シートまたはレポートのエクスポート

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

Smartsheet では、任意のシートやレポートを以下の形式でエクスポートすることができます。

  • Microsoft Excel
  • 画像 (PNG) (ガント チャートのみ)
  • Google スプレッドシート
  • Microsoft Project (ガント チャートのみ)
  • PDF

シートやレポートは、エクスポートされた後、ブラウザーによってコンピューターに保存されます。 エクスポートしたファイルは、ブラウザーの設定に基づいたフォルダーに保存されます。

すべてがエクスポートに含まれるわけではありません。 グループ化やサマリー行は除外され、添付ファイル/リンクもエクスポートされません。 添付ファイル/リンクを含めるには、エクスポートではなくシートのバックアップを作成します

エクスポートしたファイルを簡単に見つけるには、ブラウザーでダウンロード フォルダーを開きます。 Windows では「Crl + J」、Mac OS では「Command + Option + L」のキーボード ショートカットを使います。

「添付ファイルとして送信」を使用して、定期的なエクスポートを生成する

自分自身または他のユーザーにシートやレポートの PDF または Excel 版を定期的に電子メールで送信するには、次のヘルプ記事を参照してください。


Microsoft Excel にエクスポート

Microsoft Excel で使用するために Smartsheet のシートまたはレポートをエクスポートするには、[ファイル] > [エクスポート] > [Excel にエクスポート] を選択します。

エクスポートしたデータは、Excel 上では Smartsheet とまったく同じ表示にはならない場合があります。 その主な違いを以下に示します。

  • ガント チャートは除外されます。Excel はガント チャート形式をサポートしていません。 ガント チャートを Excel にエクスポートすると、その元になっているタスク リストのみがエクスポートされます。
  • 数式は保存されません。Excel と Smartsheet の数式構文は異なるため、数式はエクスポート時に保存されません。

これを回避するには、数式の先頭の等号を削除してテキストとして保存し、その後、シートを保存します。 Excel ファイルを開いて、再度等号を追加し、数式が Excel で機能するように構文を修正します。

  • コメントは別のタブに表示されます。コメントは、エクスポートされたワークブックの 2 番目のタブに表示されます。
  • レポートの行数は 20,000 行に制限されます。 レポートの行数が 20,000 行を超える場合は、複数のレポートに分割して行数を減らし、各レポートを個別の Excel ファイルとしてエクスポートします。 レポートを使った作業に関する詳細は、「レポートの作成」をご覧ください。

レポートに並べ替えが適用されている場合、20,000 行未満でエクスポートされる可能性があります。

  • Excel では、すべての列タイプがサポートされているわけではありません。Excel は、ドロップダウン、連絡先リスト、チェックボックス、記号 (例: 白黒の丸など) 列をサポートしていません。 これらの列タイプを使用しているシートをエクスポートすると、文字列の値のみがエクスポートされます。 ブール型の列タイプの値 (例: チェックボックス) は、セル内のアイテムの状態に応じて、True または False としてエクスポートされます。

画像 (PNG 形式) にエクスポート

ガント チャートを含むシートまたはレポートを PNG 形式でエクスポートするには、以下の手順に従います。

  1. エクスポートするシートを開きます。
  2. ツールバーで、シートまたはレポートをガント ビューに切り替えます。
  3. [ファイル] > [エクスポート] > [ガント チャートを画像 (PNG) にエクスポート] を選択します。
  4. [ガント チャートを画像 (PNG) にエクスポート] ウィンドウの [選択] セクションで、シート全体をエクスポートするか、選択した行をエクスポートするかを選びます。
    • 選択した行」オプションが使用できない場合、[ガント チャートを画像 (PNG) にエクスポート] ウィンドウを閉じ、印刷する行を選択してから再度ウィンドウを開きます。
  5. [オプション] セクションで、画像に含める列を選択します。
    • 既定では、プライマリ列のみが含まれていますが、プライマリ列名を選択するか、[編集] ボタンをクリックすると、その他の列を含めることができます。

