iOS 用の Smartsheet: モバイル アプリからの作業の表示と更新

Smartsheet for iOS を使用すると、仕事を外出先に持っていき、現場のリソースから情報を収集し、重要なメトリックの可視性を維持できるため、外出先でよりスマートな意思決定を行うことができます。

iOS 用の Smartsheet アプリのご利用には、iOS 13 以降のバージョンが必要です。
Apple App Store

iOS アプリをインストールして起動すると、既存の Smartsheet アカウントへのログイン、または 30 日間の無料お試しを開始できます。 

iOS 用の Smartsheet: ホーム画面から移動する

ホーム画面は、すべての Smartsheet コンテンツにアクセスするためのランディング ページです。 アクセスする必要のある Smartsheet アイテムを見つけるには、検索バー、ホーム、または参照画面を使用できます。 通知画面からアラートやリクエストを表示して実行することもできます。

検索

ホーム画面または参照画面には常に検索バーが表示されるため、必要な Smartsheet アイテムを簡単に見つけることができます。

検索

検索バーをタップすると、検索語句を入力したり、検索から最近開いたアイテムを表示したり、検索結果をフィルターしたりできます。

検索結果

 

ホーム

モバイル アプリにログインすると、ホーム画面の [最近] タブが表示され、最後に開いたアイテムを確認できます。 アイテムをタップして開くか、メニューをタップして、アイテムに関するその他のオプションと情報を表示します。

[お気に入り] タブに切り替えて、お気に入りとしてマークした Smartsheet アイテムを表示することもできます。 お気に入りリストの上部にある [フィルター条件] メニューを使用すると、関連するアイテムをすばやく見つけることができます。

[最近][お気に入り] は、デスクトップ アプリに表示されるものと同じ、最近のアイテムとお気に入りに同期されます。 

参照

[参照] をタップすると、自分が所有または共有しているワークスペースとアイテムを見つけることができます。

参照

[ワークスペース] メニューで、任意のワークスペースをタップして開くことができます。または、メニュー アイコンをタップしてお気に入りとしてマークしたり、編集者 (共有可) 以上の権限がある場合は共有したりできます。

[シート] メニューには、ワークスペースにないけれども、アクセス権限のある Smartsheet アイテムとフォルダーが表示されます。 これは、デスクトップ アプリの[シート] フォルダーに対応します。

通知

[通知] 画面で、関連するアラートやリクエストの最新情報を入手してください。 [リクエスト] タブに切り替えて、承認リクエスト更新リクエストを表示したり、通知をすべてクリアしたりできます。 [通知] 画面の詳細については、「Smartsheet モバイル アプリ: 通知やリクエストで仕事の進捗を把握する」を参照してください。

通知

iOS 用の Smartsheet: シートやレポートで作業する

Smartsheet for iOS アプリを使用すると、コンピューターから離れていても、アクセス可能なシートとレポートのデータを表示および変更できます。

モバイル アプリでは、構成済みのシートとレポートを使用するのが最適です。 レポートの設定やシートの自動化と数式の作成など、管理上の変更を行う必要がある場合は、デスクトップ アプリを使用してください。

シート メニューでのアクション

シートの右上にあるメニュー アイコンをタップすると、いくつかのオプションが表示されます。

このオプションをタップ

使用目的

お気に入り

シートをお気に入りリストに追加する

並べ替え

指定した条件に従って、すべての共同作業者のシートの行を並べ替えます。 シートが現在ソートされていない場合、または行が手動で整理されている場合は、このアクションを取り消すことができないことに注意してください。

全添付物

シート上のすべての全添付物を確認します。 新しい添付ファイルをアップロードしたり、既存の添付ファイルを表示してデバイスにダウンロードしたりすることもできます。

すべての会話

シート レベルでのコメントや特定の行の会話を含む、シート内のすべての会話とコメントを表示します。

すべての校正

校正機能が有効になっている場合は、シート上のすべての校正を確認してください。  共有権限に応じて、既存の校正を表示し、フィードバック待ちの校正を承認または却下できます。

シェア

シートを共有されているすべての共同作業者を表示します。 編集者 (共有可) 以上の権限がある場合は、オプションでシートを追加の共同作業者と共有できます。

送信

シートへのリンクを電子メールで他のユーザーに送信します。

列の編集

シートの管理者または所有者の権限を持つライセンス ユーザーは、列の追加、編集、または削除ができます。

行の追加

シートの編集者以上の権限を持っている場合は、シートの下部に新しい行を追加できます

ヘルプ

ヘルプ記事、ヘルプ ビデオ、またはコミュニティ フォーラムにすばやく移動できます。

ビューを切り替えて、作業の見え方を変更する

シートまたはレポートには、モバイル アプリでの作業中にニーズに合わせて使用できるビューがいくつかあります。 ビューを切り替えるには、シートの右上にある [ビュー] メニューをタップします。

モバイル ビュー

ビューの名前

説明

モバイル ビュー

指定したフィールドの情報を表示して、主要な情報にすばやくアクセスして編集できるようにします。

グリッド ビュー

シート全体のすべての行と列を表示。

カード ビュー

レーンに整理されたカードのデータが表示されます。

リスト ビュー

プライマリ列の情報を表示。シート内をすばやく移動したいときに便利。

ガント ビュー

ガント チャートのバーとしてタスクを整理。 このビューは、シートに少なくとも 2 つの日付列がある場合にのみ使用できます。

カレンダー ビュー

イベントとして日付の影響を受けるタスクが週または月のカレンダーに表示されます。 このビューは、シートに少なくとも 1 つの日付列がある場合にのみ使用できます。

モバイル ビュー: 情報の見え方を最適化する

モバイル ビューでは、プライマリ列に加えて最大 9 つのキー フィールドを指定して、重要な情報をすばやく表示および編集できるようにすることができます。 また、特定の行の会話、添付ファイル、および校正に簡単に移動できます。

