依存関係のあるガント チャート

ガント チャートに依存関係を追加すると、プロジェクトのタイムラインおよび個々のタスクの関係を効率的に管理することができます。先行タスクの開始日または終了日が変更されると、タイムラインの依存タスクの日付が変更を反映したものに自動的に更新されます。

依存関係のあるガント チャート

Smartsheet のインタラクティブなガント チャートを使用すると、自信を持ってプロジェクト計画を公開できます。ドラッグ アンド ドロップするだけで、タスクの開始日や終了日を変更したり、タスク間に依存関係を作成したりすることが可能です。

ステップバイステップの手順に従ってガント チャートを作成します。

ガント チャートを使った作業

  次の解説ビデオへ移動する: ガント チャート ビュー

ガント チャートでは、各タスクをタイムラインにバーとして表示することで、タスクの視覚的理解を助けます。バーの長さはそのタスクの開始日から終了日までを示します。



少なくとも 2 つの日付列を含むシートまたはレポートでガント ビュー に切り替えると、ガント チャートが表示されます。

ガント チャートの作成方法には、次の3通りがあります。
ガント ビューでは、グリッド列とガント チャートの間の区切り線が画面を分割します。この区切り線を左右にドラッグすると、いずれかのセクションの幅を広げることができます。

ガント チャートの一番上のプライマリおよびセカンダリ タイムラインを調整することで、異なる時間単位を使ってタスクを表示できます。タイムラインの下の拡大または縮小アイコンをクリックしてタイムライン表示を切り替えます。



ヒント: ガント チャートの左上のギア アイコン をクリックして、[プロジェクト設定] を開き、タイムライン表示を編集できます。ここから、プライマリまたはセカンダリ ヘッダー (日付や週の名前の形式など) を変更したり、表示ラベルのドロップダウン メニューから列を選択してガント チャートのタスクバーの隣に表示するテキスト列を設定したり、チャートを本日の日付で開くかどうかを選択したりすることもできます。

ガント チャートの左にあるグリッド部分には、以下のようなプロジェクト シート固有の列が表示されます。
  • 開始日
  • 終了日
  • % 完了 (オプション)
  • 期間 (オプション)
  • 先行タスク (オプション)
    : オプション列はガント チャートを表示する際には必要ありませんが、シートの依存関係を有効にする場合は使用されます。
各列は、タイムラインと、自動設定された依存関係機能をサポートするようにプログラムされています。シートの [プロジェクト設定] では、依存関係を有効にしたり、非稼働日や祝祭日を設定したり、1 日の長さ (時間) を設定したりできます。これらのオプションはレポートでは使用できません。

ヒント: 依存関係を有効にすると、プロジェクトのクリティカル パスを確認できます。

シートのプライマリ列では、階層を使用することで、データをインデントしてセクションに分けることができます。各セクションは展開と折りたたみが可能で、これによりセクション内のタスクの表示/非表示を切り替えます。子行は開始日と終了日に基づいて、ガント チャートの個別タスク バーとして表示されます。そのシートで依存関係が有効になっている場合は、各親行には子行のサマリーが表示されます。プロジェクト シートの列では、親行の値は自動計算されるため、編集できません。依存関係が有効でなければ、親行のデータは編集可能です。
: 行の階層はレポートには表示されません。

シートのガント チャートのバーを右クリックして、[色設定] を選択すると、バーの色を変更できます。また、条件付き書式を使ってタスク バーの色を自動的に変更することも可能です。 レポートでは、関連付けられたシートに適用された形式がガント バーの背景色に反映されています。シートからバーの色を変更すると、レポートのバーの色も更新されます。

