Smartsheet の列は一般的なスプレッドシートの列と似ていますが、特別な列タイプがあり、シートをより簡単かつ便利に使用することが可能です。

Smartsheet の列タイプ

「プライマリ」、「文字列/数字」、「連絡先リスト」、「日付」、「ドロップダウン リスト」、「チェックボックス」、「記号」、「自動番号割り当て」、および「システム」といったさまざまな列タイプについてご確認ください。シートの列の名前、レイアウト、および順番を変更できます。列の表示/非表示を切り替えたり、編集者に変更してほしくない列をロックしたりすることも可能です。

列タイプの参照

列タイプを使って、その列で許可するデータを上手に管理することができます。特定のタイプを選んで入力するデータを統一することが可能です。 Smartsheet では、既定列と設定可能な列を使って作業を行います。







この機能を使用できるユーザー





権限要件アイコン シートの所有者または管理者権限を持つライセンス ユーザーは、列の追加や編集ができます。
使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ





既定列





すべてのシートにプライマリ列があります。 この列は必須のため、シートから削除できません。 この列の値は、主に行の説明に使われます。 列タイプは必ず「文字列/数値」列となります。 プライマリ列の列タイプを変更することはできません (詳細は、「プライマリ列での作業: 概要とベスト プラクティス」をご覧ください)。





これらの列には、特定の行のコンテンツまたはアクティビティに関してアラートするアイコンが表示されます。




  • 添付ファイル/リンク」列 添付ファイル/リンク列。 添付ファイル/リンクのある行には「添付ファイル/リンク」アイコンが表示されます。 アイコンをクリックすると添付ファイル/リンクを確認できます。
  • コメント」列 コメント列 。 コメントを含む行には「コメント」アイコンが表示されます。 アイコンをクリックするとコメントを確認できます。
  • 行アクション インジケーター」列 行アクション インジケーター列。 この列には、その行に関連付けられた保留中のリマインダー リマインダー、更新リクエスト  更新リクエスト、ロック  ロック、および割り当てアラート割り当てアラート のアイコンが表示されます。

    
 注: 行に複数の行のアクションが存在する場合は、列に複数のアイコンが表示されます。




設定可能な列





「文字列/数値」列





この列タイプには文字列、数値、またはその 2 つの組み合わせが含まれます。 文字列/数値は、エントリが長いコメント列や、予算を追跡するシートの予測費用など、数字がメインとなる列などに最適です。





「文字列/数値」列の場合、列ヘッダーをクリックして左側のツールバーの [通貨形式][パーセント形式] ボタンをクリックすると、書式設定が適用され、通貨やパーセントの形式を値で表示できます。





注: 数値の最初の文字が 0 でその後に別の数字や文字が続く場合、数値の前にアポストロフィー (') が追加され文字列として保存されます。 こうすることで最初の 0 を残して数字として表示することができます。 数値を数値として保存したい場合 (例、その数値を使って計算をしたい場合など)、セルを再確認してアポストロフィー (') や最初の 0 を削除する必要があります。





「連絡先リスト」列





「割り当て先」、「所有者」、「承認者」などの列に最適です。 この列タイプでは、シートが共有されている共同作業者や [マイ Smartsheet 連絡先] リストの連絡先に行を割り当てることができます。 また、「連絡先リスト」列を使用して、シートが共有されている共同作業者にリマインダーを送信したり、特定のチーム メンバーに割り当てられたタスクのリストを表示するレポートを生成したりすることも可能です。





この列タイプを使用する際には、「」フィールドで希望の連絡先の値を指定できます (最大 50 文字まで指定できます)。 このリストに入力できる値は、連絡先名とメール アドレス、名前のみ、またはメール アドレスのみです。





「連絡先リスト」列プロパティ





「連絡先リスト」列に優先表示させる連絡先を設定すると、「連絡先リスト」セル、または対応している Smartsheet フォームのフィールドのドロップダウン矢印をクリックして、すばやく連絡することが可能になります。セルには、シート内の別の行に割り当てられている連絡先やメール アドレスが表示されます。





注: 「連絡先リスト」列に紐づけられた Smartsheet フォーム フィールドには、優先表示させる連絡先のみが表示されます。 優先表示させる連絡先を設定していない場合、フォームの送信者は、リストから名前を選択するのではなく、連絡先名またはメール アドレスを入力する必要があります。





