Android 用の Smartsheet アプリの紹介

Android 用 の Smartsheet アプリをご利用いただくと、デスクトップ版の Smartsheet で利用できる機能の多くがこのアプリでも利用可能なことにお気づきになると思います。こちらでは、モバイル アプリをご利用の場合のヒントやモバイル アプリでご利用いただける Smartsheet の機能をご紹介します。

本記事の内容


コマンドを使ってアプリを使いこなす

プッシュ通知でタスクを掌握

お使いのデバイスにてプッシュ通知を受け取るようにすると、シートの変更を常に把握することができます。通知の閲覧および通知に対するアクションは、通知センターにて行います。詳細は、「通知センター: Smartsheet 内で直接アラートを受信する」をご覧ください。

フィルターと検索ですばやくアイテムを特定

Smartsheet の具体的なアイテム タイプのみを表示するには、画面右上の [フィルター] アイコンをタップします。

フィルターですばやくアイテムを特定

注: この検索画面に表示されるフィルター オプションは、他の画面のものとは異なります。

画面下部にある [検索] をタップし、シート名を入力してシートを特定します。

Android の検索アイコン

ビューを切り替えてデータを可視化する

シートを開き、画面右上の [ビュー スイッチャー] アイコンをタップして、さまざまなデータの表示方法を選択します。

Android ビューの切り替え

注: シートをガント ビューまたはカレンダー ビューで表示するには、デスクトップ版を使用して、こういったビューに対応するようにシートを設定する必要があります。詳細情報は、「ガント チャートを使った作業」および「カレンダーを使った作業」でご覧いただけます。

どのビューにもそれぞれ利点があります。

  • リスト ビュー — プライマリ列の情報を表示。シート内をすばやく移動したいときに便利。
  • グリッド ビュー — シート全体のすべての行と列を表示。
  • ガント ビュー — ガント チャートのバーとしてタスクを整理。
  • カレンダー ビュー — カレンダーのイベントとしてタスクを整理。

[ホーム] 画面にてお気に入りとしてアイテムの名前を変更またはマークする

[ホーム] 画面でアイテムを長押しすると、そのアイテムに対するアクション (お気に入りや名前の変更など) が表示されます。
シートの長押し
メニュー アイコン Android のメニュー アイコン をタップすると、その他のアクションが表示されます。

右上のメニュー アイコン

行、列、またはセル レベルでその他の操作を行う 

行番号をタップすると、行アクション メニューが表示されます。 
Android 行アクション

行アクション メニューには以下のようなオプションがあります。

  • [行の編集] 画面にて行ごとに内容を編集する
  • コメントを残したり、確認したりする
  • ファイル (画像を含む) の添付や確認を行う 
  • 更新リクエストを送信する
  • 行のインデントまたはインデント解除を行う
  • 行を削除する

列ヘッダーをタップすると、列アクション メニューが表示され、以下の操作を行うことができます。

  • 列プロパティ (列の名前およびタイプ) を編集する
  • 列をロックまたはロック解除する
  • 永久的な並べ替えを適用する


シートにて特定のセルを長押しすると、セル アクション メニューが表示されます。 セル アクション メニューにて その他 アイコン​その他アイコン をタップすると、その他のアクションが表示されます。

Android セル アクション

 

セル アクション メニューでは、以下のことができます。

  • [行の編集] 画面にて行ごとに内容を編集する
  • セル データをコピー/貼り付けする
  • 行を削除する

タップ アンド ドラッグで行を移動

グリッド ビューで表示中に、シートの左にある行番号をタップ アンド ドラッグすると行を移動することができます。

Android の行の移動

行番号をタップしてコメントを残したり、ファイルや画像を添付

グリッド ビューでは、行番号をタップすることで、コメントを残したり、ファイルや画像を添付したりすることができます。

Android 行アクション

 


バーコードをスキャンして在庫を追跡・調査する

モバイル アプリとモバイル デバイスのカメラを使ってバーコードをスキャンすると、シートに情報を追加したり情報を検索したりできます。[行の編集] 画面でセルの編集中 (該当する行の任意のセルをタップします) にバーコード アイコン バーコード アイコン をタップするか、検索バーから行います。

Android 用の Smartsheet アプリは、次のタイプのバーコードに対応しています。

1 次元バーコード2 次元バーコード
EAN-8QR コード
EAN-13データ マトリックス
UPC-EPDF-417
CODE-39AZTEC
CODE-93 
CODE-128 
ITF 
NW7 (Codabar) 

モバイル アプリにてフォームを開く

フォームを Smartsheet モバイル アプリにて開くと、文字列/数値フォーム フィールドにて、モバイルに適したレイアウト、使い勝手のよいデザイン、バーコード スキャンといったメリットを享受できます。