[プロジェクト設定][% 完了] 列を設定している場合、この列に値が入力されると、そのタスクのガント バーの表示にも反映されます。



ガント チャートを印刷するには、PDF、画像、または Microsoft Project (.xml) 形式にてエクスポートします。

 Smartsheet ブログのサポート ヒントをご覧ください。ガント チャートを印刷するには
 
基本的なガント チャートの作成方法については、以下のビデオをご覧ください。


さらに高度なガント チャートの機能については、以下のビデオをご覧ください。

YouTube にアクセスできない場合は、こちらをクリックしてビデオを視聴することもできます。

 Smartsheet ブログのサポート ヒントをご覧ください。セル リンクを使ってマスター ガント チャートを作成するには

トップに戻る  

ステップバイステップの手順に従ってガント チャートの依存関係を有効にします。

依存関係の有効化および先行タスクの使用

 「依存関係のあるガント チャート」の解説ビデオへ移動する

シート所有者と、シートへの管理者権限を持つ共同作業者は、特定のプロジェクト シート列間の自動化 (値の自動計算) を実現する依存関係機能を有効にすることができます。シートの依存関係を有効にすると、先行タスクの列を使用してタスク間に依存関係を作成することもできます。先行タスクの開始日や終了日を変更すると、依存タスクの日付も自動的に変更されます。
 
 

プロジェクト シートでの依存関係の有効化

  1. 任意の列ヘッダーの下にあるドロップダウン矢印 をクリックし、[プロジェクト設定の編集] を選択します。または、ガント チャートの左上にあるギア アイコン をクリックします。
  2. [依存関係の有効化] チェックボックスをオンにします。
  3. 先行タスクの列および期間の列として使用する列をそれぞれ指定します。これらの列がシートにない場合は、依存関係を有効にする際に自動的に作成されます。


依存関係を有効にすると、以下の機能がシートでアクティブになります。
  • 期間の列、開始日の列、および終了日の列の値の自動計算 - これらの値のうち 2 つをタスクに対して入力すると、3 つ目が自動計算されます。

  • 期間の列と先行タスクの列の値をタスクに対して入力すると、プロジェクト設定として指定されている稼働日に基づいて開始日および終了日が自動的に計算されます。期間の表示形式 (太字) と入力形式の例は以下のとおりです。
    • 週: 2週間、2週、2w
    • 日 (端数なし): 4日、4日間、4d
    • 日 (端数あり): 3.5日、3.5日間、3.5d
    • 時間: 7時間、7時、7h
    • 分: 60分、60分間、60m
    • 秒: 500秒、500秒間、500s - ミリ秒: 50000ミリ秒、50000ミリ秒間、50000ms
    • 単位の組み合わせ: 4時間 30分、4h 30m
    • 継続期間: 継続3日継続5時間継続3.5日のように表示されますが、e3d、e5h、e3.5d と入力してもかまいません。また、「継続」の代わりに「継続期間」や「継続時間」と入力することもできます。タスクに対して継続期間を使用すると、非稼働日が考慮されません。つまり、タスクの開始日と終了日は、稼働日や非稼働日にかかわらず、指定した継続期間に基づくことになります。
    ヒント: プロジェクト設定ウィンドウ ([依存関係設定] が選択されている) の [稼働日] セクションで [編集] をクリックすると、稼働日や非稼働日だけでなく、稼働日の稼働時間 (1 日の作業時間) も柔軟に指定できます。

  • 親行では、以下の項目が自動計算されます。
    • 子行で最も早い開始日に基づいた開始日
    • 子行で最も遅い終了日に基づいた終了日
    • 開始日と終了日の差に基づいた期間 (端数の有無にかかわらず稼働日の日数で表記)
    • 子行の完了率の加重値に基づいた % 完了
    注: 依存関係が有効になっている場合、親行の値は読み取り専用です (自動計算されるため)。子行 (サブタスク) の値に変更を加えると、親行の値も自動的に更新されます。詳細は、「親行ロールアップ機能」をご覧ください。

  • チーム プランまたはエンタープライズ プランのリソース管理者の場合は、リソース管理機能を使用できます。

  • ガント チャート上でプロジェクトのクリティカル パスを赤色でハイライトし、全体的なプロジェクト期間に影響を与える一連のタスクを視覚的に表示できます。

依存関係が有効になっている場合、サブタスクの終了日と、先行タスクによって影響を受けているサブタスクの開始日は、レポート、行の更新リクエスト、または iOS アプリや Android アプリを通じて編集することはできません。ただし、サブタスクの開始日期間を変更して終了日の値を自動的に再計算することは可能です。