新しい連絡先 (メール アドレス) は、手動でセルに入力してリストに追加できます。 連絡先が [マイ Smartsheet 連絡先] リストや [ユーザー管理] ウィンドウ (複数のユーザーがいるプランの場合のみ使用可能) に追加されている場合は、名前またはメール アドレスを入力し始めると候補が表示され、簡単に選択できます。





連絡先の追加





ヒント: 名前または電子メールを入力をし始めても、リストの自動解決が行われない場合は、入力内容と一致する連絡先がないということになります。 リストに連絡先を追加すると、その連絡先に対してレポートの実行やリマインダーの送信が確実に行われるようになります。 セルのドロップダウン矢印 をクリックして [新規追加] を選択すると、リストへ連絡先の追加と行への割り当てを同時に実行できます。





自動解決ドロップダウン リストから名前やメール アドレスを削除するには、列のほかのセルおよび [列プロパティの編集] ウィンドウから該当するものを削除します。 「連絡先リスト」列に入力をすると、シートを共有されているユーザーが常に候補として表示されます。





「日付」列





この列タイプでは、セルに日付選択カレンダーが表示されるため、共同作業者は日付を簡単に選択できます。 日付を手動入力したり、キーボード ショートカットを利用してセルに入力したりできます。依存関係を有効にしたり、カレンダー ビュー にアイテムを表示したりするためには、シート内に「日付」列が必要です。





Smartsheet アカウントの [個人用の設定...] で設定している形式で日付が表示されます。





「日付」列 日付の選択





「ドロップダウン リスト (単一選択)」列





この列タイプでは、1 つの値を簡単に選択できるドロップダウン リストが表示されます。

単一選択用のドロップダウン リストでの値の選択





この列タイプを選択すると、リストに表示する値を入力できるようになります。 ドロップダウン リストの値は 1 行に 1 つずつ入力する必要があります (キーボードの Enter キーまたは Return キーを押して次の行に移動)。





ドロップダウン リストのアイテムを削除するには、マウスで該当部分を選択し、Backspace キーまたは Delete キーを押します。





「ドロップダウン リスト」列について詳しくは、「ドロップダウン リスト」列を使ってデータの一貫性を確保する方法についての記事をご覧ください。





「ドロップダウン リスト (複数選択)」列





この列タイプでは、1 つまたは複数の値を簡単に選択できるドロップダウン リストが表示されます。 この列タイプを選択すると、リストに表示する値を入力できるようになります。 ドロップダウン リストの値は 1 行に 1 つずつ入力する必要があります (Enter キーまたは Return キーを押して次の行に移動)。





複数選択用のドロップダウン リストでの値の選択





「ドロップダウン リスト」列について詳しくは、「ドロップダウン リスト」列を使ってデータの一貫性を確保する方法についての記事をご覧ください。





「チェックボックス」列





この列タイプでは、オン/オフを簡単に切り替えできるチェックボックスが表示されます。 同じ行のその他の列に対してデータが何も入力されていない場合、チェックボックスは表示されないため、セルをクリックしてもオン/オフを切り替えることはできません。





「記号」列





この列タイプには、記号が表示されます。 行のステータスなどを視覚的に強調表示するのに適しています。


列に自分の (カスタマイズした) 記号を追加することはできません。





使用できる記号の一覧は、「記号」列で使用できる記号についての記事でご覧いただけます。





「自動番号割り当て/システム」列





この列タイプでは、同じ行のその他の列に対してデータが入力されている場合は、システムによって自動的に値が生成されます。 数値を手動で入力せずに、行 ID、部品番号、請求書番号、または顧客番号を割り当てる際には、自動番号割り当て機能が便利です。「システム」列には、各行の作成者、最終更新者、作成日時、最終更新日時が表示されます。





設定時、「システム」列は空白です。 [保存] をクリックしてシートを保存すると、値が生成されます。





詳細については、「自動番号割り当て」および「システム列」をご覧ください。

データに最適な列タイプを使用する

列タイプを使って、その列で許可するデータを上手に管理することができます。特定のタイプを選んで入力するデータを統一することが可能です。 列の説明を追加して、列に関する詳細情報を入力することもできます。





