シート間での行の自動移動

行の移動」というアクションを使用すると、条件を満たした場合に行を自動的に別のシートに移動することができます。 例:




  1. 調達リクエストがフォーム経由でシートに送信される。
  2. リクエストの詳細情報を追加し、リクエストを IT チームに割り当てる。
  3. IT マネージャーがリクエストを承認する。
  4. 調達リクエストを含む行が自動的に現在使用中の IT プロジェクト シートに移動し、次のアクションを待つ。




この機能を使用できるユーザー





権限要件アイコン 元のシートと移動先のシート両方の所有者およびシート管理者権限を持つユーザー (ライセンス ユーザーでもある) は、行を自動的に移動するアクションを作成できます。 シートの編集が可能なユーザーであれば誰でも (直接の編集だけでなく、レポート経由、または更新/承認リクエスト経由での編集を含む) 、行を自動的に移動するアクションを潜在的にトリガーする可能性があります。

使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ





行を自動的に移動するアクションを作成する





元のシートでの手順:




  1. [自動化] > [ワークフローを作成] の順に選択し、新しいワークフローを作成します (ワークフローの作成についての詳細は、自動化されたワークフローを使った時間の節約と迅速な作業に関する記事をご覧ください)。
  2. [アクションを選択] で [行を移動] を選択します。

    ワークフローのアクションのブロック画像
  3. [行を移動][シートの選択] を選択します。

    
 [シートの選択] ウィンドウが開きます。

    シートの選択の画像
  4. 移動先シートを選択し、[OK] をクリックします。




これでワークフローに行の移動アクションが追加されたので、保存します。 必要に応じて、条件の追加、ワークフロー トリガーの変更、およびワークフローのその他の点についてもさらに変更が可能です。

 

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