 Smartsheet ブログの次のサポート ヒントをご覧ください:セル リンクを使用してマスター ガント チャートを作成する方法

依存関係を無効にするには:任意の列ヘッダーの下にあるドロップダウン矢印をクリックして [プロジェクト設定の編集] を選択し、[依存関係の有効化] チェックボックスをオフにしたら、[OK] をクリックします。これで、シートの列間の自動化 (値の自動計算) が解除されます。

  トップに戻る
 

先行タスク

先行タスクを指定すると、2 つのタスク間に依存関係を作成できます。先行タスクは、先行タスクの行番号を先行タスクの列に入力することにより指定できます。これにより、現在の行 (依存タスク) から指定行 (先行タスク) へのリンクが作成されます。既定では、このリンクにより 2 つのタスクの間に終了 - 開始 (FS) の関係が作成され、依存タスクの開始日は先行タスクの終了後になるようスケジュールされます。

1 つのタスクが複数のタスクに依存するように指定することも可能で、この場合は行番号をコンマで区切って入力してください。Smartsheet では、依存タスクの日付を判断する際にすべての先行タスクが考慮に入れられるようになります。たとえば、終了 - 開始 (FS) の関係では、依存タスクの開始日はすべての先行タスクの中で最も遅い終了日の後になるように設定されます。



ガント チャートから先行タスクの依存関係を作成することも可能です。先行タスクから後続タスクへと、タスクを完了させる順にガント バーの端をドラッグ アンド ドロップしてください。

ヒント:先行タスクの列では、別のシートのタスクを参照することはできません。ただし、依存タスクの開始日の列にセル リンクを作成することは可能です。このセル リンクにより、ほかのシートにある先行タスクの終了日が表示されるようになります。このように指定しておけば、先行タスクの終了日を変更しても依存タスクの開始日が自動的に更新されるようになります。

先行タスクの列でセル内の鉛筆アイコン  をクリックすると、高度な依存関係を指定できる [先行タスクの編集] ウィンドウが開きます。ここで選択できる依存関係タイプは以下のとおりです。
  • 終了 - 開始 (FS) - 先行タスクの終了後に依存タスクが開始する (既定)
  • 終了 - 終了 (FF) - 先行タスクの終了と同時に依存タスクも終了する
  • 開始 - 開始 (SS) - 先行タスクの開始と同時に依存タスクも開始する
  • 開始 - 終了 (SF) - 先行タスクの開始前に依存タスクが終了する



ヒント: 期日を変更できないプロジェクトの場合や、イベント日が決定されていて動かせない場合などには、「開始 - 終了 (SF)」タイプを使用すると、期日やイベント日から逆算してタスクをスケジュールできて便利です。このように設定するには、シートの行に最終的な期日やイベント日 (先行タスク) を入力した後、その上の行に依存タスクを入力します。

先行タスクの情報を入力すると、[先行タスクの編集] ウィンドウで新しい行が使用できるようになり、タスクの依存関係を詳細に指定できます。

ラグ タイムも指定すると、依存関係をさらに高度に指定できます。ラグ タイムとは、先行タスクと依存タスクとの間の非活動期間のことです。たとえば、終了 - 開始 (FS) の関係で「1 日」のラグ タイムを指定した場合、先行タスクの終了日から 1 稼働日後に依存タスクが開始されるように設定されます。また、マイナス (-) 記号を使用すると、先行タスクの終了日よりも前に依存タスクが開始するように設定されます (つまり、リード タイムを設定できる)。ラグ タイムは、週単位、日単位 (端数なし)、日単位 (端数あり)、時間単位、分単位、秒単位、ミリ秒単位、またはこれらの組み合わせで入力できます。

先行タスクの依存関係を削除するには: 先行タスクの列で、依存タスクを含む行までスクロールします。セルをクリックし、Backspace キー または Delete キーを押してセルの内容をクリアすることにより依存関係を削除します。 
 