Smartsheet のさまざまな列タイプの詳細については、「列タイプの参照」を参照してください。





この機能を使用できるユーザー





権限要件アイコン シートの所有者または管理者権限を持つライセンス ユーザーは、列の追加や編集ができます。





使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ。





列を編集してタイプを変更する





既存の列タイプを変更するには、[列プロパティ] ウィンドウを使用します。 列のヘッダーの下にあるドロップダウン矢印 をクリックし、[列プロパティの編集] を選択します。






[列のプロパティ] を編集し、[日付のみに制限] を選択





注:




  • 列のプロパティが設定されている場合でも、セルに自由に文字列を入力することができます (ただし、読み取り専用のシステム列を除きます)。
  • シートの所有者であるか、管理者レベルの権限でシートを共有されている場合、列のプロパティを編集するか新しい列を作成するときに [次に制限] チェックボックスをオンにすると、他の人がフリー テキストを追加できないようにすることができます。 詳細については、「データ入力を制御し、列に特定の値のみを許可する」を参照してください。
  • シートのプロジェクト設定で指定されている列の場合は、[日付/時刻][期間][先行タスク] と表示され、列タイプの編集はできません。




列の説明を含める





カスタム ヒントで、列に関する重要な情報を説明します。 列ヘッダーの下にある情報アイコンにカーソルを合わせると、ユーザーが情報にアクセスできます。 たとえば、列の説明を使用して、特定の列の使用方法と列に含めるデータのタイプを記載できます。





列の説明を表示





注:




  • 列の説明を追加または編集するには、シートの所有者であるか、管理者レベルの権限で共有されている必要があります。
  • 列の説明の文字数制限は、最大 250 文字です(この制限は、使用する言語または文字のタイプによって異なる場合があります)。
  • 列の説明はシートにのみ表示されます。レポートやダッシュボードでは表示できません。




列の説明を作成




  1. 列ヘッダーを右クリックして [列の説明を追加] を選択してください。

    
 [列の説明] ウィンドウが表示されます。
    列の説明を追加 
  2. フォームに列の説明を入力し、[OK] ボタンをクリックして説明を設定します。




列ヘッダーの下に情報アイコンが表示されます。





以上です。 シートを共有されている人は誰でも、情報アイコンにカーソルを合わせると列の説明を表示できます。





列の説明情報を編集する




  1. 列ヘッダーを右クリックして [列の説明を編集] を選択します。
  2. [列の説明] ウィンドウで必要な変更を行い、[OK] をクリックします。







「ドロップダウン リスト」列を使って集積データの一貫性を維持する

単一選択用および複数選択用の「ドロップダウン リスト」列を使って、収集された重要な情報を標準化することができます。




  • 共同作業者が 1 つまたは複数の値を選択して適用できるようにする
  • 収集され標準化された値を簡単に追跡しレポートする




この機能を使用できるユーザー





権限要件アイコン シートの所有者または管理者権限を持つライセンス ユーザーは、列の追加や変更ができます。 編集者レベルの共有権限、またはそれ以上の権限を持つライセンス ユーザーは、ロックされていない行や列のドロップダウン リスト値を変更できます。

使用可能プランすべてのプランタイプ





シートの「ドロップダウン リスト」列を設定する





「ドロップダウン リスト」列を作成するには




  1. 任意の列ヘッダーの下にあるドロップダウン矢印をクリックし、追加する「ドロップダウン」列を配置する場所に応じて [右に 1 列を挿入] または [左に 1 列を挿入] を選択します。

    
 [列の挿入] ウィンドウが表示されます。

    [列の挿入] ウィンドウ
  2. 名前」フィールドに列の名前を入力します。
  3. 列タイプを [ドロップダウン リスト (単一選択)] または [ドロップダウン リスト (複数選択)] から選択します。
  4. 」の下のリストに表示する値を入力します (Enter または Return キーを押して改行し、新しい行に値を入力することができます)。
  5. ユーザーによる自由な文字列の値の入力を制限するには、[ドロップダウン リスト値のみに制限] のチェックボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックします。




注:




