Smartsheet アイテムの共有

所有者」、「管理者」、および「編集者 (共有可)」権限レベルを持つユーザーは、Smartsheet のアイテムを共有できます。

  1. アイテムの右上にある [共有] をクリックします。 [共有] ボタンが表示されない場合は、画面右上のドロップダウン矢印をクリックします。

  2. [共有] ウィンドウが開きます。

    そのアイテムがまだ共有されていない場合、[招待の詳細] が表示されます。 [招待の詳細] を使用して、招待メールを有効化または無効化し、カスタム メッセージの下書きを作成します。

    共有されているユーザーがいる場合は、その共同作業者の一覧が自動的に表示されます。 ([招待の詳細] が表示されていない場合は、クリックして表示できます)


    ヒント: シートを共有された共同作業者は安全なシート リンクからシートを直接開くことができます。また、リンクをブックマーク登録しておくと、アイテムに簡単にアクセスできるようになります。 リンクをクリックすると、シートにアクセスするため (まだログインしていない場合) Smartsheet へのログインを求められます。


  3. 画面上部の [共同作業者の招待] ボックスに、アイテムを共有したい人やグループのメール アドレスを入力します。 複数のメール アドレスを入力する場合は、コンマまたはセミコロンで区切ってください。
  4. 権限レベルを選択します。共有権限レベルごとに実行できる機能の詳細については、「共有権限レベル」をご覧ください。
  5. [共有] をクリックします。

[ユーザーに通知] チェックボックスがオンになっている場合は、アイテムがその共同作業者に共有されるとともに、共有通知メールがその共同作業者に送信されます。 [共有] ウィンドウが更新され、その共同作業者が共有先に追加されたことを確認できます。

共同作業者が間違いなく同じビューにて、また同じフィルター適用にてアイテムを閲覧するようにするには、お使いのブラウザーのアドレス バーに表示されている URL を送信します。 (ビューに関する詳細情報はこちら)。

その他の共有オプション

Smartsheet アイテムを直接共有することなく、共同作業を実施したり、データを共有したりしたい場合は、以下のオプションのいずれかを実行します。

  • 公開: Smartsheet アカウントを持たないユーザーに Smartsheet アイテムを共有したい場合は、そのユーザーに公開用リンクを送信します。 公開される Smartsheet アイテムは動的なため、データは常に最新の状態で表示されます。 公開に関する詳細は、「シート、レポート、またはダッシュボードの公開」をご覧ください。
  • 添付ファイルとして送信: データが更新されない Excel や PDF ファイルとしてSmartsheet アイテムを共有したい場合は、「添付ファイルとして送信」機能を使用して添付ファイルとして先方に送ります。 また、特定の行データだけを電子メールで送信することも可能です。これは、大きなシートの中の特定のタスクや一部の行についての情報だけがそのユーザーに必要な場合に便利です。 詳しくは、「シートの情報を電子メールで共有」をご覧ください。
  • フォームを使用: 人々から情報を収集する場合は、フォームを使用します。 フォームを使用することで、人々にシートを直接共有することなく、それぞれのフォームの入力内容に基づいて、その内容を新しい行としてシートに追加することができます。 (詳しくは、「フォームを使用して情報を収集する」をご覧ください)
  • 自動化されたワークフローを使用: シートの変更を自動的に通知するための特定のデータの共有、期日のリマインダーの送信、または更新や承認の自動リクエストの送信をするには、自動化されたワークフローを使用します。 自動化されたワークフローの詳細は、「自動化されたワークフローで時間の節約と作業の高速化を実現」をご覧ください。