依存関係のあるガント チャートの作成に関するデモについては、下の解説ビデオをご覧ください。

YouTube にアクセスできない場合は、こちらをクリックしてビデオを視聴することもできます。

トップに戻る  

依存関係を有効化したガント チャートに関連する特定の列タイプをご確認ください。

プロジェクト シート列: 開始日、終了日、期間、% 完了、および先行タスク


プロジェクト シートで依存関係機能を有効にすると、以下の列間の自動化 (値の自動計算) を実現できます。
依存関係機能を有効にするには、任意の列ヘッダーを右クリックして [プロジェクト設定の編集] を選択するか、またはガント チャートの左上にあるギア アイコン をクリックし、ウィンドウ ([依存関係設定] が選択されている) が表示されたら [依存関係の有効化] チェックボックスをオンにします。



注: 依存関係が有効になっていると、親行には、その下でインデントされている子行 (サブタスク) のサマリー値が表示されます。上記に一覧表示されているプロジェクト シート列の値は自動計算されるため、編集できません。これらのプロジェクト シート列の値の自動計算に関する詳細は、「親行ロールアップ機能」をご覧ください。
 

開始日および終了日

タスクをスケジュールする際には、各タスクに「開始日」と「終了日」を指定する必要があります (「年/月/日」の形式)。日付選択カレンダーを使用して日付を選択すると、有効な日付形式で日付を簡単に指定できます (手動で入力することも可能)。開始日と終了日は、ガント チャート上にてタスク バー/ガント バーとして表示されます。

指定した開始日と終了日は、スケジュール変更に応じて後にいつでも調整できます。また、セルを右クリックして [履歴の表示] を選択することにより、過去に指定した値をすべて確認できます。スケジュールに「ずれ」が生じてきたときなどにこの機能を使用すると、どこで日程が狂ったのかを特定できて便利です。

特定の行に「期間」と「先行タスク」の値を設定すると、「開始日」と「終了日」が自動的に計算されます。先行タスクの依存関係が「終了 - 開始 (FS)」 (既定) または「開始 - 開始 (SS)」である場合、開始日が先行タスクの日付に基づいて自動設定されます。これに対応する終了日は、開始日に期間を足すことで自動計算されます。「開始 - 終了 (SF)」または「終了 - 終了 (FF)」の場合は、終了日が先行タスクの日付に基づいて自動設定され、これに対応する開始日は終了日から期間を引くことで自動計算されます。

タスクの開始日または終了日が先行タスクによって影響を受けている場合でも、手動で変更することは可能です (該当のセルをクリックして新しい日付を指定)。ただし、このようにして日付を手動で指定すると、先行タスクとの関連付けが無効になり、その行から先行タスクの値が削除されます。

注: 親行に先行タスクの値が入っている場合、子行の開始日はこの依存関係の影響を受けるため編集不可となります。親行から先行タスクの値を削除すると、この制約がなくなり、子行の日付を個別に変更できるようになります。

依存関係が有効になっている場合、サブタスクの終了日と、先行タスクによって影響を受けているサブタスクの開始日は、レポート、行の更新リクエスト、または iOS アプリや Android アプリを通じて編集することはできません。ただし、サブタスクの開始日や期間を手動で変更すれば、終了日が自動的に再計算されます。

ガント ビューでは、タスク バーをマウスオーバーして十字線が表示されたら、ドラッグ アンド ドロップでタスクの開始日と終了日を簡単に変更できます。ただし、このようにして開始日と終了日を変更すると、設定されていた依存関係が壊れてしまう (先行タスクの値が削除される) こともあります。タスク バーの端をドラッグすると、タスクの期間をすばやく変更できます (タスクの開始日または終了日も変更される)。
 

