時間ベースの自動化されたワークフローを作成する

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

自動化されたワークフローのトリガー ブロックでは、(シートの「日付」列から) 日付フィールドを指定するか、手動で日付を選択することにより、指定の日付の前、後、または当日にアクションをトリガーできます。

日付ベースの変更トリガー

注:

  • 日付を手動で選択すると、設定した条件を満たすシート内のすべての行に対してワークフローが同時にトリガーされます。 (たとえば、アラートを使用して、指定の日付までに担当者が割り当てられていないすべての行に対してアクションを実行するように通知できます。)
  • ワークフローの日付フィールドを選択すると、シートはその日のワークフローに含める必要のある行を毎日チェックします。 その日の日時に一致する行がない場合、またはワークフローの条件を満たす行がない場合、ワークフローはどの行に対しても実行されません。 日付のない行は、日付フィールド ベースのワークフローに含まれることはありません。
  • ワークフローがトリガーされる時刻を調整することもできます。 既定では、ワークフローの編集を開始してから次の 1 時間の先頭になります。
  • トリガーのタイムゾーンは、常にシート所有者のタイム ゾーンと同じになります。