Microsoft

Smartsheet では、ご利用中の Microsoft Office 365 のツールと簡単に統合し、共同作業の効率化や生産性の向上に役立てることができます。

Smartsheet for Outlook アドイン

Smartsheet for Outlook アドイン (以前は「Outlook 用の Smartsheet アプリ」と表記) では、Outlook の受信トレイを離れることなく、タスクの作成や編集、さらにはリアルタイムでの共同作業が可能です。また、Smartsheet のコメント機能や添付ファイル/リンク機能を使用して、電子メールの内容や添付ファイルをシートや行に追加すれば、共同作業できる 1 つの場所を形成できます。

本記事の内容:

はじめに

Smartsheet for Outlook アドインを Outlook と合わせて使用するには、サポートされている Microsoft アカウントにてこれを使用する必要があります。

Smartsheet for Outlook に対応したアカウント タイプについては、以下の表にてご確認ください。

Office 365 Home不可
Office 365 Business
Office 365 Business Premium
Office 365 ProPlus
Office 365 Enterprise E1不可
Office 365 Enterprise E3
Office 365 Enterprise E5
outlook.com可*
msn.com可*
hotmail.com可*
live.com可*

*Microsoft では現在、これらのメール アドレスにてアドインを利用できるよう調整中です。したがって、これらのメール アドレスでのアドインのインストールおよび使用が Microsoft 側で可能になるまでは、Smartsheet for Outlook アドインは使用できない可能性があります。詳しくは、Microsoft Office のブログ にてご確認ください。

サポートされている Outlook のバージョンは以下の通りです。

  • Outlook for Windows 2013 以降
  • Outlook 2016 for Mac
  • Outlook for iOS
  • Outlook on the Web

注: Microsoft Exchange on-premises (ローカルにてホスト) システムはサポートされていません。


アドインのインストールと Outlook の Smartsheet への接続

このアドインを使用するには、まず Microsoft Office ストア (https://store.office.com) からアドインをインストールし、Smartsheet アカウントと接続する必要があります。ユーザー本人または Microsoft アカウントの管理者によってアドインのインストールが完了したら、お使いの Outlook のアカウントと Smartsheet のアカウントを接続させます。

注: アドインのインストールは、1 つのデバイスから実施するだけで十分です。インストールが完了したら、同じアカウントでサインインしている他のデバイスでも使用できるようになります。

パソコンにてアドインをインストール

パソコンにて Smartsheet for Outlook アドインをインストールするには:

  1. Office ストアにて、Smartsheet for Outlook アドイン を見つけ、[今すぐ入手する] ボタンをクリックします。
  2. プロンプト画面が表示されたら、サポートされている Microsoft アカウントを入力してサインインします。(通常これは、Outlook にて使用しているメール アドレスになります)。

iOS または Android にてインストール

iOS または Android 端末にて Smartsheet for Outlook アドインをインストールするには:

  1. Outlook for iOS または Outlook for Android にて、設定 > アドインと進みます。
  2. Smartsheet のプラス アイコンをタップします。

アドインのインストール方法は、モバイル端末用 Outlook に関する Microsoft のサポート ページにも掲載されています。

Outlook アカウントと Smartsheet アカウントの接続

Outlook アカウントと Smartsheet アカウントを接続するには:

  1. Outlook on the Web (https://outlook.office365.com/) にて、サポートされている Microsoft メール アドレス宛てに届いたメッセージを開きます。
  2. メッセージの右上にある Smartsheet のロゴ Smartsheet ロゴ をクリックし、Smartsheet アドイン パネルを開きます。

    Outlook for Web

    注: メッセージの右上に Smartsheet のロゴが表示されない場合は、サポートされている Microsoft のメール アドレス宛てに届いたメッセージを開いているかどうかを確認してください。