期間

タスクの「期間」とは、そのタスクを完了するのに必要とされる時間のことです。期間の長さは、「期間」の列で該当セルをクリックすることにより入力できます。期間の表示形式 (太字) と入力形式の例は以下のとおりです。
  • 週: 2週間、2週、2w
  • 日 (端数なし): 4日、4日間、4d
  • 日 (端数あり): 3.5日、3.5日間、3.5d
  • 時間: 7時間、7時、7h
  • 分: 60分、60分間、60m
  • 秒: 500秒、500秒間、500s - ミリ秒: 50000ミリ秒、50000ミリ秒間、50000ms
  • 単位の組み合わせ: 4時間 30分、4h 30m
  • 継続期間: 継続3日継続5時間継続3.5日のように表示されますが、e3d、e5h、e3.5d と入力してもかまいません。また、「継続」の代わりに「継続期間」や「継続時間」と入力することもできます。タスクに対して継続期間を使用すると、非稼働日が考慮されません。つまり、タスクの開始日と終了日は、稼働日や非稼働日にかかわらず、指定した継続期間に基づくことになります。
親行 (サマリー) に表示される期間の値は、常に「日単位 (端数あり)」となります。

当初の予定よりもタスクの完了に時間がかかると思われる場合は、期間の値を増やして終了日を後ろに「ずらす」ことが可能です。このようにしてタスクの終了日を変更した場合、依存タスクの終了日もすべて自動的にずれます。また、期間の値を 0 にした場合は、ガント チャートにひし形が表示され、マイルストーン (プロジェクトの進捗状況を管理するためにスケジュールの間に指定する重要な節目となる日付) を示すことが可能です。

「期間」と「開始日」の値を設定すると (手動で入力した場合でも、先行タスクによって影響を受けている場合でも)、これに対応する「終了日」は、開始日に期間を足すことで自動計算されます。依存関係機能によるこの計算では、非稼働日は除外されます。端数ありの日数 (例: 2.5 日) や、標準以外の稼働時間 (パートや長時間シフトなど) も、終了日の自動計算で考慮されます。また、非稼働日にタスクが開始するように手動で日付を入力することも可能です。このように非稼働日を開始日に設定した場合、この開始日は期間に含まれますが、それ以降の非稼働日は含まれません。

ヒント: 稼働日の稼働時間 (1 日の作業時間) は、既定で 8 時間に設定されていますが、必要に応じてプロジェクト設定ウィンドウで変更できます。
 

% 完了

タスクの完了割合は、「% 完了」の列の該当行に手動で入力できます。すると、ガント チャートのタスク バーの中に、完了割合を反映した灰色バーが表示され、タスクの進捗状況が一目でわかるようになります。親行 (サマリー) に表示される % 完了の値は、子行に入力された「% 完了」と「期間」の値に基づいて自動計算されます。

% 完了の値の自動計算を親行で解除することも可能です。プロジェクト設定ウィンドウ[% 完了の列] ドロップダウン リストで [--なし--] を選択すると、この自動計算が解除されます。これで、親行に数式を適用したり、手動で値を入力したりすることが可能になります。また、完了割合を示す灰色バーも、ガント チャートのタスク バーの中に表示されなくなります。

ヒント: 「% 完了」の列の値がパーセント形式で表示されるようにするには、列ヘッダーをクリックした後、左側の [パーセント形式] ツールバー アイコンをクリックしてください。
 

先行タスク 

「先行タスク」の列で別のタスクの行番号を入力すると、タスク間の依存関係を作成できます。タスク間に依存関係が作成されている場合、先行タスクの日付を変更すると、依存タスクの日付も自動的に変更されます。先行タスクのさまざまな依存関係や依存タスクの日付への影響に関する詳細は、「依存関係の有効化および先行タスクの使用」をご覧ください。

「先行タスク」の列を使用して作成したタスク依存関係は、プロジェクトのクリティカル パスに影響を与えることになります。タスクの依存関係が設定されていると、Smartsheet ではプロジェクトの期間全体に影響を与える一連のタスク (クリティカル パス タスク) を判断できるようになります。クリティカル パス機能をオンにすると、ガント チャート上にてクリティカル パス タスクがすべて赤色でハイライトされます。詳細は、「プロジェクトのクリティカル パスの追跡」をご覧ください。

トップに戻る  

Follow these step-by-step instructions to set up your working days on a project sheet.

