ライブ データ コネクタ

Smartsheet ライブ データ コネクタを使用すれば、ODBC による業界標準の接続方式にて、Tableau、Excel、QlikView および Qlik Sense、Tibco Spotfire といったサードパーティーのアプリと接続することができます。これにより、すでに使用しているツールを使用して、Smartsheet のデータを可視化したり、そこからインサイトを獲得したりすることが可能になります。

ライブ データ コネクタとは?

Smarsheet ライブ データ コネクタを使用する

Smartsheet ライブ データ コネクタを使用すれば、業界標準の ODBC を使って Smartsheet とサードパーティーのツールを接続できます。これにより、Tableau、QlikView / Qlik Sense、Excel といったビジネス向けのデータ分析・可視化ソフトを使用して、Smartsheet のデータを可視化したり分析したりすることが可能となります。

ヒント:ライブ データ コネクタでは、インターフェースに Microsoft のオープン データベース コネクティビティ (ODBC) を使用しているため、データにアクセスする際の標準として SQL を使用してデータベース管理システム (DBMS) のデータにアクセスできます。

エンタープライズ プランにはライブ データ コネクタ機能が含まれているため、このプランのすべてのライセンス ユーザーがこの機能を使用できます。

ライブ データ コネクタで外部のツールに接続してできることはさまざまありますが、以下にその一例をご紹介いたします。

  • Smartsheet の 1つまたは複数のシートに保存されているデータを使用して、Excel にて、表、グラフ、ピボット テーブルなどの可視化アイテムを作成する
  • Smartsheet の 1つまたは複数のシートに保存されているデータを使用して、Tableau にてレポートを作成する

Smartsheet ライブ データ コネクタに関する詳細な資料は、こちらからご覧ください。この資料には、技術的要件、ドライバーのインストールやほかのツールとの接続に関するインストラクション、FAQ、問題解決のヒントが掲載されています。