    Outlook ウィンドウの右側に、Smartsheet for Outlook のインストールをリクエストするアドイン パネルが表示されます。
     
  3. アドイン パネルにて [インストール] を選択し、Smartsheet アカウントとの接続を許可します。

    Outlook のインストール
     
  4. Outlook ウィンドウの右側のアドイン パネルにて、[Connect to Smartsheet] を選択します。
  5. 表示されたウィンドウにて、Smartsheet のアカウントにログインし、[許可] をクリックします。
  6. Connect to Office 365 のアドイン パネル。

    サポートされている Microsoft アカウントへのサインインをリクエストするウィンドウが開きますが、Microsoft アカウントにすでにサインインしている場合、このウィンドウは自動的に消えます。

これで完了です。インストールと接続が完了すると、Smartsheet for Outlook アドインにて Smartsheet アカウントのホーム ディレクトリが表示されます。サポートされている Microsoft アカウントにてサインインしている Outlook (互換性のあるバージョン) が他にあれば、それらでもすぐにアドインが使用できます。


Smartsheet for Outlook アドインを使用する

Outlook の受信トレイから離れることなく、作業中のシートの新規または既存の行に電子メールのメッセージを追加することができます。Outlook からシートを開くと、すぐに Smartsheet のシート データが表示されます。

Outlook の複数のバージョンから Smartsheet for Outlook にアクセスする

アドインのインストールが完了すると、サポートされている Microsoft アカウントにてサインインしている Outlook のどのバージョンからでもアドインを使用できます。Smartsheet for Outlook アドインにてシートに電子メール メッセージを追加する方法は、使用している Outlook のバージョンによって異なります。

Smartsheet for Outlook on the Web

Smartsheet for Outlook on the Web にアクセスするには:

  1. サポートされている Microsoft のメール アドレス宛てに届いたメッセージを開きます。
  2. Outlook に Smartsheet パネルを表示させるには、電子メール メッセージの右上にある Smartsheet ロゴ Smartsheet ロゴ をクリックします。
    Outlook for Web
    インストール済みのアドインの数によっては、別のアドインの隣にあるアドイン キャレットを選択してから Smartsheet を選択する必要があります。

    アドイン キャレット
     
  3. Smartsheet for Outlook アドインが見つからない場合は、アドインをインストールする必要がある可能性もあります。

Smartsheet for Outlook 2013 以降 (Mac では Outlook 2016)

パソコン用の Outlook からアドインにアクセスするには:

  1. サポートされている Microsoft のメール アドレス宛てに届いたメッセージを開きます。
  2. Outlook ウィンドウの右上にある [Add to Smartsheet] を選択します。
    Outlook デスクトップ
  3. Smartsheet for Outlook アドインが見つからない場合は、アドインをインストールする必要がある可能性もあります。

Smartsheet for Outlook for iOS および Android

iOS または Android の Outlook アプリからアドインにアクセスするには:

  1. サポートされている Microsoft のメール アドレス宛てに届いたメッセージをタップして開きます。
  2. アドイン アイコン アドイン-モバイル をタップし、Smartsheet ロゴ [Add to Smartsheet] をタップします。
  3. Smartsheet for Outlook アドインが見つからない場合は、アドインをインストールする必要がある可能性もあります。

電子メールのメッセージと添付ファイルを行に追加する

Smartsheet の新規または既存の行に電子メールのメッセージと添付ファイルを追加することができます。

既定では、メッセージの本文が新しいコメントとして行に追加されるように設定されています。

ヒント: アドイン パネルの上部にあるシート名をクリックすると、Smartsheet にてシートを開いて作業できます。シートはブラウザーの新しいタブにて開きます。