またフォーム リンクをタップすると、そのフォームをモバイル アプリで開くように求められます。 

シートが共有されている場合

注: シートでフォームが作成されていない場合は、[フォーム] オプションは表示されません。その場合は、まずデスクトップ版の Smartsheet でフォームを作成する必要があります。フォームの作成についての詳細は、「フォームを使用して情報を収集する」をご覧ください。

  1. シートを開き、画面右上のメニュー アイコン Android のメニュー アイコン をタップします。
  2. [フォーム] を選択し、閲覧するフォームをタップします。

    フォーム Android のシート メニュー

アプリ上にフォームが表示されます。

フォームへのリンクを受け取った場合

モバイル デバイスで受け取った Smartsheet フォーム リンク (例: 電子メールのメッセージに含まれているリンク) をタップすると、Android 用の Smartsheet アプリでフォームを開くオプションが表示されます。

フォームへのリンクを受け取った場合

モバイル アプリから Smartsheet フォームを開くと、後で [ホーム] タブや [最近] タブからフォームにアクセスできます。

Android デバイスで Smartsheet フォームを使用する際のヒントやベスト プラクティスは、以下のとおりです。

  • アプリからログアウトする回数を最小限に抑えます。モバイル アプリからログアウトすると、アプリの [ホーム] 画面からフォームのリストが消去されます。

  • Smartsheet フォームをデバイスのホーム画面に固定しないようにします。固定すると、モバイル アプリからフォームを開けなくなります。

文字列/数値フィールドにてバーコードをスキャンする

  1. モバイル アプリで Smartsheet フォームを開きます。 
  2. フォームにて文字列/数値フィールドをタップします。キーボードが表示されます。
  3. キーボードの上のバーコード アイコンをタップします。

    カメラが起動します (カメラが必要な機能を使用したことがない場合、Smartsheet アプリがカメラにアクセスすることを許可するよう求められることがあります)。
     
  4. カメラの焦点をバーコードに合わせてスキャンすると、バーコードの情報が文字列/数値フィールドに直接取り込まれます。

フォームのその他の項目をすべて入力し、一番下の [送信] ボタンをタップすれば、すべて完了です。

注:  

  • バーコードの情報をフォームのフィールドに取り込めるのは、Smartsheet モバイル アプリでフォームを開いているときのみです。 
  • バーコード情報をスキャンして取り込めるのは、文字列/数値フィールドのみです。

永久的な並べ替えによりシートを再編成する

モバイル アプリから直接、列のデータに基づいてシートを並べ替えることができます。

重要: シートを並べ替えるとシートの構造が永久に変更されます。一度変更が行われると、操作を取り消す方法はありません。

1 つの列からすばやく並べ替え

注: シートの所有者または管理者レベルの共有権限を持つユーザーのみが、並べ替えをすることができます。

  1. 列名をタップして列ツールバーを開き、並べ替えオプションを選択します (昇順または降順)。
     
  2. 並べ替えは永久的なアクションである (元に戻すことができない) ことを説明するメッセージが表示されます。[確認] をタップして並べ替えを適用します。

複数の列に基づいた並べ替え

注: シートの所有者または管理者レベルの共有権限を持つユーザーのみが、並べ替えをすることができます。

  1. 画面右上のメニュー アイコンを選択し、[並べ替え] を選択します。
    並べ替えのメニュー アイコン
  2. 既定では、シートのプライマリ列が昇順並べ替えの対象列として追加されます。
  3. 追加ボタン 並べ替えと追加のボタン を選択して、並べ替える列をさらに追加します。

    並べ替えオプション (昇順または降順) と列名のリストがシートに表示されます。
     
  4. 列名をタップし、昇順または降順を選択して並べ替えの条件を追加します。

ヒント: 並べ替えメニューで並べ替えの条件を長押しすると、列の並べ替え方を変更できます。


Smartsheet アイテムを共有して共同作業を促進する

シート、レポート、またはダッシュボードを開きます。

  1. 画面右上のメニュー アイコン Android のメニュー アイコン をタップし、[共有] を選択します。
  2. 画面右上の [+] ボタンを選択します。 
  3. [共有先] フィールドにアクセス権を与えるユーザーのメール アドレスを入力し、共有権限レベルを選択します。

    Smartsheet のさまざまな共有権限の詳細については、「共有権限レベル」をご覧ください。

注: 共有する際に、ワークスペースにシート、レポート、またはダッシュボードが存在する場合は、シートのみを共有するのか、それともワークスペースの Smartsheet アイテムをすべて共有するのかを選択するように指示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