プロジェクト シートで稼働日、非稼働日、祝祭日を設定

依存関係が有効なプロジェクト シートでは、シート所有者とシートへの管理者権限を持つ共同作業者が、プロジェクトの非稼働日や祝祭日や 1 日の長さ (時間) を設定できます。

Smartsheet で非稼働日と祝祭日を設定する際には、以下にご注意ください。

  • ガント チャート タイムラインが日単位で表示されているときは、非稼働日は灰色で、祝祭日はピンク色で強調表示されます。
  • 非稼働日にタスクやマイルストーンが開始するように手動でスケジュールすることは可能ですが、非稼働日を終了日として設定することはできません。
  • 非稼働日と祝祭日は期間の計算から除外されます。

マルチ ユーザー プランのシステム管理者は、アカウント レベルで稼働日、非稼働日、および祝祭日を設定することも可能です。設定した稼働日、非稼働日、および祝祭日は、アカウント内のライセンス ユーザーが新たに作成する、依存関係が有効なすべてのシートに適用されます (ご利用のプランのタイプが不明な場合は、「Smartsheet のプランとユーザー タイプを特定する」を参照してください)。

ヒント: アカウント内のライセンス ユーザーを一覧で確認するには、[ユーザー管理] を開きます。


シート レベルの稼働日、非稼働日、および祝祭日

シートの [プロジェクト設定] では、1 日の長さ (時間) を設定したり、非稼働日や祝祭日を指定したりできます。非稼働日と祝祭日は期間の計算から除外され、各プロジェクト シートに対して個々に設定できます

注: これらの設定を行うには、まずそのシートで依存関係を有効にする必要があります。依存関係を有効にする方法の詳細は、「依存関係の有効化および先行タスクの使用」をご覧ください。

  1. ガント チャートのヘッダーにて [プロジェクト設定] アイコン をクリックするか、任意の列ヘッダーを右クリックして [プロジェクト設定の編集] をクリックすると、[プロジェクト設定] ウィンドウが開きます。
    [プロジェクト設定] ウィンドウ
  2. [稼働日] セクションの [編集] をクリックすると、[稼働日] ウィンドウが開きます。
  3. そのプロジェクトにおいてチームが稼動する曜日のチェックボックスをオンにします。
  4. チームの 1 日の稼働時間が 8 時間ではない場合は、[1 日の長さ (時間)] フィールドに稼働日の正しい時間数を入力します。
  5. [非稼働日 (祝祭日、例外日)] フィールドでは、稼動しない日や祝祭日を指定できます。
    キーボード ショートカットを使用して、日付をコピーすることも可能です。また、そのフィールドの右にある [カレンダー] アイコン をクリックして、カレンダー ピッカーから日付を選択するという方法もあります。
     
  6. [OK] をクリックして [プロジェクト設定] ウィンドウを閉じます。

アカウント レベルの稼働日、非稼働日、および祝祭日

マルチ ユーザー プランのシステム管理者は、アカウント レベルでの稼働日の設定ができます。設定した稼働日、非稼働日、および祝祭日は、アカウント内のライセンス ユーザーが新たに作成する、依存関係が有効なすべてのシートに適用されます。

  1. 左上の [アカウント] > [アカウント管理] をクリックします。[アカウント管理] ウィンドウが開きます。左側の [アカウント設定] をクリックします。
  2. [稼働日] の下の [編集] ボタンをクリックすると、設定用のウィンドウが開きます。
  3. そのプロジェクトにおいてチーム メンバーが稼動する曜日のチェックボックスをオンにします。
  4. チームの 1 日の稼働時間が 8 時間ではない場合は、[1 日の長さ (時間)] フィールドに稼働日の正しい時間数を入力します。
  5. [非稼働日 (祝祭日、例外日)] フィールドでは、稼動しない日や祝祭日を指定できます。
  6. [保存] をクリックして変更を適用します。