  1. サポートされている Microsoft のメール アドレス宛てに届いたメッセージを開きます。
  2. Outlook ウィンドウにて Smartsheet アイコンを選択します。具体的な操作方法は、お使いの Outlook のバージョンによって異なります。
  3. Outlook にて、次のいずれかの方法にて電子メールの内容を追加したいシートを特定し、選択します。
    • アドイン パネルの上部にある検索フィールドにシート名を入力します。
    • アドイン パネルの検索フィールドの下に表示されている Smartsheet ホーム ディレクトリにて該当するシートを探します。
  4. シートに電子メールの内容を追加するには、以下の 2 つの方法があります。
    • 新しい行として追加—電子メールの内容を新しい行としてシートの最後に追加するには、アドイン パネルの下にある [Add Row] を選択します。
    • 既存の行に追加—電子メールの内容をシートの既存の行に追加するには、アドイン パネルにてその行を選択します。

      アプリが更新され、その行のプライマリ列にあるデータが表示されます。新しい行を追加する場合、プライマリ列にはその電子メールの件名が挿入されます。
  5. [Show More] をクリックすると、シートのその他の列が表示され、必要に応じてそれらを編集できます。

    既定では、メッセージの本文が新しいコメントとして行に追加されるように設定されています。
  6. しかしコメントは好きなように編集できます。電子メールの内容をコメントではなく列として表示したい場合は、コメント フィールドからその内容をコピーして、適切なフィールドに貼り付け、その上でコメントの内容を削除します。
  7. 既定では、すべての添付ファイルがその行にアップロードされます。添付ファイルをアップロードしたくない場合は、添付ファイル名の横にあるチェックボックスをオフにします。
  8. 最後に、右下にある [Save] をクリックします。変更内容は Smartsheet のシートに即座に適用されます。

    ヒント: アドイン パネルの上部にあるシート名をクリックすると、Smartsheet にてシートを開いて作業できます。シートはブラウザーの新しいウィンドウにて開きます。

Outlook から既存のシートを開く

Outlook にて Smartsheet アカウント上のアクセス可能なシートを検索し、そのシートをブラウザーの新しいウィンドウにて開くことができます。

Outlook からシートを開くには:

  1. Smartsheet for Outlook が接続された、サポートされている Microsoft のアカウント宛てに届いた電子メールを開きます。
  2. Outlook ウィンドウにて Smartsheet アイコン を選択します。具体的な操作方法は、お使いの Outlook のバージョンによって異なります。
  3. Outlook にて、次のいずれかの方法にて表示したいシートを特定し、選択します。
    • アドイン パネルの上部にある検索フィールドにシート名を入力します。
    • アドイン パネルの検索フィールドの下に表示されている Smartsheet ホーム ディレクトリにて該当するシートを探します。
       
    シートを選択すると、そのシートのプライマリ列が表示されます。
     
  4. アドイン パネルの上部にあるシート名を選択します。これで、ブラウザーの新しいウィンドウにてシートが開きます。

Outlook で編集できない Smartsheet のデータ

Outlook 上のシートでは更新できず、Smartsheet にて直接編集する必要のあるデータは以下の通りです。

  • 数式を含んでいるセル。
  • 依存関係が有効になっている日付値 (終了日)。なお、開始日と、終了日に影響を与える期間値は、変更できます  (依存関係機能の詳細は、依存関係の有効化および先行タスクの使用にてご確認ください)。

Smartsheet for Outlook アドインのトラブルシューティング

アドインをインストールしましたが、メッセージに Smartsheet アイコンが表示されません。

  • Smartsheet アイコン Smartsheet ロゴ は、サポートされている Microsoft のメール アドレス宛てに届いたメッセージにのみ表示されます。
  • Outlook for Web の場合、インストール済みのアドインの数によっては、別のアドインの隣にあるアドイン キャレットを選択してから Smartsheet を選択する必要があります。

現在使用している Microsoft アカウントがサポート対象かどうかを確認する方法は?

お使いの Microsoft アカウントがサポート対象かどうかは、こちらで確認できます。

使用している Outlook のバージョンを確認するには?

お使いの Outlook のバージョンは、こちらの Microsoft サポートの記事にて確認できます。