[表示するフィールド] を選択して、表示するフィールドと、それらのフィールドが展開済みのビューに表示される順序を選択します。 何らかのフィールドをタップして編集します。 

表示するフィールド

コンパクト表示に切り替えると、プライマリ列のみが表示され、すべてのタスクを簡単にスクロールできるようになります。 メニュー から [エントリの編集] を選択して、行のすべてのフィールドを表示および編集することができます。

コンパクト表示

モバイル ビューでは、子行は戻る記号 で示され、親行はエントリの上部にある小さな灰色のテキストで参照されます。

直接の親のみが子エントリの上部に表示されます。 完全な祖先を表示する場合は、グリッド ビューに切り替えるか、各親の名前をタップして、祖先の個々のカードを開いてください。 

子行

グリッドおよびガント ビュー: 行、列、またはセル レベルでさらにアクションを実行する

特定の要素 (例: 行番号、列ヘッダー、セルなど) をタップすると、アクションに合ったツールバーが表示されます。

行番号をタップして、ツールバーにアクセスします。

グリッドとガント

このツールバーには以下のオプションが表示されますが、これ以外のものも表示されることがあります。

  • [行の編集] 画面を使用してコンテンツを行ごとに編集
  • 終了してコメントを表示
  • 更新リクエストの送信
  • 行のインデント/インデント解除
  • 行のロック/ロック解除
  • 行の削除

列ヘッダーをタップして、ツールバーにアクセスします。

ツールバー

このツールバーには以下のオプションが表示されますが、これ以外のものも表示されることがあります。

  • 列プロパティの編集 (列の名前、タイプ、説明)
  • 列の非表示
    注: 列を再表示するには、非表示の列のインジケータ― (2 つの列の間の黒い線) をタップして、[再表示] をタップします。
  • 列のロック/ロック解除
  • 永久的な並べ替えの適用

また、セルが選択されているときはいつでも、セル ツールバーにアクセスできます。

ツールバーのスワイプ

ツールバーが折りたたまれている場合は、上方向にスワイプすると展開できます。

このツールバーには以下のオプションが表示されますが、これ以外のものも表示されることがあります。

  • [行の編集] 画面を使用してコンテンツを行ごとに編集
  • セル データのコピー/貼り付け
  • セルの履歴を表示
  • セルへの画像、バーコード、位置情報、ハイパーリンクの挿入

セルをダブルタップしてコンテンツを編集します。

セルに複数の行がある場合は、[行の編集] 画面を使用するか、別のセルをタップして対象セルを選択しなおします。

タップ アンド ドラッグで行を移動

グリッド ビューを表示中に、シートの左にある行番号をタップ アンド ドラッグすると行を移動することができます。

行を移動

写真を撮るか、シートまたは行にファイルを添付する

写真を撮るか、既存のファイルをシート自体や特定の行に添付することも、フォーム送信により添付することもできます。 シート レベルでファイルを添付するには、以下の手順に従います。

  1. シートを開きます。
  2. 右上のシート メニュー アイコンメニュー アイコンを選択します。
  3. シート メニューから [全添付物] を選択して、シートの添付ファイルをすべて表示します。

    全添付物
  4. クリップ アイコンをタップし、[ファイルの添付] または [Photos アプリから選択] を選択してファイル ピッカーを開き、添付するファイルを選択します。

グリッド ビューで行にファイルを添付するには、以下の手順に従います。

  1. 目的の行番号を選択します。
  2. [行添付物] を選択します。
  3. クリップ アイコンをタップし、 [ファイルの添付] または [Photos アプリから選択] を選択してファイル ピッカーを開き、添付するファイルを選択します。

フォームに [ファイルのアップロード] フィールドが含まれている場合は、[アップロード] ボタンをタップして、フォームの送信にファイルを添付することもできます。 

フォームの添付ファイル

カード、カレンダー、およびリスト ビューでも、カード、イベント、またはリスト アイテムを選択してクリップ アイコンを表示することで、ファイルを添付できます。

画像をアップロードする場合や写真を撮る場合は、ファイルのアップロード プロセス中にこれらの画像を編集してマークアップすることもできます。

画像の編集

詳細については、「iOS 用の Smartsheet: フィールドからの情報のキャプチャ」をご覧ください。

校正リクエストを確認して対応する

シートで校正が有効になっている場合は、シート内で校正を直接表示したり、コメント、注釈を付けたりすることができます。 通知センターからの校正リクエストに返信することもできます。

新しい校正の作成、既存の校正の管理、または校正リクエストの送信が必要な場合は、デスクトップ アプリを使用してください。 詳細については、「校正機能を使ってコンテンツの共同作業を行う」を参照してください。

会話を使用して作業アイテムで共同作業をする

行、タスク、またはカードを表示しているときに、[会話] アイコンをタップすると、選択したタスクの会話が表示されます。 @メンションを使用して共同作業者をタグ付けし、コメントについて通知することもできます。 詳細については、「コメントを使用して焦点を絞った会話をする」をご覧ください。

Smartsheet モバイル アプリ: ダッシュボード

Smartsheet モバイル アプリを使用すると、設定済みのダッシュボードを確認して、重要なメトリックや情報を外出先で確認できます。 右下のレイアウト アイコンをタップして、モバイル レイアウトデスクトップ レイアウトを切り替えます。
ダッシュボードのコンテンツとレイアウトを変更する必要がある場合は、デスクトップ アプリケーションを使用してください。 開始するには、「Smartsheet のダッシュボードまたはポータルの作成と編集」をご覧ください。