シートの削除と削除の取り消し

使用しなくなった Smartsheet アイテムを削除して整理し、空き容量を増やすことができます。

アイテムを削除するための権限

Smartsheet のアイテムを削除する権限は、そのアイテムの保存場所により異なります。

  • アイテムがワークスペース上にない場合は、アイテムの所有者のみが削除できます。
  • ワークスペースは、ワークスペースの所有者のみが削除できます。
  • 共有されたワークスペース内にアイテムがある場合は、そのワークスペースの管理者レベルの共有権限を持つユーザーであればアイテムを削除できます。 (ワークスペースについての詳細は、こちらをご覧ください。)

注: 削除後 30 日以内であれば、アイテムの所有者は削除の取り消しを行うことができます。手順はこちらをご覧ください。

対象となるシート、レポート、またはテンプレートに対する適切な権限を持っていない場合は、削除できません。 ただし、自分をアイテムに対する共有から削除すると、そのアイテムは左パネルの [ホーム] に表示されなくなります。


Smartsheet アイテムを完全に削除する

アイテムの削除方法は、そのアイテムを開いているかどうかによって異なります。

開いているアイテムの削除

Smartsheet のアイテムを開き、現在表示中の場合、[ファイル] > [削除] をクリックして削除できます。

開いていないアイテムの削除

  1. メニュー アイコン (Smartsheet の画面左上) > [ホーム] の順にクリックします。
  2. アイテムを右クリックし、[削除] を選択します。

    アイテムの削除

    
 シートを削除する前に、確認メッセージが表示されます。
    
 ヒント: 複数のアイテムを一度に削除する場合は、 Shift キーを押しながらアイテムを選択し、[削除] [削除] ボタン ボタンをクリックします。

削除したアイテムは、左パネルの [削除済みアイテム] に移動されます。 削除後 30 日以内であれば、必要に応じて削除済みアイテムを元に戻すことができますが、その後は完全に削除され、元に戻すことはできません。

ワークスペースまたはフォルダーを削除した場合

  • ワークスペースを削除できるのは所有者のみです。
  • フォルダーは、所有者または親ワークスペースに対する管理者レベルの権限を持つユーザーが削除できます。
  • 削除されたワークスペースまたはフォルダー内のアイテムもすべて削除されます (シート、テンプレート、レポート、およびダッシュボードは、すべて所有者の [削除済みアイテム] に移動されますが、削除の取り消しは可能です)
  • ワークスペースやフォルダー自体は、一旦削除すると、元に戻すことができません。 再度、作り直す必要があります。

削除されたフォルダーまたはワークスペースを作り直すには

  1. 新しいワークスペースまたはフォルダーを作成します。 詳細は、以下の記事をご覧ください。
  2. メニュー アイコン (Smartsheet の画面左上) > [ホーム] > [削除済みアイテム] の順にクリックします。

    
 自分が所有する削除済みアイテムが表示されます。
     
  3. 再度メニュー アイコンをクリックし、左パネルのフォルダーやワークスペースを探します (クリックはしません)。
  4. 削除されたアイテムを、左パネルのワークスペースのフォルダーへドラッグします。

    
 ヒント: 複数のファイルを移動する場合は、Shift キーを押しながら複数のアイテムを選択し、左パネルのフォルダーやワークスペースにドラッグします。

削除されたアイテムを元に戻す

注:

  • ワークスペースやフォルダー自体は、一旦削除すると、元に戻すことができません。再度、作り直す必要があります。
  • 削除されたアイテムの所有者のみが、削除の取り消しを行うことができます。
  • 削除後 30 日以内であれば、削除済みアイテムを元に戻すことができますが、その後は完全に削除され、元に戻すことはできません。

削除されたアイテムを元に戻すには:

  1. メニュー アイコン (Smartsheet の画面左上) > [ホーム] > [削除済みアイテム] の順にクリックします。
  2. アイテムを右クリックし、[削除の取り消し] を選択します。 削除されたアイテムは、シート フォルダーに戻ります。

    
 ヒント: アイテムを [削除済みアイテム] からフォルダーやワークスペースにドラッグすることでアイテムを復元することも可能です。
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