Smartsheet と他のプログラム間でワークフローを作成する場合のベスト プラクティス

Smartsheet と Jira などの他の作業管理サービスを接続すると、2 つのシステム間でワークフローを作成できます。 この機能を最大限活用するためのガイドラインを以下に示します。

複数のワークフローに同期されたシート

シートを複数のワークフローで使用することは可能ですが、ワークフローでのマッピングは一貫して行う必要があります。 つまり、列はターゲット サービスのフィールドに一貫してマッピングされる必要があります。 列をフィールドにマッピングしようとした際に、他のユーザーが既にその列を別のフィールドにマッピングしている場合、エラーが表示されます。

エラーを回避するには、他のワークフローを作成したユーザーと調整し、列をどのフィールドにマッピングするかについて合意しておく必要があります。