントごと (クライアントに合せて各ワークスペースをブランディングすることもできます)や、部門ごとにワークスペースを作成することができます。...

フォルダーやワークスペースのコピー

アクセス可能なあらゆるフォルダーまたはワークスペースのコピーを作成できます。ワークスペースやフォルダーをコピーすると、新しいプロジェクトやクライアント向けのシートが簡単に作成できます。...

ワークスペースのアイテムを管理

ワークスペースを作成すると、その所有者か、または管理者レベルの共有権限を持つユーザーは、そこに新しいアイテムを作成したり、ワークスペースの中や外へアイテムを移動したり、またはアイテムを削除したりできます。 ワークスペースの作成方法については、ワークスペースの作成に関する記事をご覧ください。...

ワークスペースの共有

ワークスペースを共有すると、ワークスペースに含まれているすべての項目へのアクセス権をそのユーザーに付与することになります。共有されたユーザーは、左パネルの [ホーム] > [ワークスペース] をクリックしてワークスペースにアクセスできます。...

ワークスペースの所有者を移行する

組織内で人事異動などがあると、ワークスペースの所有者の移行や引き継ぎが必要になる場合があります。 ワークスペースを使用すると、複数の Smartsheet アイテム (シート、レポート、ダッシュボード) の整理や共有を合理的に行うことができます。...

ワークスペースの作成

複数の Smartsheet アイテムを同時に共有するには、ワークスペースを使用します。 たとえば、一連のシート、レポート、およびダッシュボードを共有するには、組織内の特定の部署で共有しているワークスペースに、該当するアイテムを保存します。...

色とロゴで Smartsheet をブランディング

カスタム ブランディング (色やロゴ) を適用して、組織/団体のブランド認知を維持できます。適用したカスタム ブランディング (色やロゴ) は Smartsheet アプリだけでなく Smartsheet から送信される電子メールにも表示されます。...

質の高いロゴを作成して Smartsheet アイテムをブランディング

以下のガイドラインに従っていることを確認して、Smartsheet 用の最高のロゴを作成しましょう。 300 ピクセル x 52 ピクセルのロゴを作成します。50% の大きさ (150 ピクセル x 26 ピクセル) に縮小してもロゴが鮮明に見えることを確認してください。...