  • ドロップダウン リストのセルの値は、値のリスト順に表示されています。
  • 値には、句読点、文字、数字、および絵文字が含まれている可能性があります。
  • 「値」にハイパーリンクに相当する文字列が挿入されている場合、「値」フィールドには通常の文字列として表示されますが、ドロップダウンで選択すると、クリック可能なハイパーリンクとなります。
  • 「値」フィールドにメール アドレスが記載されている場合、ドロップダウン リストでは通常の文字列として表示されます。






以上です。 単一選択用または複数選択用の「ドロップダウン リスト」列がシートに挿入されます。 これで、共同作業者から標準化された値を収集することができるようになります。





「ドロップダウン リスト」列プロパティを編集する





ドロップダウン リストに値を追加、または削除する場合、「ドロップダウン リスト」列プロパティを編集して追加/削除を行うことができます。





列プロパティを編集するには




  1. 列のヘッダーの下にあるドロップダウン矢印をクリックし、[列プロパティの編集] を選択します。

    
 [列プロパティの編集] ウィンドウが開きます。

    [列プロパティの編集] ウィンドウ
  2. 」フィールドにリスト化されている値を変更します。


    ドロップダウン リストの値を削除するには、マウスで該当部分を選択し、Backspace キーまたは Delete キーを押します。

    



    注: フォームの単一選択用または複数選択用の「ドロップダウン リスト」フィールドの値は、[列プロパティの編集] ウィンドウで変更する必要があります。

  3. [保存] をクリックします。





列タイプを変更する際には、以下の点に注意してください。




  • 「ドロップダウン リスト」列タイプを単一選択用から複数選択用 (またはその逆) に切り替える場合、列プロパティの「」の一覧に変更はありません。 違いは、単一選択用の場合はドロップダウン リストから値を 1 つ選択でき、複数選択用の場合は値を複数選択できる点のみです。
  • 列タイプを、単一選択用または複数選択用の「ドロップダウン リスト」から別のタイプに切り替える場合、ドロップダウン リスト値を含むセルは文字列として表示され、複数のドロップダウン リスト値が含まれるセルは、行で区切られた文字列として表示されます。
  • 「ドロップダウン リスト」列タイプ以外の列タイプから単一選択用または複数選択用の「ドロップダウン リスト」列タイプに切り替える場合、各セルのコンテンツがすべて取り込まれ、「ドロップダウン リスト」列プロパティの「」セクションに値の 1 つとして追加されます。
  • 単一選択用または複数選択用の列タイプから切り替える場合、またはこれらのタイプへ切り替える場合、これらの列を含むレポートを更新する必要があります。




適切な「ドロップダウン リスト」列タイプを選択する





シートの「ドロップダウン リスト」列の値を選択する場合、選択した「ドロップダウン リスト」列のタイプにより、ドロップダウン リストの表示方法が異なります。





単一選択用の「ドロップダウン リスト」列では、「ドロップダウン リスト」の値を 1 つだけ選択することができます。





単一選択用のドロップダウン リストでの値の選択

複数選択用の「ドロップダウン リスト」列では、値の横のチェックボックスをオンにして、1 つまたは複数の「ドロップダウン リスト」の値を選択できます。





複数選択用のドロップダウン リストから選択した各値は、セルに取り込まれます。





複数選択用のドロップダウン リストでの値の選択

取り込まれた値をセルから削除するには、該当する値の横の [X] をクリックするか、またはドロップダウン リストの値の横にあるチェックボックスをオフにします。





「ドロップダウン リスト」列活用のヒントとベスト プラクティス





「ドロップダウン リスト」列のセルを変更する際には、以下の点に注意してください。




  • 「ドロップダウン リスト」列は、値の一覧の表示だけに制限されているわけではありません。セルをダブルクリックして文字の値を自由に入力することができます。 文字列の値は追加したセルのドロップダウン リストに追加されますが、「ドロップダウン リスト」列プロパティの「」セクションには追加されません。
  • 複数選択用の「ドロップダウン リスト」列では、自由に入力した文字列はドロップダウン リスト値として、該当セルの最後に名前順で保存されます。
  • 複数選択用の「ドロップダウン リスト」列では、選択できる値の数に制限はありません (通常のセルの文字列制限と同様)。