印刷されるタイムラインを画像エクスポートでカスタマイズ

カスタム日付範囲」を使用する場合、表示される期間は「タイムライン表示」の選択方法で変わります。 例えば、[プロジェクト設定] ウィンドウで、タイムライン表示のメイン ヘッダーを「」に設定し、 3 月 1 日を開始日に、6 月 30 日を終了日として選んだとします。 タイムラインをこのように選択した場合、PDF には 1 年が表示されます。

印刷されるタイムラインの範囲を狭くするには、[プロジェクト設定] ウィンドウの [タイムライン表示] タブで、メイン ヘッダーの選択肢を「四半期」または「」 に変更します。 詳細については、「依存関係とガント チャート設定の変更」をご覧ください。


Google スプレッドシートにエクスポート

Smartsheet のシートまたはレポートを Google スプレッドシートにエクスポートするには、[ファイル] > [エクスポート] > [Google スプレッドシートにエクスポート] を選択します。

Excel にエクスポートしたファイルと同様に、Google スプレッドシートにエクスポートしたファイルも、Smartsheet とまったく同じ表示にはならない場合があります。 その主な違いを以下に示します。

  • ガント チャートは除外されます。 Google スプレッドシートはガント チャート形式をサポートしていません。 ガント チャートを Google にエクスポートすると、タスク リストのみがエクスポートされます。
  • Google スプレッドシートでは、すべての列タイプがサポートされているわけではありません。 Excel と同様に、Google スプレッドシートは、ドロップダウン、連絡先リスト、チェックボックス、記号 (例: 白黒の丸など) 列をサポートしていません。 これらの列タイプを使用しているシートをエクスポートすると、文字列の値のみがエクスポートされます。 ブール型の列の値 (例: チェックボックス) は、セル内のアイテムの状態に応じて、True または False としてエクスポートされます。
  • 数式は、ファイルのエクスポート時には保存されません。 Smartsheet の数式構文は Google スプレッドシートとは異なります。

これを回避するには、数式の先頭の等号を削除してテキストとして保存し、その後、シートを保存します。 Google スプレッドシートを開いて、再度等号を追加し、数式が Google スプレッドシートで機能するように構文を修正します。

ダウンロードしたファイルが見つからない場合は、 個人の Google ドライブを確認しましょう。 Smartsheet はエクスポートしたファイルをここに保存します。


Microsoft Project にエクスポート

ガント チャートを含むシートはどれも Microsoft Project 形式でエクスポートできます。 レポートに対してこのオプションを使用することはできません。

  1. エクスポートするシートを開きます。
  2. ツールバーで、シートをガント ビューに切り替えます。
  3. シートを XML 形式でダウンロードするには、[ファイル] > [エクスポート] > [MS Project にエクスポート] を選択します。
  4. XML ファイルをインポートするには、Microsoft Project を開きます。

Smartsheet と Microsoft Project の機能は異なるため、エクスポートされたシートの表示はそれぞれのアプリケーションで異なる場合があります。 このような場合は、キーボード ショートカット (Windows の場合は Ctrl + C および Ctrl + V、macOS の場合は Command + C および Command + V ) を使って、データを一方からコピーし、もう一方に貼り付けるとよいでしょう。


PDF にエクスポート

シートやレポートを PDF 形式でエクスポートするには、[ファイル] > [エクスポート] > [PDF にエクスポート] を選択します。

シートやレポートを PDF 形式でエクスポートする際、レイアウトを設定したり、どの列を含めるかを選択したりすることができます。

[PDF セットアップ] ウィンドウの [オプション] セクションでは、シートやレポートがガント ビューでない場合、PDF ファイルに含める列を選択することはできません。 印刷可能な PDF の作成については、ヘルプ記事「Smartsheet からの印刷」をご覧ください。