Smartsheet 用チャット統合オプション

所属先が Google ハングアウトまたは Skype for Business をご利用の場合は、Smartsheet から直接それらのサービスを利用できます。

Smartsheet のシステム管理者である場合は、この記事の手順に従ってサポートされているチャット サービスを有効にしてください。すると、所属先の Smartsheet ユーザー全員がリアルタイムに共同作業者と連絡を取って、協力しながら働くことができます。

この Skype for Business との統合は、ビジネス プランおよび一部のエンタープライズ プランに含まれています。プランと価格に関する詳細については、「プランと価格」のページをご覧ください。

はじめる前に

統合サービスの設定前に次の点にご留意ください。 

  • アカウントの統合サービスを設定するには、Smartsheet のシステム管理者である必要があります。システム管理者のユーザー タイプについて詳しくは、ヘルプ センターの「ユーザー タイプ」をご覧ください。
  • 現在は、アカウントにつき一度にひとつのチャット サービスのみ統合できます。しかし、Smartsheet で使用するチャット サービスはいつでも変更可能です。
  • Skype for Business を使用して正常に認証を行うためには、所属先の Office 365 グローバル管理者である必要があります。
  • Skype for Business (Lyncとも呼ばれる) 統合は、ビジネス プランおよび一部のエンタープライズ プランでご利用いただけます。プランと価格に関する詳細については、「プランと価格」のページをご覧ください。
  • Smartsheet が互換性を持つのは Skype for Business Online のみです。統合機能は、オンプレミス版の Skype for Business との互換性を持ちません。

チャット プロバイダーの設定

チャット統合オプションを設定するには

  1. システム管理者の資格情報で Smartsheet アカウントにサインインします。
  2. Smartsheet 画面左上の [アカウント] > [アカウント管理者] を選択します。

    [アカウント管理] ウィンドウが表示されます。
     
  3. 左のパネルから [アカウント設定] を選択します。
  4. [チャット プロバイダー] セクションで [編集] を選択し、チャット プロバイダー ウィンドウを開きます。

    チャット プロバイダー ウィンドウ
     
  5. Skype for Business または Google ハングアウトを選択して [保存] をクリックします。

    注: チャット プロバイダーとして Skype for Business を使用している場合は、Office 365 から承認の付与をする必要があります。詳細は下のセクションをご覧ください。

Skype for Business の承認の付与

Skype for Business をチャット プロバイダーとして使用する場合、Office 365 から認証する必要があります。

Skype for Business を使用して正常に認証を行うためには、所属先の Office 365 グローバル管理者である必要があります。詳細については、Microsoft サポートの「Office 365 の管理者ロールについて」をご覧ください。

上記の手順にあるように、チャット プロバイダーとして Skype for Business を選択して [保存] をクリックする際、Office 365 の承認を付与する必要があります。

  1. [承認の付与] をクリックします。

    すると、Office 365 ログイン ページが開きます。
     
  2. Office 365 グローバル管理者アカウントにサインインしてから Smartsheet ウィンドウに戻り、[保存] をクリックします。

これで完了です。所属先の Smartsheet アカウント内のユーザー全員が、Smartsheet から直接 Skype for Business を使ってチャットすることが可能になりました。


次の手順

チャット統合の設定が完了すると、所属先の Smartsheet ユーザーは Smartsheet から直接 Google ハングアウトや Skype for Business を使用できます。

所属先のメンバーがこれらのサービスを使用する方法に関する詳細は、ヘルプ センターの次の記事をご覧ください。