エンタープライズ アカウントの高度な機能とセキュリティ

エンタープライズ アカウントは、ビジネス プランのすべての機能に加え、セキュリティ、管理、および可視性を強化するエンタープライズ プラン独自のツールを備えています。

エンタープライズ プランのセキュリティ管理についての詳細をご覧ください。

エンタープライズ プランのセキュリティ制御設定

エンタープライズ プランのシステム管理者は、セキュリティ制御を設定して、Smartsheet 上でのユーザーの作業方法を管理できます。始めるには、[アカウント]  > [アカウント管理] の順に選択し、次に [アカウント管理] ウィンドウの左パネルにある [セキュリティ制御] を選択します。

システム管理者は以下のことができます。

この機能を使用できるユーザー

「権限要件アイコン」 Smartsheet アカウントのシステム管理者は、セキュリティ制御を設定できます。

「使用可能プラン アイコン」 こちらで解説している機能は エンタープライズ プランでのみ使用できます。


承認済みドメイン共有リストの設定

この機能を使用して、ドメインまたは特定のメール アドレスによって共有を制限します。たとえば、この機能を使用すると、会社のメール アドレスを持つユーザーにのみシートを共有できます。これを実行するには許可リストを設定します。

注: 

  • ユーザーは Smartsheet から制限されたドメインやメール アドレスに電子メールを送信できません。
  • ドメインを許可リストに追加する際、サブドメインは含まれないため、許可リストにサブドメインを個別に追加する必要があります。 たとえば、「company.com」を許可リストに追加しても、「portal.company.com」は許可リストに含まれません。 (どちらのドメインも許可リストに追加する必要があります。)
  1. [アカウント] > [アカウント管理] > [セキュリティ制御] を選択します。
  2. [承認済みドメイン共有] セクションで [編集] を選択します。

    [承認済みドメイン共有リスト] ウィンドウが表示されます。
     
  3. [以下に一覧表示されているドメインとメール アドレスに対してのみ、Smartsheet での共有を有効にする] チェックボックスをオンにします。
  4. [承認済みドメイン] ボックスに、ユーザーに共有を許可する電子メール ドメイン (たとえば、 companydomain.com) を入力します。

    注: 各ドメインは別々の行に表示される必要があります。

    許可されたドメイン以外にユーザーが共有すべき特定のメール アドレスがある場合は、承認されたメール アドレス ボックスに入力します。

    ヒント: 組織/団体のプランのメンバーが追加のドメインまたはメール アドレスを include list (許可リスト) に追加するようシステム管理者にリクエストするためのフォームへのリンクを提供します。 リンクは、プラン内のユーザーが Smartsheet のアイテムを include list (許可リスト) に含まれていないユーザーに共有または電子メールで送信しようとした場合に、Smartsheet ウィンドウに表示されます。 リンクに使用できるもの:
    • 組織/団体が使用している既存のシステムの URL (IT チケット発行サイトなど)
    • Smartsheet フォーム (詳細については、フォームに関する記事をご覧ください)
       
  5. [OK] を選択します。

承認済みドメインとアドレス共有 (Approved Domain & Address Sharing) 機能を有効にすると、アカウントのユーザーは、次の場合に承認済みドメインのメール アドレスを使用する必要があります。

  • シートおよびワークスペースの共有
  • 行の送信
  • フォーム リンクの使用
  • アラートまたはリクエスト (アラート、リマインダー、更新リクエスト、承認リクエスト) を手動または自動で送信

ドメイン制限が有効になる前に共有されていた Smartsheet アイテムは、承認済みドメインの外部のユーザーと引き続き共有されます。 シート アクセス レポートを生成して、どのアイテムが誰と共有されているかを確認できます。詳細については、こちらを参照してください。

承認済みドメイン共有リストの変更

リストを変更するには、次の手順に従います。

  1. [アカウント] > [アカウント管理] > [セキュリティ制御] を選択します。
  2. [承認済みドメイン共有] セクションで [編集] を選択します。
  3. [セキュリティ制御] フォームの [編集] ボタンを選択します。
  4. リストからドメイン/アドレスを追加、編集、削除し、[OK] を選択します。

機能を無効にするには、[編集] ボタンを選択し、[有効] チェックボックスをオフにして、[OK] を選択します。


グループ オプションの変更

グループ管理者がグループに追加できるユーザーのタイプを制限します。 たとえば、アカウント内のユーザーのみに制限することも、グループ内のすべてのユーザーと外部の連絡先を含めることも可能です。

  1. [アカウント] > [アカウント管理] > [セキュリティ制御] を選択します。
  2. [グループ メンバーシップ オプション] セクションの [編集] をクリックします。

    [グループ管理オプション] ウィンドウが表示されます。
     
  3. グループ メンバーシップを [アカウント内のユーザーのみに限定] するかどうか選択します。 このオプションを選択すると、グループ管理者は [ユーザー管理] 画面に表示されたユーザーのみグループに追加できます。

グループの作成と管理についての詳細は、グループの管理のヘルプ記事をご覧ください。


認証オプションの管理

Smartsheet のすべてのお客様は、メール アドレスと Smartsheet パスワードを使用してログインするか、複数のシングル サイン オン オプションから選択できます。 システム管理者は必要に応じてこのようなログイン オプションを無効にできます。

詳細については、エンタープライズ プランの認証オプションの管理 (システム管理者) の記事をご覧ください。
 


自動ユーザー プロビジョニングを有効にする

自動ユーザー プロビジョニングを使用すると、Smartsheet のエンタープライズ アカウントへのユーザー追加処理が自動化されます。 この機能を有効にすると、組織/団体のメール アドレスを使って Smartsheet に新規登録する場合、ユーザー管理 画面からユーザーを手動で招待することなく、自動的にユーザーを追加できます。 ユーザーに付与したいアクセス権限に従って、「ライセンス ユーザー」または「ライセンスなしユーザー」のいずれかとして自動追加できます。

詳細は「自動ユーザー プロビジョニング」をご覧ください。 処理の完了には DNS に記録を追記する必要があります。そのため、内部の技術者によるサポートが必要となる場合があります。