フォームを使用して情報を収集する

フォームを作成して共有することで、Smartsheet 内で情報を収集し整理することができます。 たとえば、アンケートの回答やプロジェクトへのリクエストの収集、または製品注文の受け付けなどにフォームを使用することができます。 フォームを作成して共有すると、フォームのデータが送信されるたびに、その内容が新しい行としてシートの一番上または一番下に追加されます。

フォームにアクセスできるユーザーなら誰でも、フォームを使ってシートに情報を送ることができます。

モバイル アプリ (iOS または Android) にてフォームを開いて情報を入力し、そのまま送信できるため、非常に便利です。

注: フォームのエントリが送信されると、シートに新しい行が作成されます。 既存の行を編集してもらいたい場合は、更新リクエストを送信してください。 詳細は、Update Requests: 最新情報を自動的に要求する更新リクエストに関する記事をご覧ください。

この機能を使用できるユーザー

役割タイプのアイコンシート所有者とシート管理者はフォームを作成し編集することができます。 フォームへのアクセス権があるユーザーはフォームのエントリを送信できます。

プラン タイプのアイコン すべてのプラン。 フォームの作成および編集にはライセンスが必要です。 お試し版ユーザーはフォームを作成できますが、そのフォームは共有できません。 ライセンスの有無が不明な場合は、 「Smartsheet のプランとユーザー タイプを特定する」をご覧ください。


新しいフォームを作成する

  1. フォームを添付するシートを開きます。
  2. Smartsheet 画面上部のメニュー バーにて [フォーム] > [フォームの作成] を選択します。

    [フォーム] が表示されない場合は、画面右上のドロップダウン矢印をクリックします。

    メニュー バー矢印

    新しいフォームを作成すると、シートのすべての列 (システム列を除く) が自動的にフォームに追加されます。 各フィールドは、それに対応した列のタイプと同様の機能を果たします。 列タイプの詳細については、「データに最適な列タイプを使用する」をご覧ください。

    既定では、フォームのタイトルにはシート名が、各フィールドには対応するシートの列名が表示されます。

    フォーム ビルダー
  3. 中央のフォーム プレビューで要素を選択し、右パネルに表示される設定を編集します。 フィールドの設定の詳細については、「フォームのフィールドを編集または削除する」をご覧ください。
  4. フォーム ビルダーの上部にある [設定] を使用して、フォームレベルの設定を調整します。 詳細については、「フォームの表示と送信オプションを管理する」をご覧ください。
  5. フォームの設定が完了したら、右上の [保存] を選択して変更を保存します。
  6. [フォームを開く] を選択してフォームをプレビューし、適切に設定されていることを確認します。 フォームのプレビュー後、フォームが表示されているブラウザー タブを閉じます。
  7. [フォームの共有] を選択して、このフォームを直接 Smartsheet からメールで送信するか、フォーム リンクをコピーするか、ダッシュボードや Web ページに埋め込みます。
  8. フォーム エディターの左上にある左向き矢印を選択してウィンドウを閉じると、シートに戻ります。

作成したフォームの名前がフォーム マネージャーに表示されます。フォーム マネージャーでは、フォームの配布、フォームのプロパティの表示などを実行できます。 フォームを共有すると、そのリンクを通じてフォームへの入力とシートへのエントリの追加が可能になります。 フォームのエントリは、送信されると、それぞれ新しい行としてシートに表示されます。 フォームを編集してもリンクは同じままになり、保存時にフォームで編集内容が更新されます。

 

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